1: 名無し 2018/07/06(金)22:12:20 ID:fO0
2017年に世界一周した際に、中東を旅したときの思い出です。
質問とかしてくれる人がいたら答えつつ、たんたんと画像と説明を貼ってきます。

いろんな国にいってるので中東のこと以外でもOKです。
よく質問されるけど、薬剤師を半年やって、残りの半年を海外一人旅してる感じです。

南アジアを抜けて、UAEでだらだらしつつも
ヨルダンにたどり着いたところからスタートします。
1年ちょい前の旅を思い出しながら書くことになるので、
前回の帰国直後に書いたアフリカ編みたいなリアルタイム感はないと思うけど、
少しでも楽しんでもらえたらいいなと思います。
2: 名無し 2018/07/06(金)22:16:48
怖い思いとかなかったの?
期待

4: 名無し 2018/07/06(金)22:18:09 ID:fO0
>>2
中東ではホントに何もなかったねー
見てる人からしたら
アクシデント無しはつまらないだろうから申し訳ないけど。

3: 名無し 2018/07/06(金)22:17:01 ID:fO0
ヨルダン
首都 アンマン
人口 1000万人
言語 アラビア語
宗教 イスラム教スンニ派
国境を有する国 シリア イラク イスラエル パレスチナ サウジアラビアの5カ国
治安 地図上では爆薬庫のような位置にあるが、治安は良いことで有名。
中東の緩衝地帯と言われたりする。

UAEを出国し、空路でヨルダンの最大空港であるクイーンアリア国際空港へ。
機内食のカレーがおいしかった。
カレーってどうなってもおいしいからホントにすごいと思う。
no title

空港を出たところでなびくヨルダン国旗。雰囲気があっていいね。
エアポートタクシーの乗り場もここにあった。
no title

ここからはヨルダン最大の名所 ペトラ遺跡 の最寄りの町であるワディムーサへ向かう。
砂漠のど真ん中に作られたデザートハイウェイを数時間もひたすら突き進む。
途中で運ちゃんがコーヒーをおごってくれた。
中東のコーヒーはなんというか特有の味をしていておいしい。
no title

5: 名無し 2018/07/06(金)22:19:47
現地の食べ物は?

6: 名無し 2018/07/06(金)22:21:20 ID:fO0
>>5
ホンムスっていうひよこ豆のペーストとか
ファラフェルっていうひよこ豆のコロッケとかがメジャー。
あとは中東はケバブ屋がどこにでもある。
画像もアップするね。

12: 名無し 2018/07/06(金)22:28:03
>>6
ありがと!

18: 名無し 2018/07/06(金)22:32:41 ID:fO0
>>12
遺跡から帰ったらごはんいくから待ってて

22: 名無し 2018/07/06(金)22:35:16
>>18
はーい!^_^

7: 名無し 2018/07/06(金)22:22:15 ID:fO0
ワディムーサ到着。

途中通過したカラク城では、
半年ほど前にイスラム過激派によるテロが起こっていたため、
道中ではたびたびチェックポイントが設けられていた。
パスポートの提示や簡単な質問が主で、日本人だとまず引っかからないと思われる。
この手の検問では日本人と分かった時点でそのまま何もなく終わることが多い。

首都のアンマンもそうなんだけど、ヨルダンは建物にあまり色がついてなくて、
どの建物も土色というか砂漠になじむような色合いになっている。
no title

no title


昼の町も雰囲気がなかなかあって好きだけど、夜もいい感じでした。
no title

no title

8: 名無し 2018/07/06(金)22:24:23
夜郊外にでれるほどの治安がいいのか

10: 名無し 2018/07/06(金)22:26:19 ID:fO0
>>8
ヨルダンは中東の国の中ではかなり治安が良い。
もともとイスラム国家は強盗とか殺人とかの一般治安に関しては良い方だけど
テロの一撃の威力とインパクトがすごいから酷く見えてしまう。
ヨルダンはテロや紛争も周辺国に比べてかなり少なくて比較的安全と言える。

9: 名無し 2018/07/06(金)22:24:36
治安的にはそこらへんは大丈夫なの?
ヨルダン以外にもいくの?

