1: 名無し 2018/03/19(月) 20:32:17.46 _USER9
関ケ原の戦いに参戦した西軍の武将大谷吉継について、関ケ原町に残る墓に戒名と没年月日が彫られていたことが、町の調査でわかった。墓は合戦後すぐに建立されたとみられ、専門家は「貴重な資料で、新たな発見につながる可能性がある」と指摘している。

町は県と策定した「関ケ原古戦場グランドデザイン」に基づき、二〇一五年度から史跡整備を進めている。今回発見された戒名と没年月日は、一七年度に大谷吉継の墓を整備していて見つかった。

刻まれていた場所は、上から空輪、風輪、火輪、水輪、地輪の五つの部位から成る五輪塔と呼ばれる石塔の最下部の地輪。拓本を採取したところ「前刑部□□□□大禅定門」と「□時慶長五年」「九月十五日」などとあった。

大谷吉継は関ケ原の戦いで敗れて自害した。これまで知られている戒名は領地だった福井県敦賀市の永賞寺の資料などにある「渓広院殿前刑部卿心月白頭大禅定門」で、今回とは文字や文字数が異なる。

大谷吉継の研究で知られる敦賀市博物館の外岡慎一郎館長は「従来の戒名とは異なる可能性が高い。没年月日と戒名が彫り込まれて出てくるのはとても貴重だ」と話した。

五輪塔の専門家で、元興寺文化財研究所(奈良市)の狭川真一副所長は、今回の五輪塔は「関ケ原の戦いのあった慶長年間のころの塔とみて問題はない」としている。

町は文字の解読を進めると同時に、石材として使われた花こう岩の産地を特定し、建立に関わったと伝わる藤堂家との関係も明らかにしていく。

4: 名無し 2018/03/19(月) 20:36:05.98
藤堂高虎はあちこちうろちょろしてるだけじゃなかったんだな

118: 名無し 2018/03/19(月) 22:17:48.75
>>4
それこそ裸一貫足軽から国持大名だからな。
しかも外様だけど別格譜代とか。
圧倒的な能力と行動力があったのは間違いない。

5: 名無し 2018/03/19(月) 20:37:50.47
大谷吉継はその周辺で死んだのはほぼ確実って事か。

6: 名無し 2018/03/19(月) 20:38:46.03
大谷吉継 知り合いではないが好感が持てる武将 合掌

160: 名無し 2018/03/20(火) 03:36:38.20
>>6
茶を飲んでいいぞ

44: 名無し 2018/03/19(月) 21:06:59.96
>>6
体制としては徳川家康が天下を取ったのが理想とわかるけど、大谷吉継とか真田親子とか反徳川の武将に惹かれるのは否定できない。

125: 名無し 2018/03/19(月) 22:33:57.26
>>44
真田兄「・・・」

8: 名無し 2018/03/19(月) 20:39:13.83
こんな小者に税金使うな
税金使うなら家康レベルにしろ

13: 名無し 2018/03/19(月) 20:41:43.84
>>8
学問こそ多様性が必須だぞ。

16: 名無し 2018/03/19(月) 20:46:21.21
>>8
小物じゃないだろう

47: 名無し 2018/03/19(月) 21:08:32.78
>>8 
町おこしに使えるかも知れんだろ!

133: 名無し 2018/03/19(月) 22:49:02.69
>>47
こないだ行ったけど
なんかやる気なくて三成すら活用されてなかったよ

142: 名無し 2018/03/20(火) 01:38:12.81
>>133
三成は彦根で井伊よりもポジション高いぞ
佐和山なんて何もないんだがな

15: 名無し 2018/03/19(月) 20:45:08.33
憎きは小早川秀秋。3年の内に祟りを成してくれん。

106: 名無し 2018/03/19(月) 22:03:48.62
>>15
小早川は虚弱なので二年しか持ちませんでした

38: 名無し 2018/03/19(月) 21:03:04.66
>>15
そもそも石田三成が小早川家を
潰そうとしてた所を家康に助けられたのに
小早川が石田につくわけないじゃん

