443: 名無し 2017/03/11(土)21:29:19 ID: ID:mdo
2011年:レッドブルRB7・ルノー(セバスチャン・ベッテル)
若くしてチャンピオンを獲得したベッテルが2年連続で王者や
全19戦のうちベッテルが予選で15回ポールポジションをとって
決勝では11勝したんやで
チャンピオンをとったベッテルと2位の選手とのポイント差は
122ポイントという大差やった

勝てなかったレースは8戦あったけども
2位とか3位フィニッシュだったので安定して速かった
リタイヤがたったの1回というのはかなり驚異的や

ここまで速かった理由としては
デザイナー(F1設計者)のエイドリアン・ニューウェイ先生の功績が大きいで

かなり攻めたデザインで車体後部の絞り込みが相当凄い事になってるンゴ
エンジンやギアボックスを設計する人の努力も凄いけど
ここまで攻めたデザインで安定して速いっていうのはたまげたなぁ

その他にも前に書いたブロウンディフューザーを武器にして
常に有利な状況で戦ったで

Fダクトやマルチディフューザーは既に禁止済みで
その技術によってアドバンテージを持っていたチームは辛かったと思う
まぁブロウンディフューザーも禁止する前提で規制がかかってたりはしたんやけどね

ちな2010年でブリジストン(タイヤメーカー)は撤退して
新たにピレリっていうメーカーが参入して供給を開始したで
1566586110

444名無し 2017/03/11(土)21:42:30 ID: ID:mdo
・DRS(ドラッグリダクションシステム)
 「空力パーツは稼働させたらダメやで」
 という規定を一部撤廃して稼働できるようになったで

そのシステムがDRSや

写真上が通常の状態
写真下がDRS作動時
リアウィングの1枚目の角度が変わっているんや
(PETRONASと書いてあるほうのウィング)

目的としてはオーバーテイク促進のため
バトルがないからつまらないンゴって事で
ストレートでウィングを寝かせて空気抵抗を減らして
ストレートスピードを上げて前の車を抜きやすくした

誰もがいつでも無限に使えるわけではなく
前の車と競っている時(1秒以内後ろにいる時)に
後ろの車がストレート区間のみで使えるという事になってたで

そうする事で後ろの車が追いつきやすくなって
コーナーの飛び込みで抜けるんちやうかって言う寸法や

マシンの性能差やドライバーの技術で競わせるんじゃなくて
こういう「作られた」装置で演出するのはどうなん?っていう批判は結構あったンゴ
1566586240

442名無し 2017/02/27(月)18:02:54 ID: ID:1dH
・Fダクト
何とかしてダウンフォースを得たろ!
というのがマルチとブロンディフューザーやったが
このFダクトはストレート限定でダウンフォースと空気抵抗を少なくして
最高速度を伸ばしたろっていう考えのもと開発されたで

イメージとしては
コーナー区間ではいつも通りウィングの作用でダウンフォースを生み
ストレートになるとウィングを寝かせて空気抵抗減らして最高速を伸ばすかんじや

過去にはウィングの角度を可変させるマシンもあったけどそれは禁止
せやから気流の流れをコントロールして
疑似的にウィングの角度を変えるのと同じような効果を狙って開発されたで
作動させるためにはドライバーが手や肘とかを使って
コクピット内の穴を塞いで空気の流れ道を変える必要があった

名目上は「ドライバーにフレッシュな空気を送り込んであげるためやで」
とかそんな感じだったから
露骨に電動でオンオフする事は出来なかった

物凄くザックリ書いてしまえば
「運転中にたまたま通風穴を塞いだらストレートスピード上がっちゃった」
という事やね

時速300キロで片手運転は危ないしまた抜け穴突かれた運営は2011年で
Fダクトを禁止にしたで

まぁ再登場するんやけど

写真と言ってもノーズについてる小さな空気の入り口と
リアウィング直前にある空気の吹き付け口しか外見には出てこないから
全容は良く分からないんや

誰かが書いた想像図を貼っておくで
内部的な多分こんな感じなんやろね


1566586107

445名無し 2017/03/12(日)21:36:28 ID: ID:wNt
2012年:レッドブルRB8・ルノー(セバスチャン・ベッテル)
この年もベッテルがチャンピオンを獲得したんやけど
前年前の楽勝とはいかず結構ギリギリでの王者獲得やったで