13: 名無し 2018/07/06(金)22:28:58 ID:fO0
>>9
ヨルダンを抜けてイスラエルやパレスチナにもいくよー
そのあとヨーロッパを横断する。今回は中東部分の一部抜粋です。
UAEは過去何回か、今回もヨルダンの前にいってるけど
あまりにも言うことないのでカットしたw

11: 名無し 2018/07/06(金)22:27:00 ID:fO0
いよいよペトラ遺跡へ。
ここはバックパッカーになる以前から
本当に行きたいと思っていた場所だったので、
朝からもうわくわくが止まらなかった。

ゲートを越えるともう完全に不毛の大地という感じで、
ところどころに遺跡がある以外は砂と岩の世界。
no title

no title


岩と岩の間を進んでいく。
数百メートルくらい進むとエルハズネ(宝物殿)が見えてくる…
no title

no title

no title

冒険好きの自分にはここはたまらなかった。
ラクダもたくさんいる。ラクダは予想以上に背が高い…
no title

no title

no title

no title

14: 名無し 2018/07/06(金)22:29:39
>>11
これはインディジョーンズ3みたい^_^

15: 名無し 2018/07/06(金)22:30:21 ID:fO0
>>14
大当たり!ペトラ遺跡は本物のインディジョーンズのロケ地!

16: 名無し 2018/07/06(金)22:30:57
>>15
やっぱり

ほとんどそのまんまで使ってたんやね^_^

17: 名無し 2018/07/06(金)22:31:31 ID:fO0
ペトラ遺跡はあまりにも広大なため、
1日では主要ポイントを巡るくらいしかできない。
トレッキングコースなども内部にたくさんあり、
2日券や3日券を買ってゆっくり巡るのがおすすめだ。

ただ、基本的に徒歩以外の移動手段がないため、
体力に加えて水分補給や紫外線対策は必須。
ロバやラクダに乗って移動することもできるけど、
お金もとられるし大して実用的なわけでもない。

あたり一面がこういう不毛の大地で、ところどころに遺跡があらわれる感じ。
砂漠地帯で熱波もすごいし、結構ガチで体力勝負ですここ。
no title

no title

no title

no title


あんまり地図を確認せずに階段を登って行ったら、
いつの間にかトレッキングコースに入ってた。
山頂部には生贄を処刑していた祭壇なんかがあった。
no title

no title


完全に迷い込んだわ。正規コースに帰りたい…
どうやら山頂にいた観光客はそのままUターンして帰ったらしい。
山の逆側に突き進んだ結果、わけのわからんとこへ行ってしまう。
ところどころ小さな遺跡があった。
no title

no title

no title

no title

19: 名無し 2018/07/06(金)22:33:48
すごい光景だね
ラクダいっぱいおるん?

21: 名無し 2018/07/06(金)22:35:12 ID:fO0
>>19
いっぱいおる。
ベドウィンっていう地元の民族がロバやラクダで商売してるけど、
ここらへんにいる連中はファッションなのか本物なのか不明。
遺跡の奥地には本物がいる模様。

20: 名無し 2018/07/06(金)22:34:06
散策も命がけ

24: 名無し 2018/07/06(金)22:37:03 ID:fO0
>>20
メインルートはまだ人が通るけど、
はずれのトレッキングルートは場合によっちゃほんとに命がけ。
ルートもないし、日陰も少ないし、どこが道かわからんし、
水が尽きたりケガしたらかなり危ないね。

23: 名無し 2018/07/06(金)22:35:49 ID:fO0
途中で砂漠や枯れ川を抜けて、なんとかメインルートまで戻れてひと安心。
ここからは山頂にある神殿を目指してひたすら登る。また登るのか。。
no title

no title

no title

そこそこのガチ登山を終えて山頂へ着くと
エドディルと言われる修道院が見える。
この高い山の山頂にこれを作ったのはすごいと思う。
no title

no title

ちなみにここ、なぜかポケストップになっている。
リアルに伝説ポケモンが登場していい立地にあると思う。
no title


山を登ってきたので、
エドディルの裏手にはヨルダングランドキャニオンと言われる光景が広がる。
no title

no title

色々動いてとにかく疲れたので、ごはんがおいしかった。
牛だったかラムだったか忘れちゃったけどシチューみたいなのと、ケバブサンド。
no title

no title

朝ごはんもいく!

