群雄割拠

歴史・スポーツ・将棋・旅行の記事を中心にまとめています

    武田 上杉 北条 今川

    1: 名無し 2019/01/24(木) 20:00:42.22 ID:kevF3o8G0.net
    海外研究者たちは“日本史の平和さ”に感心している!? 
    古代の戦いから日本のかたちが見えてくる! 

    明治に鎖国が解かれて以降、
    緊張した国際関係の中で諸外国との争いが絶えなかった歴史がある。
    だが、それ以前の時代に目を向けると、日本人の争いといえば主に「内戦」。
    地理的条件も手伝って、外国からあまり攻撃されることがなかった日本では、
    「武士」が台頭してから日本人同士による
    「内戦」が繰り返されてきたのは一般に知られるところだ。
    【上杉謙信は平和的に2回も上洛してる 信長も美濃攻略前に上洛してる】の続きを読む

    1: 名無し 2019/01/14(月) 22:44:06.02
    論破してみろや
    【 戦国最強は上杉謙信で決まりだが、2番目は島津義弘でいいよな?】の続きを読む

    1: 名無し 2013/09/21(土) 23:58:20.03 ID:vln7L5Zz.net
    戦国最強・上杉謙信の主な戦歴

    天文13年(1544年) 
    上杉謙信 ○・・《刈谷田川の戦い》・・● 長尾俊景
    天文15年(1546年) 
    上杉謙信 ○・・・《黒田秀忠の乱》・・・● 黒田秀忠
    天文20年(1551年) 
    上杉謙信 ○・・・《長尾政景の乱》・・・● 長尾政景(発智長芳)
    天文22年(1553年) 
    上杉謙信 ○・・・・《布施の戦い》・・・・● 武田信玄
    天文24年(1555年) 
    上杉謙信 ○・・・《北条高広の乱》・・・● 北条高広
    天文24年(1555年) 
    上杉謙信 △・・・・《犀川の戦い》・・・・△ 武田信玄
    【上杉謙信は戦国最強【信玄・氏康・信長・一揆を圧倒】】の続きを読む

    1: 名無し 2018/03/13(火) 08:03:50.42 ID:5QusHV6M0.net
    謙信部隊と合戦したら味方の兵士が蒸発するンゴ
    【信長の野望って何で上杉謙信大正義なんや?】の続きを読む

    1: 名無し 2017/01/07(土) 17:46:54.26 ID:plPACkUu.net
    越後の戦国大名・上杉謙信が長生きしていたら、
    織田信長、徳川家康、武田勝頼などはどうなっていたでしょうか?
    上杉謙信は天下をとれたでしょうか?
    【上杉謙信がもし10年長生きしていたら?】の続きを読む

    1: 名無し 2013/03/17(日) 16:55:42.78
    天下に興味がなかったと言われるが、もし信長並に野心があり
    天下への野望を燃やす性格であったなら、どうすれば良かったのか
    【上杉謙信が天下をとるための上策を考えてくれ】の続きを読む

    1: 名無し 2016/12/05(月) 05:31:39.59 ID:xn2V8c+zK.net
    「黒田官兵衛」
    2: 名無し 2016/12/05(月) 05:32:18.46 ID:zP8hFAPG0.net
    織田・豊臣・徳川「ほーん」

    【 本気出せば天下統一できた大名「上杉謙信」「朝倉義景」「伊達政宗」「北条氏政」「大友宗燐」】の続きを読む

    1: 名無し 2018/04/29(日) 14:59:42.60 ID:t1fPHOUH0.net
    上杉謙信の“無欲と義の姿勢” 
    天下盗りの野望なき戦国武将に学ぶこと
    (1/3ページ) 
    https://www.sankeibiz.jp/econome/news/180429/ecd1804291310001-n1.htm
    【上杉謙信本人は無欲で良いんだが、それに家臣も巻き込まれると家臣は着いていけない】の続きを読む

    1: 名無し NG NG
    武将・上杉謙信は、自分の欲に忠実で、
    神仏に対しても上から目線の侵略者だった――。
    こんな説を投げかける特別展「謙信 越中出馬」が、
    富山市郷土博物館(富山市本丸)で開かれている。

    【そりゃ富山にしてみりゃ上杉謙信は侵略者だよな】の続きを読む

    1: 名無し 2019/02/09(土) 16:39:56.93 ID:RU4qo+8t0.net
    あとは?
    【 戦国時代で勘違いされてること「上杉謙信は負けたことがない」「信長の最大の敵は信玄」】の続きを読む

    このページのトップヘ