1: 名無し 2020/06/22(月) 13:35:47.18
かっけえ

2: 名無し 2020/06/22(月) 13:35:59.70
結果

3: 名無し 2020/06/22(月) 13:36:01.90
無能

5: 名無し 2020/06/22(月) 13:36:20.18
なお分裂

4: 名無し 2020/06/22(月) 13:36:05.04
その後の混乱がなあ

11: 名無し 2020/06/22(月) 13:38:11.17
超有能だけど超無能

12: 名無し 2020/06/22(月) 13:40:39.60
酔ってペルセポリスの宮殿燃やしたのガチで草

44: 名無し 2020/06/22(月) 13:53:23.75
>>12
恋人の男死んだから多少はね

19: 名無し 2020/06/22(月) 13:44:17.60
ディアドコイ戦争はセレウコスが主人公だな

24: 名無し 2020/06/22(月) 13:45:57.21
>>19
全体像把握できないわ

27: 名無し 2020/06/22(月) 13:46:57.96
>>24
象さんの戦争だよ

32: 名無し 2020/06/22(月) 13:48:17.38
>>27
アフリカゾウVSインドゾウみたいな感じか

42: 名無し 2020/06/22(月) 13:51:47.06
>>32
アフリカゾウは調教が難しいだろうし
北アフリカには居なかっただろうから
マルミミゾウだったのではないかと言われてるよ

ハンニバルが有名だけど
戦象を多用して主力だったのは
おそらくディアドコイ戦争くらいで
あとはインドやタイで地味な戦争で使われていた

45: 名無し 2020/06/22(月) 13:53:36.97
>>42
ありがとう。
アフリカゾウはやばいやつらなんだね。
ゾウを運用できる兵站とか、やっぱディアドコイ諸国はすげえ連中なんだろうね

52: 名無し 2020/06/22(月) 13:55:43.30
>>45
よくアフリカ象は気象が荒いとか言われるけどインド象も気象荒い

54: 名無し 2020/06/22(月) 13:56:41.22
>>52
そうなんだ。

そういえばインドゾウが暴れている動画を観たことがあるわ

31: 名無し 2020/06/22(月) 13:48:15.30
プトレマイオス「おかのした」

35: 名無し 2020/06/22(月) 13:49:13.37
>>31
まあこいつはマブダチだから

49: 名無し 2020/06/22(月) 13:55:30.18
あの時代にインドまで進軍してんの意味わからんくて草

63: 名無し 2020/06/22(月) 13:58:19.24
>>49
ギリシャから延々と進軍する兵隊の考えも今とは全く想像がつかない
別のものなのかもね。

93: 名無し 2020/06/22(月) 14:06:20.30
>>63
今でいえば海外旅行と秘境探検と団体スポーツが一緒になったような感じやったんやろな
たぶん参加してたやつらはめちゃくちゃ楽しかったと思うわ
だって当時娯楽なんかなんもない時代やからな

知らん土地に自分らが最初に行くんやし
戦って勝ちまくりやしもう楽しすぎてなんでもよかったんやろ

101: 名無し 2020/06/22(月) 14:08:20.90
>>93
そいや「世界」の認識ってどんなもんなんだろ

109: 名無し 2020/06/22(月) 14:10:17.63
>>101
中国は知られてなかったんやろか
公式には西方世界との交流は大秦王安敦からやろ

113: 名無し 2020/06/22(月) 14:11:22.63
>>101
ギリシャ人が知ってたのはジブラルタルからインダス川まで

119: 名無し 2020/06/22(月) 14:11:58.06
>>113
とすると
インドまで行くのは
世界征服完了の感覚やったんかな

145: 名無し 2020/06/22(月) 14:17:41.30
>>119
世界の隅々まで行ったと思たら
なんか世界の果てにさらに向こう側あるわ
これは行くっきゃないっしょって感じやろな
ワイでも行くわ

57: 名無し 2020/06/22(月) 13:57:39.43
こいつ探検家にでもなった方が良かったんや無いか
大勢巻き込んで各地を引っ掻き回すよか
よっぽど本人も周りも幸せになれたわ

62: 名無し 2020/06/22(月) 13:58:11.37
>>57
王子に生まれた時点でそれは無理やろ

60: 名無し 2020/06/22(月) 13:58:06.67
ヒストリエ完結まだですか

72: 名無し 2020/06/22(月) 14:00:56.42
>>60
新刊出るたびに前巻読み直さないかんのほんと草

81: 名無し 2020/06/22(月) 14:02:21.32
>>72
何回読んでも面白いのでセーフ

68: 名無し 2020/06/22(月) 13:59:50.54
ヒストリエは長年放置していた露骨な伏線キャラがようやく登場した模様

104: 名無し 2020/06/22(月) 14:09:30.98
>>68
子供時代の裏切りモンのおっさんか?