25: 名無し 2018/07/06(金)22:37:57
海外言ったことないな
国内全部制覇してからにしようと思ってる

26: 名無し 2018/07/06(金)22:39:20 ID:fO0
>>25
それもいいと思う!
海外はアドベンチャー度がかなり高いので
国内と違う刺激が欲しくなったぜひ。

27: 名無し 2018/07/06(金)22:39:43 ID:fO0
翌日はペトラ遺跡に向かう前に地元のレストランで朝食をとった。

手前にあるのがこっちではド定番のホンムス。
いつでもだいたいこれがでてくる。
ひよこ豆のペーストにニンニクやオリーブオイルを付け合わせたもの。
奥にあるのがひよこ豆のコロッケのファラフェル。
no title

このサラダはたぶんタブーリっていうやつ。
パセリを切り刻んでトマトとレモンといっしょにしたようなものだったと思う。
味はさわやかで食べやすくておいしい。
no title

食べてる最中に隣のおっちゃんに話しかけてみた。
ゴリゴリのイスラムスタイルのかっこをしていて、
名前もムハンマドだった。
ペトラ遺跡はすごいよかったよと言うと喜んでいて、
ワディラムという場所もおすすめしてくれた。
今回はもうアンマン行きの手配をしちゃってたので行けなかったけど、
次は行きたいなあワディラム。

28: 名無し 2018/07/06(金)22:43:07
>>27
豆が主食なんかな
どんな味なんやろ

31: 名無し 2018/07/06(金)22:44:46 ID:fO0
>>28
ホンムスは見かけも謎だけど味もうすくて、
はっきり言ってうまいかまずいかの判断もできない感じやな
マヨネーズとかとは比較にならんほど味うすい
ファラフェルに付けて食べると中東の味を感じられるよ

32: 名無し 2018/07/06(金)22:46:00
>>31
なるほど
豆のペーストだとなんとなくそんな感じになるやろね

味付けすぎるとおかずになりそうやし

29: 名無し 2018/07/06(金)22:43:19
岩肌が綺麗

33: 名無し 2018/07/06(金)22:46:09 ID:fO0
>>29
岩にそのまま遺跡を掘ってるとことかすばらしいよね!
観光客に公開されてる部分は全体のわずか1%ほどなんだって
ほぼ全域が未公開状態だからポテンシャルすごい

30: 名無し 2018/07/06(金)22:43:27 ID:fO0
2日目はもう写真の紹介は流しながらいくけど、
そこら中にある遺跡を歩きながら回る。
この2日間はとにかく暑くて日陰もないし、
日焼けもとんでもないことになっていた。
ペトラ遺跡は広大すぎて1日中歩き回ってもまだまだっていう感じだからね。

ひたすら歩く
no title

no title

no title

no title

そして遺跡無双
王族のお墓とかだったかなあ
no title

no title

no title

no title

こんなとこもある
no title

no title

途中もうしんどくなって2時間くらいレストランで休憩してたな。
でもここは冒険好きの遺跡好きにはホントにたまらない場所だと思う。
ずっと来たかった場所だったけど、完全に期待以上だった。
ガイドブックだとエルハズネがどーんと写って終わりだけど、他もすばらしい。

34: 名無し 2018/07/06(金)22:47:08 ID:fO0
世界遺産では恒例の日本国旗。
日本は史跡の修復や保全に協力してることが非常に多く、
全世界のいたるところで日本国旗が見られる。
道路や橋の建設でも同様。現地の人も、
どこの国の人が直してくれたり作ってくれたかということを意外に知っている。
no title

