【フランク王国の発展】
メロヴィング朝 5世紀半-751年 
〔クローヴィス〕
・フランク王国を建設 →アタナシウス派キリスト教に改宗
〔クローヴィス王以後〕
8世紀前 メロヴィング王家の衰退、宮宰カロリング家の成長 

732年 トゥール・ポワティエ間の戦い:フランク王国 vs. ウマイヤ朝 
→フランク王国宮宰カール・マルテルがウマイヤ朝を撃退 


カロリング朝 751-987年 
〔ピピン〕
751年 メロヴィング朝を倒して王位につき、カロリング朝を建てる 
756年 ランゴバルト王国を討ち、ラヴェンナ地方をローマ教皇に寄進 

〔カール大帝〕
・ ザクセン人、アヴァール人を征服 
・ 伯(州長官)、巡 察 使(伯を監督) 
・ カロリング・ルネサンス:神学者アルクィンらによるラテン文化復興 

800年 ローマ教皇レオ3世からローマ皇帝の冠を受ける(カールの戴冠) 


【ローマ・カトリック教会とギリシア正教会】
五本山
ローマ・コンスタンティノープル・アンティオキア・イエルサレム・アレキサンドリア 

6世紀 ローマ教会(教皇グレゴリウス1世)がゲルマン人に布教 

726年 ビザンツ皇帝レオン3世の聖像禁止令 →ローマ教会は反発、フランク国王に接近 

フランク王国の分裂
カール大帝の帝国 → 3つに分裂〔843年ヴェルダン条約〕 〔870年メルセン条約〕 
・フランス:カペー朝(987-1328年)、初代国王ユーグ・カペー、王権弱い
・イタリア:分裂 
・ ドイツ:国王オットー1世 
      マジャール人を撃退し王権強化→ローマ教皇からローマ皇帝の冠を受ける 

ノルマン人(ヴァイキング)の侵入
・ 北ヨーロッパ(デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)に定住 
・ 9世紀頃から船で南下、各地に国を建てる 

・北フランス:ノルマンディー公国、指導者ロロが建国 
・南イタリア・シチリア島:両シチリア王国(12世紀前) 
・ ブリテン島 
5世紀半 アングロ・サクソン7王国(ヘプターキー) 
9世紀前 エグバートが7王国を統一(イングランド王国) 
9世紀末 アルフレッド大王がデーン人(デンマーク系ノルマン)の侵入撃退 

1016年 デンマーク王クヌートがブリテン島を征服 
→彼の死後、アングロ・サクソン人の王国復活 

1066年 ヘースティングズの戦い(ノルマン・コンクェスト) 
・ ノルマンディー公ウィリアムがブリタニア島を征服 
→ノルマン朝(1066-1154年)を建国(初代国王ウィリアム1世) 

○ ロシア:ノヴゴロド国(9世紀:指導者リューリク)→キエフ公国(9-13世紀) 
占領したのは“ルーシ”と呼ばれるスウェーデン系ノルマン人

ビザンツ帝国(東ローマ帝国)(395-1453年)
・ 皇帝教皇主義:皇帝がギリシア正教会を直接支配 
・ ビザンツ様式の教会建築:モザイク壁画 

皇帝ユスティニアヌス
・ 『ローマ法大全』の編纂、ハギア(セント)・ソフィア聖堂 

皇帝レオン3世
726年 聖像禁止令→ローマ教会の反発 

〔9-10世紀〕皇帝権力は強力
・ 軍管区制(テマ制) 
1) 全国をいくつかの軍管区に分ける 
2) 軍管区長に行政権を与える 
3) 軍管区長が農民に土地を与え、農民が軍役を負う(屯田制) 

修道院
〔6世紀〕モンテ・カシノ修道院:ベネディクトゥスが開設、「祈り、働け」 
〔10世紀〕クリュニー修道院:聖職売買などを批判→教会改革運動 
〔12世紀〕シトー派修道会:大 開 墾に活躍 

