群雄割拠

歴史・スポーツ・将棋・旅行・音楽の記事を中心にまとめています

    「一番最新の記事」に将棋・音楽・旅行・グルメ・サッカー・クイズ等へのリンクがあります。そちらから飛ぶのが早いです。他の記事は子カテゴリーからご覧ください。

    古代オリエント

    1: 名無し 2018/09/27(木) 00:39:07.35
    プラトン「あ、あぁ~っ!」ロンパノオト
    ソクラテス「はい、今日のお話は終わり、お疲れ様でした」
    プラトン「うぅ......あ、ありがとうございました......」 

    昨今、ギリシア政治においてはソフィスト達が力を持っていたのだが、『 このままではギリシアが堕落してしまうのではないか』という懸念の声があり、結果ソクラテスちゃんがギリシアの偉い人たちを論破することになったのだ。

    しかし、ソクラテスちゃんは自分の保身とかはなんだかどうでもいいみたいで、いつもいつもくだらない屁理屈で論破を繰り返して、弟子達の頭イタイイタイなのだった。

    【プラトン「そ、ソクラテスちゃん!そんな激しく論破しないで!」 ソクラテス「うるさいですね...」ガミガミ】の続きを読む

    1: 名無し 2012/11/27(火) 16:46:05.51
    ソクラテス
    「(民主制において、大衆は)支配者に従順な者たちを、自分から奴隷になるようなつまらぬやつらだと辱しめるだろう。個人的にも公共的にも賞賛され尊敬されるのは、支配される人々に似たような支配者たち、支配者に似たような被支配者たちだということになる。このような国家においては、必然的に、自由の風潮はすみずみにまで行きわたって、その極限に至らざるをえないのではないかね?」

    ソクラテス
    「たとえば父親は子供に似た人間となるように、また息子たちを恐れるように習慣づけられ、他方、息子は父親に似た人間となり、両親の前に恥じる気持ちも恐れる気持ちもなくなる。自由であるためにね。そして居留民は市民と、市民は居留民と、平等化されて同じような人間となり、外人もまた同様だということになる。」

    プラトン著 国家 562A

    【プラトン「民主主義は最悪の政治形態」】の続きを読む

    1: 名無し 2012/10/07(日) 04:12:02.46 ID:c07gqBaI0
    ・ヘレニズム文化
    国境の垣根を越えて文化や宗教がごちゃごちゃ
    ポリス(民主主義の原型でありながら、矛盾して奴隷制を採用)
    暇な市民が哲学的
    アレキサンドリア図書館が作られる

    じゃあヘレニズム文化で起こった事と似たような事起こるんじゃね?

    【ヘレニズム文化と現代って似てね?】の続きを読む

    1: 名無し 2020/05/30(土) 12:40:06.25
    友達の家に行きチャイムを鳴らすが友達が出てこない

    居留守に違いないと思い、ノコギリでドアを切り始める

    この事件が中学の担任の耳に届き、浜田は説教を受ける

    浜田、反省文を書くよう命じられるも無視

    浜田の将来を心配した親は泣く泣くスパルタ高校に入れることに

    【浜田雅功がスパルタの高校に入ることになった経緯】の続きを読む

    1: 名無し 2018/11/15(木) 23:35:03.58 _USER9
    ギリシャの考古学者のチームがこのほど、同国南部に存在したとされる古代都市の遺跡を初めて発掘した。この都市は、トロイア戦争の捕虜だった人たちが紀元前13~12世紀に建設したとみられている。

    発掘は南部のペロポネソス半島に位置する村の近くで行われた。出土した広範な種類の遺物から、テネアと呼ばれる古代都市がこの地で栄えていたことがうかがえるという。

    これまで、テネアの正確な位置は史料などを通じて伝わっているだけだった。しかし今回、宝石や硬貨、家屋の跡などが見つかったことにより、都市が実際に存在した地点を割り出せたとギリシャ文化省は説明する。

    発掘を主導した考古学者のエレナ・コルカ氏は、CNNに対し「都市だったことを意味する舗装道路や建築物の痕跡が見つかったのは重要だ」「発掘された遺物はこの地の歴史のほんの一部にすぎない。今後の研究で年代を検証できるだろう」と語った。

    チームは発掘した建物跡の内部から、大理石の床や精巧に作られた壁の残骸を確認。また壁で囲んだ場所に複数の子どもが埋葬された痕跡も発見した。

    テネアはギリシャの都市コリントスから南東へ約14キロ、ミケーネから北東へ約19キロの地点にあり、トロイア戦争の後まもなく建設された。テネアに最初に居住したのはトロイア戦争の捕虜たちで、ミケーネの王アガメムノンから自分たちの都市を建設することを許されたという。

    発掘では古代ギリシャ時代からローマ時代後期までの希少な硬貨200枚が見つかった。前出のコルカ氏によると、テネアが非常に裕福な都市だったことを裏付けるものだという。

    発掘された遺跡から見つかった古代ギリシャ、ローマ時代の遺物
    no title

    【【ギリシャ】トロイア戦争後に建設の古代都市、遺跡を発見】の続きを読む

    1: 名無し 2019/03/07(木) 06:41:17.76
    九大入試 世界史で出題ミス

    九州大学は、ことしの入学試験のうち世界史の問題に出題ミスがあったと発表しました。合否の判定に影響はないとしています。

    出題ミスがあったのは、九州大学が2月26日に実施した一般入試前期日程のうち、文学部で出題された世界史の問題です。問題は、マケドニアのアレクサンドロス大王の死後、ギリシア文化の影響を受けた都市が各地で作られた中、経済・文化の中心として栄えたエジプトの都市を尋ねています。

    この問題文の中で、アレクサンドロス大王が東方遠征に出発した時期について「紀元前334年」が正しいにも関わらず、誤って「紀元前344年」と記載されていることに採点中の教員が気付いたということです。

    ただ、九州大学は一部に誤りはあったものの、設問の趣旨や採点に問題はなく、「アレクサンドリア」と解答した学生のみを正解とし、合否の判定に影響はないとしています。 

    九州大学は
    「大変ご迷惑をかけて深くお詫び申し上げます。今後はチェック体制を強化し再発防止に努めます」
    とコメントしています。

    【【九州大学】紀元前344年に東方遠征始めたアレクサンドロス大王の‥ギリシア文化の影響‥エジプトの都市は?】の続きを読む

    このページのトップヘ