毎日同じレストランに通ってたら、
定員のおっちゃんがサービスでケーキをくれた。
これ現地で有名なケーキなんだけど名前は忘れてしまった。
ハチミツかなにかがほんのり甘くておいしい。
歩き回った身体にしみる。
no title

今さらだけどペトラ遺跡の地図とトレッキングルート。
地図外の場所にも歩き回れる場所がふつうにあり、
現地ガイドがいないともはや一人ではいけない場所もあるそうだ。
no title

no title

ちなみにこれだけ広大なのに、
観光客へ公開されている部分は遺跡全体のわずか1%と言われている。

35: 名無し 2018/07/06(金)22:47:18
サムネを老眼が見ると
全部オレンジ色っぽい岩壁みたいやな^_^

39: 名無し 2018/07/06(金)22:49:13 ID:fO0
>>35
砂の色がいいよねー
太陽の光のあたり方で時間帯が変わるとまた見え方が変わってくる。
最初にあげたエルハズネも朝と夕方で全然違うよー

36: 名無し 2018/07/06(金)22:47:45
ものすごく魅力的な写真ばかり
行ってみたくなるなぁ

40: 名無し 2018/07/06(金)22:50:05 ID:fO0
>>36
実物のスケールは写真の100倍以上なのでぜひいってみて欲しい!
ここは人も少なくてホントに大冒険してる気分になるよ

37: 名無し 2018/07/06(金)22:47:49
10枚目の画像は劇場っぽい

41: 名無し 2018/07/06(金)22:50:44 ID:fO0
>>37
アンマンにも同じカタチのがあってそっちのはローマ劇場っていうから、
劇場っていうので当たってるかもしれない!

42: 名無し 2018/07/06(金)22:51:38 ID:fO0
大満足のペトラ遺跡を終えて、翌日からは首都のアンマンに向かう。
ヨルダンは周辺国に比べて治安や政情が安定していることで有名で、
例えば隣国のシリアで問題が起きたときには、
各国は治安の安定しているヨルダンに対策本部を置くことが多い。
というわけで、シリア危機以降は
各国がこのアンマンにあらゆる対策本部を展開している状況だ。
なんせ国境を有する国がシリアにイラクにイスラエルにパレスチナなので
その使用頻度は高い。

ワディムーサをあとにし、ミニバスにゆられること数時間でアンマンへ到着した。
さすがに首都だけあって建物の数が多い。色が無色なのはワディムーサと同じだ。
no title

no title

no title

バスターミナルはえらく郊外にあったけど、
宿はアンマン中心部でとったので頑張って移動した。
色んなお店がたくさんある。
no title

no title

no title


ケバブ屋台がとにかく多くて、自分が好きなこともあってよく通っていた。
彼らたぶん主食なみに食べてるんじゃないかな。
no title

no title

43: 名無し 2018/07/06(金)22:53:19
政治的にも中立な国なのだろうか 

46: 名無し 2018/07/06(金)22:57:05 ID:fO0
>>43
シリア、イラク、イスラエル、パレスチナ、サウジアラビアに
周囲を囲まれるすごい立地だけど、
ヨルダンは戦争紛争も少なくテロも少ない。
危険度の高い周辺国とうまくやっていく術にたけてるんだろうな。
ちなみにヨルダンは王国で、今の王様は
イスラム国に自分で戦闘機を操縦して爆撃しにいってる説がでるくらいおもしろい。

44: 名無し 2018/07/06(金)22:54:17 ID:fO0
泊まっていた宿はアンマンの中心部にあり、
オーナーのムハンマドはすごく親切で色々助けてくれた。
会う人の名前がムハンマドばっかりで、
それがイスラム色の強い国であることを感じさせてくれる。

ムハンマドはエジプト出身で、
英語は苦手だったみたいだけどなんとかコミュニケーションはとれていた。
day after tomorrowは明日のことだと思われるけど、
tomorrow tomorrowって言ったらあさってのことだとわかってくれた。