ローマ・カトリック教会の権威
叙 任 権 闘 争:聖職者の叙任(任命)権をめぐる教皇と皇帝の争い 
ローマ教皇グレゴリウス7世vs. 神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世
1076年 教皇グレゴリウス7世が皇帝ハインリヒ4世を破門 
1077年 カノッサの屈辱:皇帝ハインリヒ4世が謝罪 
1122年 ヴォルムス協約:教皇と皇帝の妥協 

教皇権威の高揚 
13世紀初 教皇インノケンティウス3世:権力の絶頂期 →ジョン王(イギリス)を破門 

【十字軍】
11-12世紀 
三圃制の普及→農業生産の増大→ヨーロッパの拡大 
・  セルジューク朝:イェルサレムを支配、ビザンツ帝国を圧迫→ローマ教皇に援助を依頼 
・クレルモン宗教会議:教皇ウルバヌス2世が十字軍遠征を決定

〔第1回〕イェルサレムを占領しイェルサレム王国を建国 
〔第2回〕失敗
〔第3回〕神聖ローマ、仏、英が参加 アイユーブ朝(指導者サラディン)に敗北 
〔第4回〕ヴェネツィア商人が暴走→コンスタンティノープルを占領しラテン帝国を建国
〔第5回〕失敗
〔第6回〕失敗
〔第7回〕失敗
〔その他〕ドイツ騎士団:バルト海沿岸に領土を開いた宗教騎士団(13世紀) 

商業ルネサンス
(海港都市)
ヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサ:香辛料・絹織物を輸入 
(内陸都市)
ロンバルディア同盟:フィレンツェ、ミラノ:金融業 

〔北ドイツ〕
ハンザ同盟:リューベック、ハンブルク、ブレーメン:海産物・木材・穀物 

〔フランドル地方〕
ガン、ブリュージュ:毛織物工業 

〔シャンパーニュ地方〕
定期市

【中世都市】
○ 自治の獲得←皇帝・国王から特許状を得る 
・北イタリアの自治都市(コムーネ):周辺農村を支配し都市国家を形成 

○ ギルド 
・ 商人ギルド:大商人の組合、市政を運営 
・ 同職ギルド(ツンフト):手工業者の組合、親方のみが組合員に 
・ ツンフト闘争:同職ギルドが商人ギルドと争いながら市政に参加 

○ 富豪の支配 
・ フィレンツェのメディチ家    
・ アウグスブルクのフッガー家 

○ 農民の富裕化 
・ 黒死病(ペスト)の流行→農業人口の減少→農民の待遇向上 
・ 農奴身分から解放→独立自営農民(イギリスのヨーマンなど) 

【農民反乱】
・ジャックリーの乱(フランス) 
・ワットタイラーの乱(イギリス) 

【教皇の権威衰退】
アナーニ事件
フランス国王フィリップ4世が教皇ボニファティウス8世を襲撃 
↓↓↓
教皇のバビロン捕囚
教皇庁をローマからアヴィニョン(南フランス)へ移転
→フランス国王が教皇を支配 
↓↓↓
教会大分裂(大シスマ)
アヴィニョン教皇とローマ教皇とがたがいに正統性を主張し対立 
↓↓↓
コンスタンツ公会議
・ローマ教皇を正統とする→シスマ終了 
・ウィクリフ(イギリスの聖書主義者)を異端とする 
・フス(ベーメンの教会改革者)を異端とし火刑 
↓↓↓
フス戦争
フス派のチェコ人〔負〕vs.神聖ローマ皇帝〔勝〕 

【イギリスとフランス】
〔イギリス〕プランタジネット朝
・ヘンリ2世:フランス西部も領有 
・ ジョン王:フランスにおけるイギリス領の大半を喪失 
大憲章(マグナ・カルタ)→新たな課税に貴族の承認必要 
・ ヘンリ3世:シモン・ド・モンフォール議会
・ エドワード1世:模範議会

〔フランス〕カペー朝
・ フィリップ2世:王領地拡大(←イギリスのジョン王より土地を奪う) 
・    ルイ9世:異端アルビジョワ派を平定→南フランスを支配 
・ フィリップ4世:三部会(聖職者・貴族・平民の代表) 

百年戦争:イギリス〔負〕vs.フランス〔勝〕
〔契機〕フランドル地方(毛織物)をめぐる対立 
フランスでヴァロワ朝が成立 
→イギリスのエドワード3世がフランス王位継承を主張 