毎回の話やけど特定のチームが開発した有利なシステムはすぐに規制されるから
昨年までのブロウンディフューザーは禁止になったンゴ

そのせいもあってかシーズン中に優勝したドライバーは8人という接戦になった

特定のチームやドライバーが勝ちまくる構図に飽き飽きしていたファンにとっては
結構面白いシーズンだったと思うで

ただ、規則の変更によってマシンの外観は大きく変化して
その点では大不評だったんや

次の項目で簡単に紹介するで

1566586290

1566586296

446名無し 2017/03/12(日)21:50:00 ID: ID:wNt
・ノーズ形状の変化

走行風を床下に大量に流入させてディフューザーによって
ダウンフォースを発生させて速く走るのがF1や

紹介してきた通り90年代前半・中盤頃からより多くの空気を取り込むために
ノーズが上へ上へと持ち上げられてきたで

ノーズってのは見ての通りそこそこ鋭利な形状していてカーボンで出来ている
そんでドライバーの目線とほぼ同じ高さまでノーズが持ち上がってきた

「これクラッシュした時に他のドライバーに刺さったら危ないんちゃう?」

という事で他車に突っ込むようなクラッシュを想定して
ノーズの高さを低くするようにお達しが出たんや

でも設計者としては何とかノーズを持ち上げたままにしたい
苦肉の策として画像のようにノーズ先端だけ規則に合わせて低くして
その他は前年と同じようなデザインにして
繋ぎ目は段差を残したままになったんや

美的センスは人それぞれやから格好いい格好悪いは個人の感想やけど
担当したデザイナーですら「格好悪い」と言ってしまうから
やっぱり格好悪かったんやろね

例外的に段差を設けず滑らかに繋いだチームもあったけど
ほとんどのチームは段差ノーズを採用したで
1566586292

1566586299

1566586293

447名無し 2017/03/12(日)21:56:13 ID: ID:wNt
日本人ドライバーの話も触れておこか

ここまで書いてなかったけど
ザウバーから参戦していた小林可夢偉(こばやしかむい)が活躍したで

日本GPでは表彰台獲得して日本人ファンは熱狂したンゴ

可夢偉の事は知らなくてもあびる優と付き合ってたと言えば
思い出す人もいるかもしれんね
1566586297

1566586299_1

1566586301

448名無し 2017/03/22(水)16:25:21 ID: ID:q5M
アカン!今週末2017年シーズン開幕やんけ!
今週中に2013~2016年シーズン書かな
>>448
今週中に開幕なんか
ケーブルでやってたらちょっと見てみるわ
>>449
今は有料チャンネルでしか放送してないから
フジテレビNEXTに加入してないと視聴出来ないンゴ・・・
契約次第ではインターネットで視聴できる場合もあるから是非調べてどうぞ
後はDAZNっていう有料配信サイトやね
地上波放送してた頃に戻りたい・・・戻りたくない?
2013年:レッドブルRB9・ルノー(セバスチャン・ベッテル)
ベッテルが4年連続チャンピオンを達成や
昨年は割と他のチームも強かった印象やけど
13年シーズンはベッテルが19戦13勝
しかもシーズン後半は9連勝という圧倒的な速さでシーズンを終えたで

レッドブル以外のトップチームはFダクトの進化形や
DRSを利用してFダクトと似たような効果を得られる機構を開発したんやけど
それも13年シーズンは一部を除き禁止となってしまったンゴ

その影響もあってか結局はレッドブルの圧勝で終わった

とは言え
07年チャンピオンのライコネンが開幕戦で1勝
05・06年チャンピオンのアロンソが2勝
08年チャンピオンのハミルトンが1勝
ケケ・ロズベルグの息子であるニコが2勝