朝食は彼が毎朝手作りでつくってくれて、味もおいしかったしよかったなあ。
no title

no title

自分と同じ30歳前後より上の年代の人たちはみんなわかると思うんだけど、
イスラム過激派に拉致されて斬首されてしまった
香田証生さんが拉致直前の最後に宿泊していた宿が
徒歩5分くらいのところにあった。
当時の名前のマンスールホテルに加えて、
今はコーダホテルとも呼ばれている。看板にも香田さんの名前が。
no title

今は当時とはオーナーが変わってしまってるけど
営業は続けられているそうだ。
シャッターが降りていると思いきや写真左手が入口です。

45: 名無し 2018/07/06(金)22:56:32
コーダホテルって

47: 名無し 2018/07/06(金)22:57:39 ID:fO0
>>45
イスラム過激派に拉致されて殺されてしまったコーダさんやね…

48: 名無し 2018/07/06(金)22:58:29 ID:fO0
翌日はアンマン市内の観光でもしてみることにした。
アンマンは市内には見どころが少ないものの、
歩き回ったりタクシーを拾ったりしながら観光してみた。

ローマ劇場
アンマン市内では数少ない観光地のひとつ。
チケット売り場はあったけど、なぜかお金はとられなかった。
no title

no title

no title

アンマン城
ここは立ち止まって地図を見ていたら、
地元の少年が寄ってきて道案内してくれた。
信号待ちしてただけで横のパン屋からでてきた店員がパンもくれたし
みんな親切だ。石投げてきたやつもいたけど笑

城のあった跡地で城本体はもうない。
丘の上なのでアンマン市内が一望できるのがいいところ。
no title

no title

no title

おそろしいほど人がいなかった大型ショッピングモール。
昼ごはんもおいしかったけど、7upの缶と対比して魚と米のでかさを感じてほしい。
no title

no title

no title

no title

晩ごはんはローカルな店で食べた。
no title

49: 名無し 2018/07/06(金)23:00:41
付け合せはピクルスかな?

50: 名無し 2018/07/06(金)23:01:50 ID:fO0
>>49
そうだね、ピクルス
海外ではよくでてくる

このビリヤニみたいなのはちょっと何かにおいが強めだったな、肉かな?
味はおいしかったんだけど

51: 名無し 2018/07/06(金)23:02:25 ID:fO0
この日はアンマンを離れて周辺の名所をめぐる。
周辺とはいっても、この日だけで数百キロレベルの移動だ。
車をチャーターしたけど、ムハンマドの友だちが運転してくれるから安心だった。

まずはヨルダン最北部のウンムカイスという場所に向かう。
国境ぎりぎりの場所で、まさにヨルダンのはしっこ。
シリアとイスラエルが同時に見渡せる朽ち果てた遺跡だ。

場所はここらへん。現地で実際にGPS拾ったところ。
左にイスラエル、右にシリア、正面に両国の領土係争エリアのゴラン高原がある。
ゴラン高原は国際的にはシリア領と認知されているけど、
例によってイスラエルが腕力によってぶんどって実効支配中。
no title

遺跡はもはや完全に朽ち果てている。
自分以外に観光客は誰もいなかった。というより、人が全くいない。
no title

no title

no title

no title

ガケからはゴラン高原が見渡せる(真ん中の黄色いの)。
ゴラン高原の左奥にあるのがイスラエルのガリラヤ湖。
右奥にさらに向かうとシリア首都のダマスカス。
no title

no title

あと、ここに来るまでに海抜ゼロメートル地点を示す石碑があった。
死海はここよりさらに低い。
no title

52: 名無し 2018/07/06(金)23:06:32
地図みたけどもうダマスカスまであと少しやん
大丈夫やったん?