・イギリス軍のエドワード黒太子がフランスに侵攻 
・フランス国王シャルル7世の時
 農民の娘ジャンヌ・ダルクが活躍 →フランスが勝利 

バラ戦争(イギリス):ランカスター家vs.ヨーク家 
・ テューダー朝の成立 
・ ヘンリ7世:星室庁裁判所(王権への反対者を処罰) 

【ドイツの分裂】 
神聖ローマ皇帝の権力衰退
・大空位時代:皇帝不在の約20年 
・金印勅書:皇帝カール4世が発布 
→ 7人の諸侯(7選帝侯)に皇帝選出権を与える 
→ 神聖ローマ帝国は約300の領邦に分裂 

【イタリアの分裂】
教皇党(ゲルフ)と皇帝党(ギベリン)とが抗争
〔南〕両シチリア王国 
→ ナポリ王国とシチリア王国に分離(13世紀)
 
【イベリア半島】
11世紀 キリスト教勢力による国土回復運動(レコンキスタ) 
1479年 アラゴン王子フェルナンドとカスティリャ王女イサベルの結婚 →スペイン王国 
1492年 スペイン王国がグラナダ(ナスル朝)を占領 

【デンマーク、スウェーデン、ノルウェー】
カルマル同盟(デンマーク女王マルグレーテ主導で3国が同君連合) 

【イタリアのルネサンス
イタリア戦争
・ フランス国王vs.神聖ローマ皇帝・スペイン国王(ハプスブルク朝) 

・ ヒューマニズム(人文主義、人間主義) 
※フィレンツェのメディチ家による支援

〔文学〕
ダンテ『神曲』(トスカナ語で書く)    
ボッカチオ『デカメロン』 
マキァヴェリ『君主論』
ボッティチェリ『ヴィーナスの誕生』

〔絵画〕
レオナルド・ダ・ヴィンチ『モナ・リザ』『最後の晩 餐』
ミケランジェロ『最後の審判』『ダヴィデ』
ラファエロ『聖母子像』 

〔建築〕
ブラマンテ『サン・ピエトロ大聖堂』(カトリックの総本山) 

イタリア以外のルネサンス
〔文学〕
エラスムス『愚 神 礼 賛』(聖職者の腐敗を風刺)
トマス・モア『ユートピア』(理想社会から現実を風刺) 
モンテーニュ『随 想 録』 
チョーサー『カンタベリ物語』:庶民が登場 
シェークスピア『ヴェニスの商人』『ハムレット』 
セルバンテス『ドン・キホーテ』(没落する騎士) 

科学と技術
○ 3大発明(中国→イスラーム世界→ヨーロッパへと伝わる) 
・火薬
・羅針盤→遠洋航海が可能に  
・活版印刷(ドイツ人のグーテンベルクが改良)

○ 地動説
・ コペルニクスが主張  
→ガリレイ(イタリア)が実証 
→天動説にもとづくカトリック教会の世界観が崩れる 

【中世アジア】
ティムール朝(都:サマルカンド)
・ティムールが建国

オスマン帝国(都:アドリアノープル) 
バヤジッド1世
1396年 ニコポリスの戦い:バルカン諸国・フランス・ドイツ連合に勝利 
1402年  アンカラの戦い:ティムール朝に敗北 → 一時衰退 

メフメト2世
1453年 コンスタンティノープルを占領、ビザンツ帝国を滅ぼす 
→首都をイスタンブル(コンスタンティノープル)に 

セリム1世
1517年 マムルーク朝を滅ぼす 
→エジプト・シリアを支配、メッカ・メディナの両聖都を保護 

☆スレイマン1世☆
・ ハンガリーを征服 
1529年 ウィーン包囲(第1次):オーストリア(ハプスブルク家)と対決 
1538年 プレヴェザの海戦:スペイン・ヴェネツィア連合に勝利 
→地中海の制海権をにぎる 
《オスマン帝国の支配》
・ カピチュレーション:フランス商人に帝国内の居住・通商の自由を与える 
・ イエニチェリ軍団:キリスト教徒から強制徴収した歩兵軍団 
・ ミッレト制:キリスト教徒・ユダヤ教徒の共同体(大幅な自治を与える) 

