1: 名無し 2019/06/10(月) 19:48:56.41 ● BE:151915507-2BP(2000)
女系認めるイギリス

■日本とイギリスでは何が異なるのか?

 この問題を考えるうえで、イギリス王室の例がよく引き合いに出されます。
「イギリスにはエリザベス女王がおられるのに、なぜ日本は女性天皇が認められないのか」
「チャールズ皇太子が即位すれば女系王になる、なぜ日本は女系天皇が認められないのか」
などの声があります。
※省略 

 12世紀、イギリスで初めて女王が出ました。イングランド王ヘンリー1世は男子の継承者がなく、娘のマティルダを王位継承者としたのです。しかし、マティルダは従兄との王位継承戦争に巻き込まれたため、父王の死後、ほんのわずかな期間、在位したにすぎず、追い出されてしまいます。 

 マティルダはフランス貴族のアンジュー伯と結婚しており、男子がいました。このマティルダの子が力をつけ、イギリスに攻め込み、イギリスの王位継承権を獲得、1154年、イギリス国王ヘンリー2世となります。ヘンリー2世は女系王として、プランタジネット朝を創始します。 

 こうして、イギリスでは、女王(マティルダ)と女系王(ヘンリー2世)の前例がつくられました。この前例から派生したイギリスの王族子孫らは、女王や女系王を否定することができなくなります。それでも、王位継承の男子優先という原則が守られたため、その後、しばらく女王は出ませんでした。 

■女系で広がった王位継承権の拡大 

 14世紀、フランス王シャルル4世が継承者を残さず没すると、イギリス王エドワード3世は自らの母がフランス王家の出身であることを理由にフランス王位を要求します。フランスはこれを認めず対立、百年戦争がはじまります。 

 エドワード3世はフランスにおいては女系になります。イギリスでは、女系にも王位継承権が認められていたので、エドワード3世はフランス王位継承権を自らの権利であると主張したのです。 

 イギリスのように、女系王容認という立場であれば、母が外国からやってきた場合、その子には母の出身国の王位継承権があるということになります。母、祖母、祖々母とさかのぼって、母系の出身国のすべてに、王位継承権があるという理屈になります。 

 そして、ここが非常に大事なところなのですが、逆に、他国に嫁いだイギリス王族女性の子にも、王位継承権があるということです。例えば、スペイン王に嫁いだイギリス王族出身の女性から生まれた子孫はすべて、 
女系子孫として、イギリス王位継承権があるということになります。つまり、その場合、スペイン王族がイギリス王位継承権を主張することができるわけです。このように、女系継承により、際限なく、王位継承者が広がるのです。 

 実際、現在のイギリスの王位継承者は約5000人もいます。その中には他国の王も含まれます。 

 主な継承者とその順位の例として、ノルウェー国王ハーラル5世は第68位、プロイセン王家家長ゲオルク・フリードリヒ・フェルディナントは第170位、スウェーデン国王カール16世グスタフは第192位、デンマーク女王マルグレーテ2世は第221位、 
ギリシャ王妃アンナ=マリアは第235位、ギリシャ国王コンスタンティノス2世は第422位、オランダ前女王ベアトリクスは第812位、オランダ国王ウィレム=アレクサンダーは第813位となっています。 



7: 名無し 2019/06/10(月) 19:56:33.19
でも百年はやってないんだろ?

10: 名無し 2019/06/10(月) 19:58:51.01
>>7
116年だね

14: 名無し 2019/06/10(月) 20:01:01.19
>>7
慢性化した病気みたいに
ダラダラと戦争してるのかしてないのか
良くわからない期間を挟んでたような記憶がある

16: 名無し 2019/06/10(月) 20:05:05.75
>>14
あの時代の技術や農作物の生産力じゃ
まともに100年戦争するなんて無理・

どこの国も農期で忙しい時は、戦争を
一時中断なんてあったわけだし

21: 名無し 2019/06/10(月) 20:08:34.48
>>16
戦費はフランスはジェノバに
イギリスはベネツィアに外債引き受けて貰ってたんだぜ
イタリアルネッサンスが花開く一因になった

8: 名無し 2019/06/10(月) 19:57:37.74
この当時のフランスはイギリスで
イギリスはフランスだった
わかるかなぁ?わかんねえだろうなー

9: 名無し 2019/06/10(月) 19:58:02.71
西欧の王族貴族って他国同士で、血や家系が混ざり合ってるからね

見方を変えれば、日本の大名家同士の政略結婚と同じだな

68: 名無し 2019/06/11(火) 04:37:55.41
>>9
ヨーロッパって隣の国が
日本でいう隣の県みたいな感覚だろうからね。

11: 名無し 2019/06/10(月) 19:59:41.28
紀州から将軍迎え入れたようなもんだろ

12: 名無し 2019/06/10(月) 20:00:11.49
欧州の王室は女系男系で区別は少ないけど血統は死守するよな
日本は男系に固執するけど
一旦養子に入ればお家は存続だから

