群雄割拠

歴史・スポーツ・将棋・旅行・音楽の記事を中心にまとめています

    「おすすめ記事」に将棋・音楽・旅行・グルメ・サッカー史・クイズ等へのリンクがあります。そちらから飛ぶのが早いです。他の記事はカテゴリーからご覧ください。

    世界史総合

    114: 名無し 2015/05/19(火) 22:20:37.38 0
    東洋史をやっている人には今更ですが。 

    孔子の昔馴染みが、地べたに尻をつき、
    膝を立てて(無作法な態度で)孔子を迎えた。 
    それを見た孔子、 
    『こいつと来たら若い頃から礼儀知らず、
     成長しても何の取り柄もなく、その癖長生きだけはしている。 
     こういう奴を賊と呼ぶのだ。』 
    と言い、杖でそいつの脛をぴしりと叩いた。 

    現代人でも耳の痛い人がいそうな話。
    【世界史ちょっと悪い話 その2】の続きを読む

    2: 名無し 2015/04/11(土) 20:55:08.56 0
    ロシアのジョークをひとつ。 

    ソ連時代、
    ある男が「スターリンは馬鹿者だ!」と叫んで捕まった。 
    彼は裁判で懲役25年を言い渡された。 

    その罪状は侮辱罪かと思えば、侮辱罪は5年分で
    残りの20年分の罪状は国家機密漏洩罪だった。
    【世界史ちょっと悪い話 その1】の続きを読む

    782: 名無し 2015/09/23(水) 01:32:08.46 0
    ヴィクトリア女王が夫のアルバート公の部屋に入ろうとした時、
    最初ドアをノックして「女王よ」と言ったがアルバート公は無視した。 
    そこでもう一度ノックして「あなたの妻です」と語りかけると
    アルバート公はドアを開けて妻を中に入れた。 
    偉大な女王も家庭に入れば一妻になるという心温まるエピソード。
    【世界史ちょっといい話 その8】の続きを読む

    246: 名無し 2012/12/17(月) 19:19:36.76 0
    春秋時代の覇者 楚の荘王の話 
    ある日臣下を招いて宴会を開いていた。
    皆が楽しく酔っ払ってきたころ宴会場に風が吹きこみ、
    蝋燭の灯りが消えてしまい場は真っ暗になった 
    するとその暗闇の中で王の寵愛する女性の服を引っ張り、
    セクハラしたものがいた。 
    【世界史ちょっといい話 その3】の続きを読む

    117: 名無し 2013/11/28(木) 22:40:11.34 0
    「専門家による経済や政治の予測が当たる確立は、素人の予測が当たる確立よりも低い。 
     その上、的中率が最も低いのは、最も有名で自信満々な専門家だった。」 

                         ─── フィリップ・テトロック 


    【世界史の名言、名シーン、名台詞をあげていく! その2】の続きを読む

    このページのトップヘ