53: 名無し 2018/07/06(金)23:07:50 ID:fO0
>>52
砲撃音というかなんというかすごい重い低音のゴゴゴ…っていうのは聞こえたけど、
ダマスカスってそんなに派手な戦闘状態までいってないと思うんだよね
だから何か別の音だと思ってる 戦闘じゃないような気がするなあ

56: 名無し 2018/07/06(金)23:10:29 ID:fO0
ウンムカイスをあとにして、アジュロン城。
アンマン城と違ってこっちはしっかりと原型をとどめている。
山頂にあるため眺めもばつぐんだ。
no title

no title

中も迷路みたいだけどたのしかった。
no title

no title

no title

次はジェラシュっていう遺跡。
ここもなんで世界遺産になってないのか不思議なくらいだった。
no title

no title

no title

no title

ヨルダンは遺跡好きの人間にとっては聖地といっても過言ではないだろう。
遺跡で名を馳せるカンボジアもミャンマーもインドネシアももちろんよかったけど、
もともと憧れていた場所だけあってヨルダンは本当に楽しめた。

旅行者が少なくてごちゃごちゃしてないところもよかった気がする。
本当に探検、冒険しているような気分にさせてくれる。

57: 名無し 2018/07/06(金)23:12:32
中東ってカレーっぽいの?
メシ辛いですか?

58: 名無し 2018/07/06(金)23:14:22 ID:fO0
>>57
飛行機の中ででてきたけど、実際はカレーはそんなにないですよ
中東のご飯は基本的には辛くないです

ただ、どこのレストランもなかなか1人向けになってなくて、
注文するたびにすごい量の盛り方でくることが多いですね

59: 名無し 2018/07/06(金)23:14:53 ID:fO0
宿へ戻るとムハンマドがロビーで友だちとしゃべっていた。
今日はたのしかったよという報告もそこそこに、自分も一緒に会話にまぜてもらう。

この後はイスラエルに陸路でいく予定だったので、
国境の情報も地元の人たちに聞いておきたかった。
国境の状態というものは常に流動的に変化するので、
ここらへんの情勢が変化しやすい国々ではそういった情報がとても大事だ。

ヨルダンからイスラエルへ陸路国境を越えて入国する際には、
キングフセイン橋という越境ポイントがぶっちぎりで有名で、
95%の旅行者はここを使う。
自分もそこを使うつもりだった。

ムハンマドの友だちは英語が上手で、
国境へ向かう際の注意点などをとてもていねいに教えてくれた。
ひとつ興味深かったのは、
ヨルダンの人たちはイスラエルのことをパレスチナと呼ぶことだ。
やっぱりアラブ人の彼らにとっては、
イスラエルはパレスチナの領土を横取りしたという扱いで、
今もイスラエルはパレスチナなんだろう。
まあそれは間違いないんだけど。

イスラエルにいきたいんだけど…→そうか、パレスチナにいくのか

イスラエルにいってきた!→そうか、パレスチナはどうだった?

みたいな感じのやりとりになる。
自分もここから先は相手によってどちらを使うかを対応させていた。

60: 名無し 2018/07/06(金)23:15:55
>>59
繊細な問題なんだろうな

61: 名無し 2018/07/06(金)23:17:09 ID:fO0
>>60
このあとにいくイスラエル&パレスチナでは本当に実感したね。
乗るバスも人種で分けてるんだよ彼ら。
危険物チェックされるのもパレスチナ人だけ。

62: 名無し 2018/07/06(金)23:19:12 ID:fO0
翌朝はキングフセイン橋へ向かう。
国境までは例のムハンマドの友だちのおっちゃんが
乗っけていってくれることになった。いい人だし安心だ。

途中、おっちゃんがあれがシリア大使館だと教えてくれる。
市中から離れただだっぴろいところにポツンとあるので、
なんでこんなところに建ってるのか聞いてみる。
自爆テロなどの攻撃対象とされすぎるので、
市中からまわりに何もないこっちへ移ってきたらしい。
なるほど納得…

途中では、また海抜ゼロメートルポイントを突破してどんどん下る。
ペットボトルが外側から大気圧に押しつぶされるという
飛行機の中とは真逆の現象が起こる。
no title

キングフセイン橋に到着。
よくお礼を言っておっちゃんとお別れ。
ヨルダン側をいよいよ出国だ。

63: 名無し 2018/07/06(金)23:20:12
その大使館とかの写真がないのは撮るとまずいから?