17: 名無し 2018/03/19(月) 20:47:40.19
藤堂高虎、主君をコロコロ変えたけど
性格はたぶん良かったんやろなあ

50: 名無し 2018/03/19(月) 21:11:36.97
>>17
時勢上そうせざるを得なかっただけで
本質的には無茶苦茶義理堅いんだろうな

59: 名無し 2018/03/19(月) 21:19:45.25
>>50
「この藩は合わないんで辞めます」
って家臣がいたら高虎は茶を点てて刀をプレゼントし

「新しい仕官先が駄目だったらいつでも帰ってきて良いぞ」
と言って送り出し、実際に出戻った家臣を元の待遇で仕官させたという

これを批判した家臣に対しては
「家臣や家来には禄だけじゃなくて情を掛けないといけない。
 情を掛けてやれば藩主に付いてきてくれる有能な家臣が増えて
 禄も無駄にならない」
と言ったという話がある

71: 名無し 2018/03/19(月) 21:28:21.74
>>59
大和大納言豊臣秀長が
長生きしてたら普通に豊臣の家臣として
人生終えてた気がする
秀長以外に高虎の器を使い切れる人間が家康しかいなかった

77: 名無し 2018/03/19(月) 21:34:05.77
>>71
家康の死に際に
「宗派を変えてあの世でも付いていきますぞ」
とその場で改宗した話とか
両者の信頼関係がよく現れてるな

87: 名無し 2018/03/19(月) 21:42:56.07
>>77
逆になぁ
そのエピソードで
ただのイエスマンだったのかって印象がついちゃってなぁ
それさえなければ生かして使うべき
万人にとっての器量人って感じなんだが

187: 名無し 2018/03/20(火) 07:36:28.28
当時も職場の人間関係に悩んで退職する人いっぱいいたんだねえ

74: 名無し 2018/03/19(月) 21:29:36.12
転々とした後の主君が羽柴秀長だぞ
誰だってそれまでの主君よりこっちに就職したいだろ

120: 名無し 2018/03/19(月) 22:22:34.62
>>74
良い主君に仕えさせて貰えるだけの能力があったって事だ。
当初300石だが今なら初任給1000万位なもの。
家格があるわけでもないで300石は相当な待遇だからな。
5年後には3000石だし。

19: 名無し 2018/03/19(月) 20:49:18.10
小早川秀明は
ほんとは偉丈夫で有能な主君だったらしいな。

36: 名無し 2018/03/19(月) 21:00:29.78
>>19
明朝鮮連合軍二万を六千人で打ち破ってるね。
地元の治世も良かったらしい。

小早川家は後に復興されてることを思えば過小評価されすぎ。

27: 名無し 2018/03/19(月) 20:52:33.91
桃配り山は誰が桃を配ってたのか、気になる

31: 名無し 2018/03/19(月) 20:56:08.80
>>27
壬申の乱のときの後の天武天皇。
桃配山に布陣した大将は天武、家康と二連勝w

34: 名無し 2018/03/19(月) 20:58:21.13
>>31
なんと。大海人が桃を配ってたのか。

32: 名無し 2018/03/19(月) 20:57:32.94
秀吉がすんげー評価してたとか言うけど
そのわりには知行少ないんだよな

42: 名無し 2018/03/19(月) 21:04:42.98
>>32
三成もじゃね

64: 名無し 2018/03/19(月) 21:25:04.31
>>32
秀吉の嫁に縁が深い準身内枠らしいね
石高的には戦働きは期待されずに
能吏として評価されてたのが良くも悪くも裏目った感

43: 名無し 2018/03/19(月) 21:05:39.29
大谷吉継は江戸時代を通して「義を重んじた名将」としての評価が
変らなかった人だよね。この人の娘が真田幸村の嫁。
石田三成も含めて関ヶ原敗戦組はドラマの主役を張る人が多い。

45: 名無し 2018/03/19(月) 21:07:04.29
>>43
たしかに東軍は、家康以外、華のあるのがだれもいないという感じ。

54: 名無し 2018/03/19(月) 21:15:01.67
>>45
山内みたいな腹黒策士が多いわな。

56: 名無し 2018/03/19(月) 21:16:46.91
>>45
華と言うより侠気があるやつがいない
強いほうになびく義理も人情もない
こわっぱヘタレばかりw