22: 名無し 2019/06/10(月) 20:09:57.63
>>12
女系可の王室は欧州でも少ないで
イギリスは歴史的経緯から女系可になったのよ

18: 名無し 2019/06/10(月) 20:07:02.58
百年戦争といい革命戦争といい
中世フランスでグダグダ状態下からの粘り腰は凄い

24: 名無し 2019/06/10(月) 20:12:54.03
ヨーロッパの王族は親戚みたいなもの
江戸時代の大名が嫁取り、婿取り、養子取りで縁戚関係なのと同じ

29: 名無し 2019/06/10(月) 20:25:36.63
ヨーロッパの王族はみんな繋がりがあるんだから
女系だろうが男系だろうが関係ない
日本の皇室とは異質なんだって前提を無視しても意味がない

30: 名無し 2019/06/10(月) 20:26:54.61
歴史が違う
日本は側室制度がある
キリスト教国には認められていない

32: 名無し 2019/06/10(月) 20:32:08.81
スウェーデン・ベルナドッテ王朝とかいう
先代と血の繋がりも無かった継続王室

44: 名無し 2019/06/10(月) 20:43:40.19
>>32
ナポレオンの妹の旦那(もちろん軍人)だっけ
要はスウェーデンの王様の先祖てフランス人?

46: 名無し 2019/06/10(月) 20:52:12.20
>>44
イギリスもドイツ系だし

48: 名無し 2019/06/10(月) 20:58:29.78
>>46
イギリスは男系がドイツなだけで女系はイギリスだろ
スウェーデンはフランスの田舎出身の軍人を血縁無しに王に招いた

35: 名無し 2019/06/10(月) 20:34:35.85
そもそも現イギリス王室の祖はウィリアム征服王で
フランス人なのに血筋もクソも無いだろ

37: 名無し 2019/06/10(月) 20:36:33.31
そもそもジョンがやらかさなきゃ
フランスの半分ぐらいはイギリスの領土だった
ジョン

39: 名無し 2019/06/10(月) 20:37:27.75
>>37
何したの?

47: 名無し 2019/06/10(月) 20:55:44.19
>>39
人類の法制史上で極めて重要な
マグナカルタ(大憲章)を制定した偉大な王や

兄貴もリチャード獅子心王と呼ばれ優秀だった

40: 名無し 2019/06/10(月) 20:37:42.72
>「イギリスにはエリザベス女王がおられるのに、
 なぜ、日本では女性天皇が認められないのか」
「チャールズ皇太子が即位すれば女系王になる、
 なぜ、日本では女系天皇が認められないのか」

何で一々、イギリスに合わせなきゃならんのだ
じゃあ、イギリスに合わせて消費税も20%にするか?

41: 名無し 2019/06/10(月) 20:38:26.61
そもそも日本の皇室は王室ではないしなあ
神道の祭祀の役割があるから男系のみの設定になっている

52: 名無し 2019/06/10(月) 21:32:35.61
>>41
バチカンの法王が男だけなのはおかしいって所に繋がるしね

49: 名無し 2019/06/10(月) 21:10:11.57
欧州には天皇に匹敵する存在が無いよな
バチカンも全てを支配下におけてるわけじゃないしね

50: 名無し 2019/06/10(月) 21:22:41.41
>>49
900年代のカペー家ってのがおって
西フランク王国として西欧の覇者になり
その子孫がブァロワ朝やブルボン朝とかのもとになり
千年間近くフランスの王家として君臨し
今のスペイン王室やルクセンブルク大公の男系の祖でもあり
オーストラリアやシチリアやナポリや各地の王家でもあったんや

55: 名無し 2019/06/10(月) 21:47:49.99
フランスは男系貫いたやろ?
まあイギリスに嘴挟ませないためだろうが

60: 名無し 2019/06/10(月) 22:50:00.49
>>55
サリカ法の問題じゃなかったか?



(wikiより)
サリカ法典は、
フランク人サリー支族が建てたフランク王国の法典。
ラテン語で記述されており、編纂にあたっては
ローマ人の法律家の援助を得たと言われているが、ローマ法とは異なり、
金額が固定された金銭賠償(贖罪金)に関する規定が主であり、
自力救済を原則としていたことにも特色がある。
また、サリカ法の相続条項を拡大解釈して
女王及び女系継承を禁じたフランス王国の王位継承法と、
それに準じた他国の相続方式も、しばしば便宜的にサリカ法と呼ばれる。
リンク
「サリカ法wiki」

78: 名無し 2019/06/11(火) 20:14:25.55
>>60
イギリスから女系での王位継承権持ち出されたんで
サリカ法持ち出して対抗した
カペーの男系は今でもオルレアン派だなんだと栄えてる

74: 名無し 2019/06/11(火) 12:39:33.06
サリカ法典に基づいた相続法があるかないかの違い
英米はサリカ法の影響がないので女子の相続が認められる
一方フランス、ドイツなどの大陸系の法は
サリカ法影響を受けているので女子の相続は不可
マリアテレジアの相続が認められなかったため
七年戦争が起きた