群雄割拠

歴史・スポーツ・将棋の記事を中心にまとめています

    村山聖

    成績
      356勝 201敗 勝率 .639(不戦勝1、不戦敗12)
     ※355勝 189敗 勝率 .653(不戦勝、不戦敗を除く)

    ・成績
    村山聖 全成績

    ・棋譜

     「棋譜 検索」

    ・師匠森先生のブログ
     「森信雄 ブログ」
    (村山聖カテゴリーの記事に村山さんの写真)

    【【村山聖さん 成績 追悼文 まとめ】】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 00:18:34.73 ID:CAP_USER9.net
     早逝した棋士・村山聖九段の壮絶な一生を松山ケンイチ主演で描いた映画『聖の青春』公開記念イベント「羽生王座が語る 棋士の境地」が19日に都内で行われ、村山九段が生涯のライバルとして目標に掲げた羽生善治王座と大崎善生(原作者)が出席し、思い出話に花を咲かせた。

     現在3冠を保持する羽生王座は、1996年に将棋界にある7冠全てを獲得するという史上初の偉業を成し遂げた天才。一方、そんな羽生と互角に戦い、「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、難病によって29歳で亡くなった村山九段。

    聖の青春
    羽生王座と、『聖の青春』原作者・大崎善生
     羽生は、「最初に会った時のインパクトがすごかった」と切り出すと、近くで対局を見ていて、「プロになりたてで将棋の内容が粗削りだし、対局している姿もつらそうなので、二重の意味で大丈夫かなと思った」と回顧。しかし、「指す将棋がとんでもなく冴えた切れ味」だったそうで、「その二面性が棋士の中でも異質のタイプと思いました」と振り返った。

     その後交流を持った羽生は、関西遠征時には村山さん行きつけの食堂に連れて行ってもらったりしたとか。「村山さんは対局の時は険しい感じだけど、日常は気さくな人」と明かすと、「村山さんは高倉健さん(主演)の(映画)『網走番外地』が好きで、網走に行くとなぜか村山さんを思い出す」と笑みをこぼす場面もあった。

     また、村山さんが大阪から東京に拠点を移したことに話が及ぶと、「関西にいた時も楽しそうだったけど、東京でも違う空気で生活をエンジョイしていたのかな」と思いを馳せる羽生。すると大崎は「彼が東京に行った理由は、『羽生さんと一緒の空気を吸いたい』から」と告白。知られざる事実に、羽生は「本当ですか?」と目を丸くしていた。

     さらに、村山さんが棋士生活で最後に負けた対局について、羽生は「9割方(自分が)負けていたが、最後に信じられないポカが出て、村山さんとしてはかなり残念な一局だった」としみじみ。自分が負かされたある一局については、「(村山さんの)手の動きが印象的で今でも覚えている。村山さんらしい大胆で力強いところが表れていた」とも語った。

     村山さんが人生最後に会った棋士も羽生。村山さんが病が重くなり故郷・広島に戻った時にイベント登壇で来県した羽生に会いたいがため、父親にせがんで連れて行ってもらったとか。羽生は、「最後になるとは夢にも思わなかった」と言いつつ、「ひょっこり現れて気づいたら去っている」イメージを持っていると急逝した村山さんに思いを巡らせた。 
    【【将棋】羽生王座、早逝した村山九段を偲ぶ「ひょっこり現れて気づいたら去っている」】の続きを読む

    1: 名無し名人 2018/08/07(火) 14:14:18.32
    1998(平成10)年8月8日、村山聖は29歳の若さでこの世を去った。

    20年前の将棋界を思い出してみませんか。

    1998年度のタイトル保持者の動き
    竜王 谷川浩司→藤井 猛
    名人 谷川浩司→佐藤康光
    王位 羽生善治→羽生善治
    王座 羽生善治→羽生善治
    棋王 羽生善治→羽生善治
    王将 羽生善治→羽生善治
    棋聖 屋敷伸之→郷田真隆

    【村山聖が亡くなってから20年】の続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 18:29:26.84
    故・村山聖(むらやまさとし)九段の生涯を描いた
    ノンフィクション小説「聖の青春」(大崎善生作)
    が映画化されることが分かりました。キャストや公開日など詳細は不明です。

    KADOKAWA代表取締役専務の井上伸一郎さんが、
    自身のTwitterアカウントで明らかにしたもので、
    「生きることの意味を正面から問いかける素晴らしい本でした。
     聖の少年時代や、亡くなる直前の描写など、号泣しながら読み通しました。
     大崎さん、まさに熱筆と言っていい作品です」
    と映画化への期待を語っています。

    村山九段は幼い頃から腎ネフローゼを患い、それに苦しみながら名人を目指して将棋を指し続けました。のちに膀胱がんが見つかり手術。

    NHK杯決勝で羽生善治四冠に敗れ、その5カ月後の1998年8月8日に死去しました。
    29歳でした。

    「聖の青春」は2001年にドラマ化され放送されています。
    村山役は藤原竜也さんが演じています。
    6月20日には角川文庫化され発売されています。 
    【【将棋/映画】故・村山聖九段の生涯を描いた「聖の青春」映画化決定】の続きを読む

    1: 名無し名人 2014/08/05(火) 14:16:06.31 ID:1nfxBa+d
    29年という限られた時間を必死で生きた村山聖。「東の羽生、西の村山」と言われ、将棋界で伝説的な存在だった村山の鬼気迫る生きざまを紹介! 
    【【TBS】林先生の生きざま大事典☆天才棋士・村山聖】の続きを読む

    10 :名無しさん:2000/02/17(木) 15:27
    子供の頃、家にあった週刊誌に子供の棋士の写真があって 
    山のようなコミック本の中に
    こちらを睨みつけるような雰囲気で座っている少年の姿があった。 
    あとで考えると、あれは村山さんの写真だったような気がするんだけど 
    ずっと謎のままです。どなたかご記憶にありませんか?



    【故村山八段について】の続きを読む

    1: 名無し名人 2013/02/10(日) 02:06:53.77 ID:GAnByGuW
    終盤は村山に聞け
    【【聖の青春】怪童丸・村山聖スレ【羽生世代】】の続きを読む

    1: 名無し名人 2009/06/16(火) 17:15:58 ID:aZXybw8/
    どうなってたかな
    【もし村山聖が健康体だったとしたら】の続きを読む

    583みゆき 2008/06/15(日) 01:09:49 ID:/V/sS0dP
    村山さん、今日お誕生日よ。
    【【怪童丸】村山聖伝説 その3】の続きを読む

    19224@三段 2007/10/23(火) 00:40:02 ID:hFM4Y0hj
    羽生佐藤森内とは違った、古いタイプの棋士だったよね。 

    村山「谷川名人を倒して私が名人になる!」 
    生きていれば大山→中原→谷川の系譜を継ぐ者になったかもしれない。 

    一方、羽生や森内は、早くから谷川や中原の実力を疑問視していたらしい。 
    谷川名人を倒す!というのは意識に全くなく、同世代の人の中で 
    一番になれば必然とトップを取れると考えていたそうな。 

    そう考えると、村山が生きていても、羽生・佐藤・森内には分が悪かったかと思う。
    【【怪童丸】村山聖伝説 その2】の続きを読む

    このページのトップヘ