134: 名無し 2020/06/22(月) 14:14:55.05
>>104
アルケノルや
誰って?ワイもしらん
no title

64: 名無し 2020/06/22(月) 13:58:28.08
3大戦争バカ
アレキサンダー
チンギスハン

あと1人は?

110: 名無し 2020/06/22(月) 14:10:43.94
>>64
ティムール

70: 名無し 2020/06/22(月) 14:00:03.82
>>64
カエサル

67: 名無し 2020/06/22(月) 13:59:40.32
>>64
牟田口廉也

118: 名無し 2020/06/22(月) 14:11:51.28
>>67
戦争バカじゃなくて戦争のバカはNG

69: 名無し 2020/06/22(月) 13:59:56.82
戦争馬鹿なだけならまだいいけどインドまで行った帰りになんの意味もなく砂漠を抜けて帰還するのマジで何がしてぇんだ

82: 名無し 2020/06/22(月) 14:02:22.53
>>69
オープンワールドのゲームしとるとき
意味もなく行ったことないとことか通って帰ったりするやろ

73: 名無し 2020/06/22(月) 14:01:18.53
頭いいのか悪いのか分からん人
間違いなく良いのに

94: 名無し 2020/06/22(月) 14:07:14.37
>>73
天才とバカは紙一重やぞ
常識に囚われた凡人にこんな突飛なことできるかいな

103: 名無し 2020/06/22(月) 14:09:06.79
>>73
軍才と治才は別もんや

79: 名無し 2020/06/22(月) 14:02:17.60
版図が拡がって中央アジア方式の習俗も取り入れようとしたけど結局ダメだったというだけ
チャレンジは悪いことではない

84: 名無し 2020/06/22(月) 14:03:29.24
>>79
よっしゃ男をアジアンと結婚させて同化政策したろ

92: 名無し 2020/06/22(月) 14:05:51.17
>>84
女はアジア人と結婚させなかった時点で単なる言い訳だよね

89: 名無し 2020/06/22(月) 14:05:14.54
このまま中国まで突き進んでたらどうなったんやろか

95: 名無し 2020/06/22(月) 14:07:22.16
>>89
あのルートだとバッタと同じ宿命や
ヒマラヤに遮られる

100: 名無し 2020/06/22(月) 14:07:53.79
かっこいいけど内戦起きまくるし普通に誰か跡継ぎ決めとくべきだろうな、、、

107: 名無し 2020/06/22(月) 14:09:50.64
>>100
国会議員でも後継指名してねえと
秘書だの地方議員だの首長だのが林立して分裂かますしな
アホでも世襲が好まれる理由の1つ

102: 名無し 2020/06/22(月) 14:08:49.61
東征の略奪うんぬんに関しては
「財宝なんていらない」
っていう有名なエピソードがあるんだよなぁ・・・

116: 名無し 2020/06/22(月) 14:11:31.18
>>102
たぶん秘境探検みたいな目的やったんやろな
ワイかて誰も行ったことがない山とかあったら行ってみたいと思うもん

121: 名無し 2020/06/22(月) 14:12:17.51
曹丕「信頼できる部下を優遇するぞ」
→手下が謀反し簒奪される

司馬炎「曹丕アホやろ、普通身内しか信用せんわ」
→身内同士がケンカし国崩壊

ほんとままならんな

132: 名無し 2020/06/22(月) 14:14:24.70
>>121
結局問題として中華は統治能力の限界を越えて統一してたからどちらにしろ国が荒れるときは荒れるということや

127: 名無し 2020/06/22(月) 14:13:09.44
ハンニバルとかいう戦争おじさん

154: 名無し 2020/06/22(月) 14:18:59.62
>>127
英雄扱いされてるけど実質カルタゴ滅亡の遠因だよね
こいつが暴れんかったら何やかんやで存続してたやろに