84: 名無し 2018/03/19(月) 21:40:58.51
>>54,56
だよね。
漢がいないんだよな。

105: 名無し 2018/03/19(月) 22:02:14.65
井伊直政

福島さえ怯んだ島津の前進撤退に追撃をかけている

57: 名無し 2018/03/19(月) 21:17:54.62
大谷刑部って通りなの理由知っててら教えてたもれ。

61: 名無し 2018/03/19(月) 21:21:28.99
>>57
朝廷から授与された官位が従五位刑部少輔

58: 名無し 2018/03/19(月) 21:19:32.22
梅毒で鼻がとれてた人?

63: 名無し 2018/03/19(月) 21:23:00.26
>>58
ハンセン氏病

96: 名無し 2018/03/19(月) 21:52:42.27
>>63
そっちだったか 勘違いしてた

69: 名無し 2018/03/19(月) 21:28:00.23
>>58
天正15年(1587年)、大坂城で開かれた茶会において、招かれた豊臣諸将は茶碗に入った茶を1口ずつ飲んで次の者へ回していった。

この時、吉継が口をつけた茶碗は誰もが嫌い、後の者達は病気の感染を恐れて飲むふりをするだけであったが、三成だけ普段と変わりなくその茶を飲み(一説には吉継が飲む際に顔から膿が茶碗に落ち、周りの者達はさらにその茶を飲むのをためらったが、三成はその膿ごと茶を飲み干し、おいしいので全部飲んでしまったからもう一杯茶を注いでほしいと気を利かせたとされる)、気軽に話しかけてきた。その事に感激した吉継は、関ヶ原において共に決起する決意をしたとされる

66: 名無し 2018/03/19(月) 21:25:30.17
大谷といえば二刀流

73: 名無し 2018/03/19(月) 21:29:23.09
>>66
大谷と言えばレストランだな
板橋区の人間にとっては

85: 名無し 2018/03/19(月) 21:41:17.84
>>73
大谷じゃないw
オオタニだw

70: 名無し 2018/03/19(月) 21:28:20.61
うちの先祖は西側に属したのに藤堂さんの執り成しで
領地は取上げられたけど生き延びることができた
大谷の石塔も建ててやるだなんて意外にいいやつだな藤堂さん

226: 名無し 2018/03/20(火) 14:40:51.80
>>70
個人的に憎しみあっていた訳ではないし
大谷吉継は東西関係なく家康をはじめ多くの将から評価されてたよ

その上、義を重んじ西軍に着く姿勢を取ったのだからまともな武人であれば尊敬尊重するのは自然の成り行きじゃないかな

事大主義のしょーもない武将とは比べ物にならない立派な人間だと思うよ

92: 名無し 2018/03/19(月) 21:49:01.96
高虎と関ヶ原で戦ってるしその縁で建立したんだろうな
敵とはいえ、立派な最後なんだし、家康の覚えのめでたい高虎が作りたいっていったら無下にもできんだろうし

228: 名無し 2018/03/20(火) 14:51:05.40
>>92
大谷の付き人が介錯してその首を隠し
その後高虎の息子に出くわし「首はどこにあるか」と尋ねられたが病気で崩れた顔を晒す恥は晒せないと言う遺言から「それは言えない」と答えるとその意を汲み取り高虎の息子もそれ以上詮索しなかったと言う事があったらしい

藤堂家が碑をたてたのはその縁かなと思う

94: 名無し 2018/03/19(月) 21:50:34.25
関ヶ原っていうと数万人はいる徳川家康の本陣に向かって正面敗走したキチガイ集団がいると聞いた

103: 名無し 2018/03/19(月) 22:00:11.66
>>94
島津だな。
アレは本陣に飛び込むというより、逃げ道の街道が本陣側にあった。
豊久と家老が殿で死んでるが、豊久なんて当主の甥なのに
最期の記録が不明なのが謎。一応負傷して民家に逃げて死んだと言われる。
最期は十数人で大軍に突撃したらしいが、それで逃げ切れる訳ないだろうに?
それなりの武具も着てたから一目で準大賞首と判る筈だし、討取られたら
討取った奴の記録が残りそうなもんなのに。

