群雄割拠

歴史・スポーツ・将棋・旅行・音楽の記事を中心にまとめています

    「一番最新の記事」に将棋・音楽・旅行・グルメ・サッカー・クイズ等へのリンクがあります。そちらから飛ぶのが早いです。他の記事はカテゴリーからご覧ください。

    FE風化雪月 ウイポ

    1: 名無し 2020/06/07(日) 15:45:26.70
    第70回安田記念は、池添謙一騎手騎乗のグランアレグリア(牝4歳)が勝利。史上最多の芝GI8勝目を狙った現役最強馬アーモンドアイや、昨年の覇者インディチャンプらを撃破。東京競馬場で開催される5週連続GIのラストを飾る春のマイル王決定戦を制した。

     前走の高松宮記念で初めての1200メートル戦に挑んだグランアレグリア。速いペースに戸惑いながらも、メンバー中で上がり3ハロン最速タイの33秒1というすさまじい末脚を披露し、繰り上がりで2着。その後、発熱のためヴィクトリアマイルを見送ることになったが、ここを目標に万全の態勢で臨み、見事戴冠を果たし新マイル女王に輝いた。

     グレード制が導入された1984年以降の安田記念で牝馬Vは、ダイイチルビー(1991年)、ノースフライト(1994年)、ウオッカ(2008・09年)に次ぐ4頭目。

     安田記念を勝ったグランアレグリアは、父ディープインパクト、母タピッツフライ、母の父Tapitという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は8戦5勝。重賞は18年サウジアラビアRC(GIII)、昨年の桜花賞(GI)、阪神C(GII)に次いで4勝目。安田記念は、藤沢和雄調教師は97年タイキブリザード、98年タイキシャトルに次いで3勝目、池添謙一騎手は初勝利。

    【【安田記念】新マイル女王グランアレグリア誕生! アーモンドアイGI8勝ならず 前編】の続きを読む

    このページのトップヘ