163: 名無し 2020/06/22(月) 14:21:07.43
>>154
第一次ポエニ戦争で地中海の支配できなくなった時点でジリ貧やったんちゃうか

195: 名無し 2020/06/22(月) 14:28:29.98
>>163
衰退はするやろうけど滅亡はせんかったんちゃう?
例えローマに併合されるにしろずっと平和的やったやろ

131: 名無し 2020/06/22(月) 14:14:00.12
アレクサンドロスが美化されてチンギス・ハーンが侵略者みたいなイメージにはなるのこそ人種差別だよな

135: 名無し 2020/06/22(月) 14:15:12.12
>>131
アレクサンドロスは豊かな文化をもたらしたけど
そいつはただの馬に乗った蛮族だから……

140: 名無し 2020/06/22(月) 14:16:15.25
>>131
まあ自分らが侵略された立場の連中が歴史って学問でっちあげたし
アッティラなんか実際はかなりの教養人やったとか

152: 名無し 2020/06/22(月) 14:18:19.71
>>131
普通にアレクサンドロスも侵略者イメージなんやがどこで美化されてるんや

159: 名無し 2020/06/22(月) 14:20:29.13
>>152
ヘレニズム文化なんて未開の地に科学や哲学をもたらしてやった扱いやん

189: 名無し 2020/06/22(月) 14:26:33.05
>>131
モンゴル帝国だって東西交流を促進させて文化や科学技術の発展に貢献してるのにな
やっぱ単純にアレクサンドロスの方が昔の人やから当時の文字書ける階層の人らも野蛮で
あまり略奪を非難する動きがでてなかったのかもしれへんな

199: 名無し 2020/06/22(月) 14:28:55.63
>>189
モンゴルはバグダットの件が尾を引いてるんじゃないの

206: 名無し 2020/06/22(月) 14:30:24.60
>>199
人は資源だからそんなに殺すのか疑問ではある

222: 名無し 2020/06/22(月) 14:32:34.25
>>206
モンゴルは一罰百戒みたいなところあるから
バグダット以外は降伏したらある程度許してくれたけど
よりによってバグダット壊滅させたのがなあ

233: 名無し 2020/06/22(月) 14:34:41.30
>>222
イスラムの叡智全部燃えてて草
でも遅かれ早かれ燃えてそうな気もする

157: 名無し 2020/06/22(月) 14:19:28.35
ユーラシア大陸の先まで言っても
この先には海の向こうにアメリカがあるって言う事実がロマンしかない

169: 名無し 2020/06/22(月) 14:22:27.29
>>157
ベーリング海峡をながめながら寒さに震えているマケドニアのベテランを想像すると笑えるな

164: 名無し 2020/06/22(月) 14:21:08.97
この頃のマケドニアの総力戦が数万対数万なのに
同時代の中国は数十万対数十万やってる謎
やっぱ盛ってるんすねぇ

165: 名無し 2020/06/22(月) 14:21:51.81
>>164
中国は10倍するからな

166: 名無し 2020/06/22(月) 14:22:16.79
>>164
盛ってるだろうけど中国の方が当時も人口多いだろ

180: 名無し 2020/06/22(月) 14:24:38.50
>>166
小国に別れてるからそんなに兵力集まるはずもないやろ

188: 名無し 2020/06/22(月) 14:26:03.63
>>164
規模はでかくても9割以上は農民だしな
マケドニアの軍隊は職業軍人だしアレクサンドロスの時代でも中核はプロでしょ

204: 名無し 2020/06/22(月) 14:29:45.90
>>188
日本や中国の場合
本当に農民だったのかまだ争いがあるんやで

西洋でも東洋でも戦争できる時期は春~秋やけど
小麦の栽培が秋~春なのに米は春~秋なんや
ほんまに農民連れ出したら収穫落とす

208: 名無し 2020/06/22(月) 14:30:56.18
カエサル「後継者誰にしよ 無能かもしれんけどとりあえず甥っ子でいいか」

223: 名無し 2020/06/22(月) 14:32:46.85
>>208
ガチ有能だった件

227: 名無し 2020/06/22(月) 14:33:25.94
>>208
あいつ20歳くらいで後継いだんやろ
バケモンやな