107: 名無し 2018/03/19(月) 22:04:07.35
>>103
大河の葵三代ではグロかった…
落馬した豊久に向かって懐から短刀を取り出した雑兵がわーっと群がってくるシーン…
血もなんにも映像には出てこないけど吐き気がしたわ

141: 名無し 2018/03/20(火) 01:18:32.89
>>103
これがあったから
江戸幕府が倒れたのかと思うと胸熱

234: 名無し 2018/03/20(火) 19:22:27.66
>>103
豊久討ち取ったのは本多忠勝隊の誰かって言われてるけどね
先鋒の井伊はどうにか退けたけど後続の本多に掴まったと

239: 名無し 2018/03/20(火) 23:51:21.13
>>234
猛将井伊直政はその時の捨てがまり戦法で狙撃されて
それがもとで直ぐ亡くなってしまう。

石田三成の旧領地をもらって最初は佐和山においていたが
交通の便のいい彦根に移した志半ばに亡くなった。

大坂の陣では直政の兄がいたのに出陣させず
家康はその息子の直孝に出陣命令を命じてる。

241: 名無し 2018/03/21(水) 07:43:13.49
>>239
直政の二人の息子直勝と直孝の話だろ。
家康は病弱な直勝に代えて弟の直孝に彦根の本領を継がせた

242: 名無し 2018/03/21(水) 08:25:25.64
>>241
その分かれた際の際家臣分けも直勝は直虎時代のいわゆる井伊谷からの家臣団を、
直孝はいわゆる直政の赤備えの由来である旧武田家家臣の実戦的家臣団とに分かれた。

110: 名無し 2018/03/19(月) 22:05:37.21
秀秋は酒の飲み過ぎ。判断の是非はともかく物凄いプレッシャーが
有り続けたんだろうね。

121: 名無し 2018/03/19(月) 22:22:45.46
>>110
小早川秀秋を題材にした戸部新十郎の「放れ駒」って短編小説があったが、あの孤独感に満ちた秀秋像は今でも記憶に残っているな。

112: 名無し 2018/03/19(月) 22:07:18.90
藤堂仁右衛門が湯浅五助に頼まれて
吉継の首のある場所を家康に教えなかったという話が本当だったということか?

115: 名無し 2018/03/19(月) 22:13:50.55
>>112
あーその話好き

武士として約束しました、言えません!
これには家康もホロリ、お咎めなしってね

116: 名無し 2018/03/19(月) 22:15:32.43
大谷吉継はなまじ石田三成と近しい関係だったのと近江閥だったのが不運だったな
まあそういうポジションだったから五万石の大名になれたのかもしれんが

146: 名無し 2018/03/20(火) 01:48:54.03
>>116
そもそも、大谷を秀吉に繋いだのは石田なんだが。

119: 名無し 2018/03/19(月) 22:20:54.10
藤堂高虎がディスられる理由がわからん。

122: 名無し 2018/03/19(月) 22:22:45.73
>>119
転職回数多いと評価下がるよ

124: 名無し 2018/03/19(月) 22:27:42.84
>>122
戦国時代はそんな事は無い。感状なんかは再仕官の時の為に役立つ物だし。主君も部下を食わせられなければ留めておけないし、部下も一族食わせなきゃならないし、今なんかより全然ドライな時代だ。

135: 名無し 2018/03/19(月) 23:00:02.62
>>124
そんなことはある
乱世で転職という側面があったからお咎めがなかったレベルとはいえ、当時も武士として評価されるのは楠木正成や山中鹿之助、鳥居強衛門、清水宗治、秀吉から直参の誘いを受けて断った直江兼続や片倉小十郎だ

