群雄割拠

歴史・スポーツ・将棋の記事を中心にまとめています

    項羽と劉邦

    1: 風吹けば名無し 2011/03/06(日) 22:50:26.22 ID:Bth3JM07
    だれだって周りに張良とか蕭何がいれば天下統一できたんじゃねぇの

    【 項羽と劉邦の劉邦って特に何もしてなくね?】の続きを読む

    1: タカ ◆TAKA...uS6 2011/02/01(火) 23:38:11.62 ID:Otbe1Roq0
    劉備より劉邦の方が人を惹きつける

    呂布より項羽の方が一騎打ち強い

    孔明、龐統、周瑜、司馬懿より
    韓信、張良、ハンゾウの方が策略家

    魏軍より漢軍の方が強い

    【項羽と劉邦読んだんだけど個々の能力が三国志より上】の続きを読む

    1: 名無し曰く、 2005/08/29(月) 16:29:46 ID:uG6eyO02
    無双シリーズで頼むよ。
    韓信とか張良とかいいキャラいっぱいいるじゃん。
    戦国無双があるなら項羽と劉邦無双もあっていいじゃん

    【「項羽と劉邦」のゲーム化を願うスレ】の続きを読む

    1: 無名武将@お腹せっぷく 2008/11/05(水) 13:26:04
    チンギスハーンとか、水滸伝も好きだったりするの?

    【三国志好きな人って項羽と劉邦も好きなの?】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2009/12/10(木) 20:58:29.89
    漢の高祖劉邦が40過ぎまでニートだった事に勇気づけられました

    【司馬遼太郎の「項羽と劉邦」を読みました】の続きを読む

    1: 司馬遷 03/11/16 22:38
    大河ドラマとかにしてみたくないですか?
    司馬遼太郎の原作あたりで…



    【もしも『項羽と劉邦』をドラマ化するなら】の続きを読む

    1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(埼玉県) 2009/08/30(日) 16:54:10.65 ID:sXCrzKVc

    司馬遼太郎さん原作のNHKドラマ「坂の上の雲」(11月29日放送開始)に、
    明治天皇役で出演することになった歌舞伎俳優の尾上菊之助さんが
    30日、山縣有朋役の江守徹さん、伊藤博文役の加藤剛さんら新キャスト6人と
    同局で会見した。

    この日は、日露開戦直前の宮中での御前会議の収録があり、
    尾上さんは「そうそうたる皆様の中で、明治天皇の役を務めさせていただくのは
    本当に光栄。苦悩する明治天皇を少しでも表現できればと思っています」とあいさつ。
    「ここに座っていると言いようのないプレッシャーを感じます」と重厚感あふれる
    豪華キャストに囲まれ緊張した様子だった。

    「坂の上の雲」は司馬さんの代表的な長編歴史小説で、発行部数は2000万部超。
    愛媛・松山出身の秋山好古、真之兄弟と俳人の正岡子規たちを中心とする青春群像劇
    で、明治という時代に気概を持って立ち向かう青年たちの姿が描かれている。
    後半は秋山兄弟が深くかかわった日露戦争が物語の中心。

    ドラマでは本木雅弘さんが秋山真之、阿部寛さんが秋山好古を演じるほか、
    子規役で香川照之さん、子規の妹・律役で菅野美穂さん、好古の妻役で松たか子さん
    も出演している。

    07年11月のクランクイン以降、松山をはじめ、長野、茨城、愛知、京都など
    20都府県で撮影、ロシア、中国、フランス、イギリスなどでのロケも敢行した。

    第1部の撮影は昨年終えており、現在は第2部、第3部を撮影中。
    撮影は10年までの予定で、長期制作となる。
    ドラマは各話90分で全13話。放送時間は毎週日曜午後8時~9時半。
    11月29日からの第1部は5話までで
    第2部は10年秋、第3部は11年秋に放送予定。

    会見には、海軍大臣・山本権兵衛役の石坂浩二さん、
    満州軍総司令官・大山巌役の米倉斉加年さん、
    満州軍総参謀長・児玉源太郎役の高橋英樹さん、
    外務大臣・小村寿太郎役の竹中直人さんも出席した。

    江守さんは
    「正直言って山縣有朋はあまり好きじゃなかったんですが、
     今日から好きになります!」と宣言。

    竹中さんも
    「僕は役作りをしっかりやるほうなので、30冊くらい資料を読んで徹底的に時間を  かけた。でも英語を覚えたりしていたら調べたことは全部ぶっ飛んじゃいました」 と笑わせていた。


    【司馬遼太郎の最高傑作といえば「坂の上の雲」と思われがちだけど本当は「項羽と劉邦」だよな】の続きを読む

    このページのトップヘ