64: 名無し 2018/07/06(金)23:23:08 ID:fO0
>>63
本当にその通りだね
大使館や裁判所や政府や警察に関する施設はめちゃくちゃうるさい
アンマンの裁判所の建物がキレイだったから
写真撮ろうとしたときの反応がすごかったな

道路に止まってた警察のでっかいバスみたいなのからワラワラでてきて怒られた
撮ろうとしてる時点では何の建物かわからなかったのよ

65: 名無し 2018/07/06(金)23:24:10 ID:fO0
ここで余談になるけど
バックパッカーでない人たちは知らないかもしれないので念のため解説。

イスラエルの入国スタンプがパスポートに押されてしまうと、
それ以降は周辺のアラブ諸国やイスラム国家等に入国拒否されてしまう。
それはその国にとってイスラエルが敵国であり、
一度でもイスラエルへ入国したものは
スパイやテロリストなどの嫌疑がかけられることになるからだ。

そのため、イスラエル入国の際にはパスポートに入国スタンプをもらう代わりに、
特別におねがいして別紙にスタンプを押してもらうのが旅行者の通例になっている。
そうすることで、パスポートにはイスラエル入国の形跡が一切なくなり、
他国への入国も可能になる。

ちなみに、パスポートはあらゆる身分証の中でも
トップクラスに取り扱いがシビアな書類であり、
簡単に交換したり作り直したりすることは難しいが、
イスラエルの入国スタンプが押されてしまった場合は
日本でも特例的にパスポートを作り直すことができる。
それは他国への入国が禁じられる不利益性があまりにも大きいからだろう。

イスラエルイミグレの入国審査は世界有数の厳しさで有名だけど、
英語が不自由だったり、相手の機嫌を損ねてしまったことで、
パスポートにスタンプを直接ガチャン…!とされてしまう人もたまにいる。
こうなると周辺国への移動ができなくなってしまい、なかなか大変なのだ。

バックパッカー界隈では超有名な話ですが、以上余談終わり!

66: 名無し 2018/07/06(金)23:25:26
>>65
興味深い

67: 名無し 2018/07/06(金)23:27:27 ID:fO0
>>66
後で書くけど、スタンプ以外にもパスポートに貼られるシールも危険。
シールを剥がした跡からイスラエル入国歴を読まれるときがあるので。

68: 名無し 2018/07/06(金)23:28:37 ID:fO0
ヨルダン側出国審査は出国税の支払い方がちょっとめんどくさかったけど、
あとはX線検査と書類記入くらいで簡単だった。

スムーズに終えて緩衝地帯(両国のイミグレの間)を抜けるバスに乗り込む。
セキュリティとかの都合で強制的にカーテンは閉められてしまっていたけど、
隙間からはキングフセインブリッジを渡っていく様子が見てとれた。
外はイスラエル兵の数が尋常じゃない。
no title

いよいよイスラエル側の入国ボーダーへ到着。
ここからは結構めんどくさかったなあ。
何をすればいいのかわからんカウンターがたくさんあって、
ひとつずつ手続きをしていかないといけなかった。
荷物の個数を申請したり、X線を通したり、パスポートに謎のシールを貼ったり。
いろいろあるんだけど、手順がどこにも書かれてないから
手さぐりと聞き込みでなんとか突破。

世界一うるさいイミグレーションなのでカメラなぞ出せるはずもなく写真はなし。

69: 名無し 2018/07/06(金)23:31:10
その国境は通過する人は結構おるんか?