一度だけでも「う~ん?ま、仕方ないか」なものが
何度もの主君替えはさすがに評価は下がる

136: 名無し 2018/03/19(月) 23:21:05.12
>>135
当時は、って評価は江戸時代入ってからじゃん

144: 名無し 2018/03/20(火) 01:45:00.28
>>136 >>135
だな。「当時」で言えば藤堂高虎みたいなのがスタンダードだ。

126: 名無し 2018/03/19(月) 22:40:35.28
高虎のイメージ悪くなったのは幕末の猛烈な裏切りのせい
官軍側からも嫌われるレベル

138: 名無し 2018/03/20(火) 00:06:12.14
>>126
あれは高虎が墓から起き上がって首狩り始めてもおかしくないレベルのド畜生行為ですわ

165: 名無し 2018/03/20(火) 04:12:03.35
>>138
確か鳥羽伏見の合戦中に裏切ったんだっけか

176: 名無し 2018/03/20(火) 05:32:35.69
>>165
戊辰戦争かな。
さすが藤堂家って皮肉られたって話だな。

178: 名無し 2018/03/20(火) 06:00:43.46
>>176
伊勢は国学が盛んだったからねえ。
藤堂家は外様ながら家康が井伊家と並んで先鋒に起用するよう命じたほど信頼が厚かったけど朝敵にはなれなかったと考えるのが自然だよ。
そもそも総大将自身が逃げ出しちゃったからねえ。

130: 名無し 2018/03/19(月) 22:45:20.79
梅毒だかハンセン病だかにならなきゃ
石田三成くらいの石高は最低あったろうなあ

191: 名無し 2018/03/20(火) 08:10:02.52
>>130
軍才は突出してたが病で現場に出れないからな。
そら秀吉も惜しむわな。

154: 名無し 2018/03/20(火) 02:56:08.98
西軍で真面目に戦ったのは、大谷、宇喜多、小西くらいだよな

155: 名無し 2018/03/20(火) 03:10:42.07
>>154
石田隊もだよ
そういえば島左近は助かったんだっけか

156: 名無し 2018/03/20(火) 03:17:53.08
>>155
死んだらしい

159: 名無し 2018/03/20(火) 03:33:35.65
>>155
生死不明でしょ

163: 名無し 2018/03/20(火) 03:58:39.16
大谷は小早川の動向がおかしいことを気づいていた。
三成もそれは感じていて
大谷諸隊は小早川の裏切りに備えて配置された。
そして小早川の裏切りに対応し、一時は押し寄せた小早川本隊を押し返し
多数を討ち取るも、そこへ予想だにしない事態が、、
味方だと思っていた脇坂等諸隊が西軍に襲い掛かってきたのだ。

168: 名無し 2018/03/20(火) 04:28:25.73
>>163
戦を決定づけた寝がえりなのに小早川、脇坂以外は罰せられてるんだよな。

170: 名無し 2018/03/20(火) 04:44:23.53
>>168
そりゃ前もって約束した裏切りじゃないからな
ただ時勢をみて裏切っただけじゃ評価されん

171: 名無し 2018/03/20(火) 04:58:08.32
とにもかくにも吉川広家よ
この自惚れ野郎が策士ぶらなければ毛利秀元が動いたし
そうすりゃ小早川も寝返れなかった

181: 名無し 2018/03/20(火) 06:29:42.72
>>171
元就の息子毛利元康秀包あたりはそれなりに
元就の孫たちがw

175: 名無し 2018/03/20(火) 05:25:50.27
真田信繁の正妻の父親だな
この人は、家康にもかなり評価されてたんだよな
でも友の石田三成の要請を断れずに西軍方についた

192: 名無し 2018/03/20(火) 08:39:36.38
>>175
大谷の嫁さんは家康の養女。
おそらく次の時代は家康のものと見据えていた。

197: 名無し 2018/03/20(火) 09:28:12.95
>>192
健康で家康の方に付いてたら
藤堂高虎ポジは大谷がやってたかも

198: 名無し 2018/03/20(火) 09:48:03.45
>>175
割と意外なところで姻戚関係あるよな
石田三成の親族と真田の妹も結婚してたっけ

188: 名無し 2018/03/20(火) 07:44:17.73
大谷吉継ってこれか。最高だな。
no title

190: 名無し 2018/03/20(火) 07:55:50.24
>>188
誰かよーわからんがここ読んでてすげー人だという事は理解した。
しかし死んで1000年後の世界でそんな絵にされるとは想像もしなかったろうな。
人生何があるかわからないけど死んでからもわからないもんだな。

