群雄割拠

歴史 スポーツ 将棋 音楽 漫画 旅行記

    色々な記事がありますため、子カテゴリーをご利用ください。

    織田 明智 豊臣 徳川

    1: 名無し 2018/03/19(月) 20:32:17.46 _USER9
    関ケ原の戦いに参戦した西軍の武将大谷吉継について、関ケ原町に残る墓に戒名と没年月日が彫られていたことが、町の調査でわかった。墓は合戦後すぐに建立されたとみられ、専門家は「貴重な資料で、新たな発見につながる可能性がある」と指摘している。

    町は県と策定した「関ケ原古戦場グランドデザイン」に基づき、二〇一五年度から史跡整備を進めている。今回発見された戒名と没年月日は、一七年度に大谷吉継の墓を整備していて見つかった。

    刻まれていた場所は、上から空輪、風輪、火輪、水輪、地輪の五つの部位から成る五輪塔と呼ばれる石塔の最下部の地輪。拓本を採取したところ「前刑部□□□□大禅定門」と「□時慶長五年」「九月十五日」などとあった。

    大谷吉継は関ケ原の戦いで敗れて自害した。これまで知られている戒名は領地だった福井県敦賀市の永賞寺の資料などにある「渓広院殿前刑部卿心月白頭大禅定門」で、今回とは文字や文字数が異なる。

    大谷吉継の研究で知られる敦賀市博物館の外岡慎一郎館長は「従来の戒名とは異なる可能性が高い。没年月日と戒名が彫り込まれて出てくるのはとても貴重だ」と話した。

    五輪塔の専門家で、元興寺文化財研究所(奈良市)の狭川真一副所長は、今回の五輪塔は「関ケ原の戦いのあった慶長年間のころの塔とみて問題はない」としている。

    町は文字の解読を進めると同時に、石材として使われた花こう岩の産地を特定し、建立に関わったと伝わる藤堂家との関係も明らかにしていく。

    【【岐阜】関ケ原の戦い・西軍の武将大谷吉継の戒名、石塔の最下部から発見 関ケ原町が調査】の続きを読む

    1: 名無し 2020/02/05(水) 22:22:22.06
     「関ケ原は虹が低い」

    まるでファンタジー小説のはじまりかのようなフレーズだが
    現実の光景を描写した言葉だ。どんな虹なのか、写真をご覧いただこう。

    画像
    no title

    no title

    【【岐阜】手を伸ばせば触れそう? 関ケ原で目撃された「過去最高に低い虹」が話題】の続きを読む

    1: 名無し 2010/07/31(土) 10:52:51
    総大将の秀頼がハンニバル級の才能があれば如何振舞ったのか考えて見ます。如何観ても家康との一戦避けられないと考えるでしょう。ものを言うのは軍事力と視る筈です。 軍の整備に掛かるでしょう。四万の野戦軍と5千の文官兼務の守備隊整備可能と思います。

    この時点の豊臣家は65万石が領地ですが蔵入地もまだ残っており、備前、伊勢、大和にも飛び地があり、実質100万石程度の領地があったようです。又大阪は商業地なので、30万石相当の収入見込めたと推察できる。
    根拠としては摂津の慶長検地の石高35万石に対して江戸期の統計だが人口80万程度だったようだ従って摂津の国の豊臣領は30万石程度多く見積もれる、合わせると130万石程度の経済力有していたと思われます。

    又大阪城落城後約2万8千枚の金(約28万両)と約2万4千枚の銀(約24万両)が 残っていたので篭城時はその倍はあったと推定できます、金50万両の価値ですが、参考として文化年間で三両あれば一年間生活できたと言います、慶長の一両は米価や賃金で比較すると文化の五倍と推定されます。慶長時代の家族の生活費は年間0,6両、1,2両も出せば兵士一名が雇えたと考えられます。

    130万石の大名だと4万程度の兵士雇えたでしょう。残りの5000の兵士を雇う費用は年6000両程度。4万五千の兵力維持充分可能と考えます。

    【豊臣秀頼がハンニバル級の武将なら。】の続きを読む

    1: 名無し 2014/06/06(金) 03:43:13.38
    秀忠に徳川をまもれるのか?
    石田に徳川を潰せるのか?
    真田は依然その力を擁している。
    当時は、秀忠に跡継ぎの空気はあったものの、まだ、秀忠に正式な跡継ぎ権はない。
    秀忠に例えば武田家でいう勝頼以上の能力があったのか?

    いかかがでしょう。さて、皆さんはどう思われますか?

    【家康が信玄のように関ヶ原の数日前に死んだら?】の続きを読む

    1: 名無し 2010/10/22(金) 21:47:12 ID:6H8rEt1n
    俺はなんとなく本能寺の変の真犯人は伊賀越えで土民にやられたという
    穴山信君なんじゃないか?と思うんだ。(それを家康、秀吉、光秀が操っている)

    なぜなら本能寺に向かって出陣していく明智軍を見た人で
    「徳川軍が出陣して来たのかと思った」
    という証言があった記録が残ってただろ?
    あれ実は本当に徳川軍だったんじゃないか?

    本能寺の変や秀吉と光秀の戦い?
    も実は家康・光秀・秀吉が巧妙に仕組んだ罠で
    本当の事実ではないというあくまで俺なりの持論を考え付いた

    【本能寺の変の思いついた新説・穴山信君の巻】の続きを読む

    このページのトップヘ