70: 名無し 2018/07/06(金)23:32:36 ID:fO0
>>69
めっちゃおるで
抜けたところはパレスチナ自治区やからパレスチナの人たちが盛りだくさん
ユダヤ人はこの国境を使うことはまあないんじゃないかなあ

71: 名無し 2018/07/06(金)23:33:17 ID:fO0
やっとこさで入国審査の列へ並ぶ。
日本人にも全く容赦のないウルトラ厳しいことで有名な
イスラエル入国審査のため、しばし様子を見た上で、
どの審査官の列に並ぶかをよく吟味してから並んでみた。
もう1年も前の話なので、
ひとつずつ全部を憶えてるわけじゃないけど憶えてる項目はこんな感じ。

どこへ行くの?
→エルサレム

何日いるの?
→4日間(実際はもっと滞在するかもだけど

どこに泊まるの?
→***ホテル

なんだそれ?本当にあるのかそのホテルは?
→間違いない。もう予約したよ。

なら、予約の証明書を見せてくれ
→もちろん

ここに何泊するの?
→3泊

本当に行き先はエルサレムだけ?4日も滞在するのに。
→エルサレムだけだよ
(本当はベツレヘムもいくけどパレスチナ自治区の名前だすのめんどくさい

エリコとかベツレヘムとか
(要するにパレスチナ自治区にも)にも行くんじゃないの?
→今回は4日しかないからエルサレム近郊にしかいかないよ
(当たってる!ご名答!!

イスラエルからはどうやって出国するつもり?
→陸路でここからヨルダンに戻って、
 空路でUAEに抜けるつもりだよ。

審査官はここでしばらく悩んで、
首をかしげながらもパスポートを返してくれた。

72: 名無し 2018/07/06(金)23:33:43 ID:fO0
という感じで、自分の場合はかなりマイルドな入国審査だった。
ぬるすぎて拍子抜けしてしまった。
定番の「イスラエルに友達はいるの?」からの
どう答えても攻められるコンボパターンも自分にはこなかった。
スマホやカメラの写真を見せる準備も、
持っているメールや本を英訳して
伝えるテンプレ質問の準備もちゃんとしていたのに。

他の人たちの旅レポを読む限りは、相当攻められたり、
別室送りにされている人たちもかなり多いので、
もしかしたら最初の審査官の吟味が有効だったのかもしれない笑
あとは質問される内容に対してかなり早くレスポンスしたのもよかったかも。
悩むスキを見せずにポンポンポンという感じで進んでいったので。

入国審査は空路で入出国するときの厳しさが特に尋常じゃないようで、
個人面接が複数回あったり、
荷物は全てひっくり返してひとつずつ確認していったりするみたいなので、
空路のときは陸路に比べてかなりの心の準備をしておいた方がいいだろう。
下着姿にされて髪の毛の中までチェックされる人が日本人でも本当にいるそうだ。
まあ日本人はイスラエルで大規模テロに成功した数少ない人種だからね。

73: 名無し 2018/07/06(金)23:36:41
ユダヤ人がパレスチナ自治区通ることはあんまりないのか

75: 名無し 2018/07/06(金)23:39:15 ID:fO0
>>73
あんまりないっていうか、
イスラエル人がパレスチナ自治区に入ることはかなりの危険を伴うみたいやで
両国間のボーダーには、この先は命の危険があるだのなんだの
警告が長々と書いてあるからな…

74: 名無し 2018/07/06(金)23:37:14 ID:fO0
ちなみに、ちょうどこの2017年かその前年頃の話なんだけど、
別紙スタンプがちゃんとした書類みたいなフォーマットのものに代わっていて、
今ではノースタンプを要求しなくてもおそらくこの書類がもらえて
パスポートは無傷で切り抜けられると思われる。
ただ、状況がまた再び変わってスタンプ式に逆戻りしたりするなど、
パスポートにスタンプを突かれる可能性はないことはないと思うので、
イスラエル入国の際には十分注意しておこう。

なにはともあれこれで国境を突破。
ついにイスラエルへ入国できた。

イスラエルというものの、
実際にはキングフセイン橋を越えて越境したところは
パレスチナ自治区になっている。
いわゆるパレスチナ自治区のヨルダン川西岸地区(ウエストバンク)
と言われる場所だった。
ちょっと下にあるのが有名な死海。
no title

ここからはミニバスでパレスチナ自治区を横断してエルサレムまで移動した。
パレスチナ自治区へはまた後日に再訪することになる。 


リンク
ヨルダン編(この記事)
イスラエル・パレスチナ編