203: 名無し 2018/03/20(火) 10:49:31.60
大谷吉継の子孫は家康の次男結城秀康の子孫の福井藩松平家の家臣

石田三成の娘は蒲生家家老の岡家に嫁いで、生んだ娘が蒲生家家臣町野家に嫁いで、生んだ娘が三代将軍家光の側室になって生んだ千代姫が尾張徳川家に嫁いで跡継ぎの男子を生んでる

210: 名無し 2018/03/20(火) 12:01:01.55
>>203
大学のときの同級生がそこの分家の子孫だった
歴史好きなのでそいつの実家に遊びに行ったときに
その爺さんにいろいろ話し聞いたりして大興奮した
そいつは興味ないから他の連中とラーメン屋とかに言ってたw

214: 名無し 2018/03/20(火) 13:12:03.27
>>203
農村に埋もれていたのを探し出してまで家臣にするってんだから、
相当な思い入れだよな。

218: 名無し 2018/03/20(火) 13:26:37.87
昔茶会があった

223: 名無し 2018/03/20(火) 13:46:08.01
>>218
だが三成だけは違うた。

244: 名無し 2018/03/21(水) 13:05:01.76
俺の先祖は石田三成が勝とうが
徳川家康が勝とうがどうでも良くて直ぐに逃げた足軽の百姓だ

245: 名無し 2018/03/21(水) 13:06:47.83
>>244
何はともあれ生き残るのが一番だな
何百年後にも子孫がいる

247: 名無し 2018/03/21(水) 13:12:43.95
>>245
宮本武蔵も生き残ることしか考えてない。足軽の百姓だからな

255: 名無し 2018/03/21(水) 13:45:37.48
豊臣秀吉が散々持ち上げた割には
たった5万石しか与えなかったという処遇が意味不明で理解に苦しむ
武将としても執政官としても散々持ち上げてたのに

260: 名無し 2018/03/21(水) 14:53:21.46
>>255
所詮、行政官僚だったからじゃないのか?
一大事には一軍の司令官になることもあるだろうが
基本、内政で重きをなす人間だったから。
五大老とちがって五奉行はそんな石高高くない。

267: 名無し 2018/03/21(水) 17:25:19.05
>>260
何代も政治家やってきたような家の当主と
親がリーマンの事務次官みたいなもんだな

271: 名無し 2018/03/22(木) 00:03:13.76
広島東洋カープの小早川さんも裏切って何処かの球団にFA移籍した。

272: 名無し 2018/03/22(木) 00:07:50.56
1991年頃からチームは監督の山本浩二の下で
野村謙二郎や前田智徳ら若手が台頭する一方
小早川は先発を外されることが多くなり
またファーストを守る選手の増加に伴い
(ルイス・メディーナ、御船英之、山田和利、ルイス・ロペスなど)
スタメン争いが白熱して年齢的にも彼らの中で最年長だったこともあり
三村敏之監督就任1年目1994年以降は完全に控えに回る

1996年オフに戦力外通告を受け、球団から解説者としての再就職や指導者転向打診されたが、現役続行を希望し自由契約となり、ヤクルトに移籍

広島東洋カープの小早川さんは裏切ってなかった
カープから戦力外通告を受けた

273: 名無し 2018/03/22(木) 00:09:14.98
広島東洋カープの小早川さんは裏切ってなかった

小早川、ごめんなさい。

276: 名無し 2018/03/22(木) 00:18:00.77
ほんとわしら徳川方は人気無いな

291: 名無し 2018/03/22(木) 16:06:29.96
>>276
糞漏らし狸とその仲間たちとか人気が出るほうがどうかしてるしな
でも後を引き継いだ世良田二郎三郎は上手く立て直したと思うよ

