1: 名無し 2019/01/10(木) 23:09:37.625 ID:da6Tc7TX0
初見じゃマーニーはアンナの妄想としか見れなくてつまらんのが惜しい

3: 名無し 2019/01/10(木) 23:11:12.227
ロリババアと孫の百合じゃん

7: 名無し 2019/01/10(木) 23:12:52.898 ID:da6Tc7TX0
>>3
と思うじゃん?
違うんだよなぁ
主題に気づけばとても面白いんだけど
普通に見てたんじゃ気づかない

5: 名無し 2019/01/10(木) 23:11:55.248
ゲド戦記のあたりからつまんなくなった

6: 名無し 2019/01/10(木) 23:12:20.900
マーニーは結構好き

10: 名無し 2019/01/10(木) 23:14:31.883
普通に面白い百合映画じゃん

12: 名無し 2019/01/10(木) 23:14:38.500
2回見れば十分だろ

9: 名無し 2019/01/10(木) 23:14:06.907 ID:da6Tc7TX0
マーニー=アンナの祖母
という構図自体が正解だけど間違ってる

13: 名無し 2019/01/10(木) 23:15:31.165 ID:da6Tc7TX0
マーニー=アンナ
という構図が見えてくると
この映画はすごく深くて面白い

15: 名無し 2019/01/10(木) 23:16:50.530
実は小さい頃婆ちゃんに聞かされてた話ってのが陳腐だと思った
もっと精神的な存在でいて欲しかった
途中から男ができて認識されなくなったりしたところで
もっと面白い展開にできた気がする

18: 名無し 2019/01/10(木) 23:19:14.991 ID:da6Tc7TX0
>>15
そこは表面的な部分だけなんだよ
祖母の昔話に沿っていく中で
自分が嫌いな自分を肯定しようとするのが主題のお話

22: 名無し 2019/01/10(木) 23:22:23.959
>>18
主題はそれでもいいんだけど
なんか作品のギミックっていうか
主題を導く描き方がもうちょいなんとかなった気はする

26: 名無し 2019/01/10(木) 23:25:45.424 ID:da6Tc7TX0
>>22
「自己肯定」という主題について直接的な説明がまったくないからな
初見者は
「マーニーは祖母のことでした!」
という種明かしだけで満足してしまう

「マーニー=アンナ自身」ということを意識して2回3回とみると、
細部がとてもよく作られている作品だと気づく

29: 名無し 2019/01/10(木) 23:26:49.263
>>26
そうなんか
今度金ローでやったらそういう風に見てみるよ

33: 名無し 2019/01/10(木) 23:31:20.806 ID:da6Tc7TX0
>>29
自分自身がきらいなアンナが
マーニーという妄想の中の祖母の力を借りて
自分を肯定していく物語
という観点からぜひ見てみてほしい

16: 名無し 2019/01/10(木) 23:18:06.261
マーニーにおまかせを!

19: 名無し 2019/01/10(木) 23:20:09.591
>>16
アメリカのホームドラマ風にするな

28: 名無し 2019/01/10(木) 23:26:27.073
>>16
no title

35: 名無し 2019/01/10(木) 23:34:08.836
>>28
かわいいなぁ
アニメ化すべき

20: 名無し 2019/01/10(木) 23:20:40.340
なんつーか解釈の幅を狭めたよ最後に
もっと見る人によって捉え方が変わるような映画にすれば
映画オタクは喜んだはず
その方が簡単に人の心に入り込めるし

21: 名無し 2019/01/10(木) 23:20:42.018
ジブリ作品あんま好かんけどマーニーは好き

32: 名無し 2019/01/10(木) 23:30:19.267
マーニーやハウルは児童文学として世界中で評価が高いから
それを下地にしてるんだから当然良いものができる
と思ったけど

世界で最も優れたファンタジーの一つと言われてるゲド戦記が
映画になった途端あんなことになっちゃったしなw

24: 名無し 2019/01/10(木) 23:24:04.637 ID:da6Tc7TX0
最後らへん
マーニーが「私を許して」とアンナに叫ぶシーン
唐突過ぎて意味がわからんという奴が多いが
あそこだけはマーニー=祖母の本当の想いなんだよな
幼いマーニーを残して死んでしまうことに対する祖母マーニーの懺悔

どこかでアンナに対して言ったことをアンナが思い出したのか
そう思っていることを幼いころに感じ取ったアンナが反映したのか
わからんが、とても良いシーン

30: 名無し 2019/01/10(木) 23:28:19.386 ID:da6Tc7TX0
例えば
アンナはマーニーの子供時代の姿を知らない
でも想像の世界ではマーニーを作り出してる

マーニーの容姿は自分の容姿を基にしているから
マーニーとアンナの顔が重なる演出があったり
ポスターが2人の背中合わせになったりしている

31: 名無し 2019/01/10(木) 23:29:39.732 ID:da6Tc7TX0
アンナとマーニーがお互いの境遇を話し合う場面
特にアンナが助成金について話す部分は
自分を否定したいけど肯定したい葛藤が見て取れる

34: 名無し 2019/01/10(木) 23:33:14.112 ID:da6Tc7TX0
アンナ=マーニーということは、
マーニーの発言は、自分自身の隠れた思いでもある

だからマーニーが「あなたが好きよ」というのは
アンナ自身が本当は自分自身を好きでいたいという現れでもある

もちろん祖母自身の愛も含まれてると思うけど

36: 名無し 2019/01/10(木) 23:42:24.461 ID:da6Tc7TX0
杏奈がマーニーに自分の心を投影して自己肯定していく物語という構造が
初見でわからないのは監督の力量不足なのか
それとも何度も見ることでわかることを前提に作られたのか

俺もたまたま
「マーニー=杏奈の気持ちそのもの」という考えを知って
たまたま何度も見る状況だったから
見るたびに面白くなっていっただけだった

ぜひ次に思い出のマーニーを見るときは
「マーニー=実は祖母」というミステリやホラーみたいな見方じゃなくて
上述が主題ということを念頭に見てほしい
そのために作られたシーンが多いことに気づくはず