サファヴィー朝:シーア派
・ イスマーイール1世が建国

☆アッバース1世☆
・ 首都イスファハーンを建設

ムガル帝国(都:デリー)
ガズナ朝→ゴール朝→デリースルタン朝→ムガル帝国
・ バーブルがロディー朝を倒し、建国 

☆アクバル☆
・ 首都アグラを建設 
・ ジズヤ(人頭税)を廃止 

シャー・ジャハーン
・ タージ=マハル廟:王妃のために建設

アウラングゼーブ
・ジズヤ(人頭税)を復活 
→マラータ王国(ヒンドゥー教徒)の独立、シク教徒の反乱 
 
【大航海時代】

ポルトガル王国(都:リスボン)
15世紀初   航海王子エンリケ:アフリカ大陸西岸の探検 
1488年 バルトロメウ・ディアス:喜 望 峰に到達 
1498年   ヴァスコ・ダ・ガマ:インド西岸(カリカット)に到達 
1500年        カブラル:ブラジルに漂着 

・ アジア貿易(インドのゴア) 

       スペイン王国(カスティリャとアラゴンが合併)
1492年 コロンブス:サンサルバドル島に到達 
・ イタリア人ジェノヴァの商人 、 スペイン女王イサベルの支援を受ける 
・ トスカネリの地球球体説を信じて西進 

→アメリゴ・ヴェスプッチ:新大陸をアメリカ大陸と命名 

1519年 マゼラン:世界周航を達成 、フィリピン

コルテス:アステカ文明を滅ぼす  ピサロ:インカ帝国を滅ぼす

宗教改革
・ カトリック教会を批判するキリスト教の改革運動(プロテスタント) 
・ ハプスブルク朝はカトリック教会を支持 

○ ルター(ヴィッテンベルク大神学教授)の宗教改革 
・ ローマ教皇レオ10世が免罪符を販売 (サン・ピエトロ大聖堂の新築資金調達のため) 
1517年 ルターが『95ヶ条の論題』を発表、免罪符を批判 
1521年 ヴォルムス帝国議会:神聖ローマ皇帝カール5世がルターを召喚
ルターが新約聖書をドイツ語訳(ザクセン選帝侯の保護下で) 

1524年 ドイツ農民戦争(指導者ミュンツァー) →ルターは反乱農民の鎮圧を主張 
1546年 シュマルカルデン戦争 
カトリック(旧教) ⇔      プロテスタント(新教)
・ 神聖ローマ皇帝カール5世      ・ ルター派諸侯
・ 皇帝派諸侯            (シュマルカルデン同盟を結成)  

1555年 アウグスブルクの和議 
・ 諸侯はカトリックかルター派かの宗教選択権をもつ 
・ 領民個人の宗教選択権はなし →ルター派はドイツ北部、北ヨーロッパに普及 

〔スイス〕
○ ツヴィングリ:チューリヒで宗教改革 
○ カルヴァン:ジュネーヴで禁欲的な神権政治 
・『キリスト教綱要』の著者 
・ 予定説:人が救われるか否かは神が予め定める 
・ 職業労働(営利・蓄財)を肯定 →西ヨーロッパに広く普及(商工業者) 

○ プロテスタントの呼び名
・ユグノー(フランス)
・ピューリタン(イングランド)
・ゴイセン(ネーデルラント)
・プレスビテリアン(スコットランド) 


対抗宗教改革:カトリック教会の勢力立て直し
○ イエズス会 
・ スペイン人イグナティウス・ロヨラが結成 
・ ヨーロッパ内外でカトリック布教(1549年 フランシスコ・ザビエル来日) 
○ トリエント公会議:教皇の至上権を確認

〔イギリス〕テューダー朝
○ ヘンリ8世:王妃との離婚問題から教皇と対立 
1534年 首長法(国王至上法):イギリス国教会を創設、首長は国王 

○ メアリ1世:カトリック復活をめざす 

○ エリザベス1世 
1559年 統一法:イギリス国教会を確立