304: 名無し 2018/03/24(土) 04:07:19.44
>>291
世良田二郎三郎は家康の父親が名乗っていたからな。
今さら、家康の父ちゃんが出でて来てもなあ
因みに世良田家は新田氏の嫡流

278: 名無し 2018/03/22(木) 00:24:10.38
小早川秀秋1人裏切っただけで負けるとか西軍の層薄過ぎだろ
大谷も逆恨みすんなや小早川秀秋を頼りにし過ぎやろ

282: 名無し 2018/03/22(木) 01:01:51.92
>>278
小早川の15000は兵力的に西軍の主力級。
それが後ろから襲いかかってきたら
もう、その時点で西軍は戦争にならん。
それに大谷は5万石。
率いてた兵力はかき集めて3000の小身でどうしようもない。

283: 名無し 2018/03/22(木) 02:07:59.93
>>282
そもそも小早川は東軍という説もあるからね
小早川家を潰そうとしてたのは石田三成、
それを阻止して小早川を助けた徳川家康 だしね。

288: 名無し 2018/03/22(木) 12:59:55.34
>>282
西軍兵力では宇喜田秀家が18000人で福島正則軍の目の前で5段構えの陣形だったと言われている。
南宮山の毛利軍は主力の輝元代理の秀元15000 毛利軍付僧安国寺 長曽我部元親 吉川広家らで総勢3万いたが吉川広家が内通して毛利軍の降下をブロックしちまった。

285: 名無し 2018/03/22(木) 09:08:15.80
>>278
本陣真裏からの奇襲だからね
本陣壊滅で指揮系統が乱れて壊滅させられた方は負けてしまう

大坂夏の陣でも真田幸村が家康本陣を狙って突撃を仕掛け、家康は東軍の本陣の混乱ぶりに首を取られて徳川側敗北も意識したという

本田忠勝が本陣壊滅寸前に気づいて間に合わなかったら、家康の首は幸村に取られて徳川敗北になり日本のその後の歴史はものすごく変わっていた

忠勝が間に合うか間に合わないか
その時間はわずか5分程度だったといわれる

303: 名無し 2018/03/24(土) 04:00:59.33
>>285
あの時点で家康が死んでも大勢に影響は無かっただろう
ほとんどの武将は徳川政権を頼るしか無かったからな
家康が討たれても秀頼は切腹して果てたし
豊臣家が消え失せるのは確定だったんだよ

294: 名無し 2018/03/23(金) 07:16:49.98
総大将はあくまでも毛利だろ。
大将にやる気がないんじゃ勝てるわけない。
その上、子分格の石田とかが大将面して出しゃばって、
雰囲気ぶち壊しじゃん。

298: 名無し 2018/03/23(金) 10:54:34.15
>>294
一応毛利は大坂城に留まった輝元の代わりに息子の秀元が兵15000で南宮山の最上部に陣取っていた。

しかし先陣は亡くなった元春から代わった吉川広家だった上に既に徳川から毛利の領土は安堵するという工作に乗せられて一度も動かず、安国寺らが出馬を催促しても飯の時間だからと取り合ってもらえず南宮山の毛利軍と長曽我部元親軍は全く戦えなかった。逃亡した長曽我部元親軍は浅野・山内軍に追撃される始末。

後小早川が寝返った時に同時に赤座 朽木らも寝返ってる。
その小早川が大谷吉継に突入して行った際に大谷軍が既にそうなることを備えて体制を立て直していて一度は小早川軍を押し戻している。

296: 名無し 2018/03/23(金) 07:27:32.63
この人って無双だかバサラで出て来て有名になった人でしょ。
ゲームの影響ってスゲーなw
それまでまったくの無名だったのに。
聞いたことすらなかった。

302: 名無し 2018/03/24(土) 03:51:51.64
>>296
古い大河ドラマでも登場シーンあるし無名ちゃうやろ
ちなみに無双とバサラ両方に出てる

300: 名無し 2018/03/23(金) 12:37:47.38
真田丸のこの人の描き方はよかったわ
今まで癩病に罹ってからの姿しか出てこなかったからね

67: 名無し 2018/03/19(月) 21:26:54.79
負けたとは言え尊敬すべき武将だな