9: 名無し 2010/05/22(土) 05:00:42.70
見にいきてえな

12: 名無し 2010/05/22(土) 05:11:15.04
1体1体、体型も顔つきも違うんだっけ

17: 名無し 2010/05/22(土) 05:21:08.65
高速移動手段もなく寿命だって短い時代で
あれだけ広い国を統治するってどんだけ神の所業なんだよ。
人間が可能なもっとも難易度の高い功績なんじゃね?

21: 名無し 2010/05/22(土) 05:24:19.64
>>17
ローマ帝国は都市ごとの支配だが、秦はガッチガチの中央集権制だからな
まあガッチガチすぎてすぐ瓦解したが

77: 名無し 2010/05/22(土) 08:25:25.38
>>17
広くても人が住める所なんてたかが知れてるから

18: 名無し 2010/05/22(土) 05:23:28.02
キングダムの政がどうやったら頭おかしくなっていくか興味信信だわ

110: 名無し 2010/05/22(土) 10:27:45.58
>>18
ならねーよ。

そもそも始皇帝は、生贄使わない時点でいいやつ。

23: 名無し 2010/05/22(土) 05:29:07.86
146867909311428083178
芸が細かすぎだろ
こんなのが6千体かよ

museo-de-los-guerreros
馬もあるし

27: 名無し 2010/05/22(土) 05:37:27.71
>>23
馬小さすぎだろと思ったけど蒙古系だからこんなもんか

120: 名無し 2010/05/22(土) 17:39:05.42
>>23
作りこみ杉だろ…
技術力すごすぎわろた

34: 名無し 2010/05/22(土) 06:27:10.20
キングダムは秦やるなら白起からやって欲しかったよな

36: 名無し 2010/05/22(土) 06:31:42.21
>>34
何故白起?考公なら分かるが

41: 名無し 2010/05/22(土) 07:23:48.15
名将白起ですら最後は自刃に追い込まれる中国の権力闘争の凄まじさは異常

それとも名将だからなのか
武力さえあれば皇帝にまで成り上がれる易姓革命の国はオソロシイ

84: 名無し 2010/05/22(土) 08:30:16.36
キングダムは完結するまで50巻くらいかかりそうな勢いだな

42: 名無し 2010/05/22(土) 07:40:14.69
秦は力の帝国だと言う事が良くわかる。

皇帝亡き後、地中にまで軍勢を整える徹底振り・・・

47: 名無し 2010/05/22(土) 07:48:45.40
始皇帝が極悪人に描かれてるのは
あとになって都合よく改変されてるからかもな

49: 名無し 2010/05/22(土) 07:50:39.51
>>47
始皇帝が作った巨大な道の跡ってのは未だに残ってるし
この兵馬俑や阿房宮にしても労働者をかなり酷使したってのは間違いないだろう

56: 名無し 2010/05/22(土) 08:02:12.42
>>49
まぁ万里の長城も昔はただの土の丘だって話じゃない。
近代になってわざわざ城っぽくしたらしいし、これも捏造と言えば捏造だよ。

58: 名無し 2010/05/22(土) 08:03:22.22
秦って紀元前210年だろ
始皇帝に命じられて徐福が数千人単位で日本に渡ったとされるのも同じぐらいの時期だろ?
となると邪馬台国卑弥呼の400年以上前にそれなりの文化を持った集団が日本に来てたんだよ

60: 名無し 2010/05/22(土) 08:05:03.98
>>58
徐福が天孫族で天皇家の祖だったら壮大だな

76: 名無し 2010/05/22(土) 08:25:09.63
>>58
日本に来たワケじゃあないだろ
須弥山だか蓬莱山に山登りに行っただけだよ

79: 名無し 2010/05/22(土) 08:27:23.84
>>76
その山があるとされたのが日本だって説が根強くあるのよ

59: 名無し 2010/05/22(土) 08:03:48.03
兵馬俑は本当に凄い
地下に水銀の川と宮殿があっても全然おかしくない

88: 名無し 2010/05/22(土) 08:34:22.84
徐福が移民をしようとしていたってのは子供を何人も連れて行ったってところからそこそこ可能性はあると思う

ただその後遭難したかもしれないし別方向に向かった可能性もある
蓬莱が東にあるとされていたから日本に移民したってのはさすがに早計

90: 名無し 2010/05/22(土) 08:39:15.34
数千人単位で移民してきたなら
当時の都の縮小版ぐらいの都市を作っててもおかしくないんだが
吉野ヶ里遺跡とかあんな集落じゃなくて