2013年時点での話やからこういった表現になってるけど
ハミルトンは後に2回ワールドチャンピオンを獲るし
ニコもチャンピオンに輝くで

結果としてはレッドブルの圧倒的な勝利やったけど
歴代チャンピオンたちもただただ大人しく走っていた訳では無かったんや
1566586328

1566586330

1566586329

1566586332

453名無し 2017/03/23(木)10:31:48 ID: ID:xws
この年は昨年の「段差ノーズ」問題を解消するために
化粧板の取り付けがOKになったで

要は見た目が良くないからカバーを取り付けてもええんやでというお達しや
フェラーリのノーズが一番分かりやすいから貼っておくで

他のチームも大なり小なり化粧板は付けていたんや
「化粧板は空力的に有利な形状にしたらダメやで」という規則はあったけど
そんなものを守るチームがいるわけないんだよなぁ

段差を埋めるという建前で化粧板を利用するチームもいたかもしれんね
(これはワイの勝手な想像)
1566586331

1566586333

454名無し 2017/03/23(木)10:44:09 ID: ID:xws
2011年からピレリっていうメーカーがタイヤを供給していたんやけど
どうも安全性(耐久性)に問題があって議論の対象となった

運営からの指示もあって耐久性抜群のタイヤというよりは
ある段階でグリップしなくなってタイヤ交換や
ドライバーの腕が試されるような性能になるように設計されていたんや

でもその性能低下があまりにも酷過ぎるって事でクレーム殺到
性能低下するだけならまだしもあるレースでは連続でバースト
(走行中にタイヤが破裂)する事態となって問題となった

時速300㎞走行中にタイヤが吹っ飛んだら
正直ドライバーに出来る事はほぼないんや
ストレートならまだしもコーナリング中にタイヤが無くなったら
バランス崩してあっという間にクラッシュや

そういう事もあってこの問題は長い期間揉める事になったで
1566586340

455名無し 2017/03/23(木)11:03:01 ID: ID:xws
ちなこの年が2006年から続いた2400ccV8自然吸気エンジン最後の年

2014年からは1600ccV6シングルターボへと改められるで
ターボエンジンは1988年シーズン以来の復活や

そんで今まではKERSという名称の運動エネルギー回生システムを使っていたけど

今度からは
MGU-H:熱エネルギー回生システム
MGU-K:運動エネルギー回生システム(KERSの進化版)

2種類のシステムを組み込んだマシンになるんや
より高度で複雑な技術が要求されるようになったF1は新しい時代を迎えるで

ここ数年はレッドブル1強やったけど勢力図は変わる
2014年:メルセデスF1 W05 Hybrid(ルイス・ハミルトン)
新たな時代の幕開け1年目はメルセデスのハミルトンがチャンピオンや
前のレスで書いた通りターボエンジン+ハイブリッド方式になって
勢力図が大きく変わった

メルセデスが19戦16勝
昨年まで四連覇していたレッドブルはわずか3勝という結果やったで
理由としてはレッドブルが使用していた
ルノー製PU(パワーユニット)に問題があった

(昨年まではエンジンと呼んでいたんやけど
 エンジンと各回生システムをまとめてパワーユニットと呼ぶようになった)

ターボエンジンに加えMGU-K/MGU-Hをゼロから新設計せなアカンようになった
従来のエンジン屋さんは開発に四苦八苦するんや
事前のテストではどのチームもレース完走できないんちゃうか?と
一部で言われてしまうほどに信頼性に問題があった

メルセデスはその問題に対処できてルノーは完全に対処出来なかった
フェラーリも同様

その証拠と言っては失礼かもしれんけど
ここ最近あまり活躍できていなかったウィリアムズが表彰台常連になったり
メルセデスを破って予選でワンツー獲得したりしたんや
ウィリアムズ・メルセデスという事でメルセデス製PUを使用していたからや

この年も外観に大きな変化があったり
重大事故もあったりした
その辺も簡単にやけど紹介していくで
1566586351

1566586345

1566586347

457名無し 2017/03/24(金)14:47:43 ID: ID:P4Q
・ノーズ形状の変化

ここ数年あれこれやってるノーズについての決まりなんやけど
この年は「昨年よりももっとノーズを下げるんやで」という規則になった

でも抜け道があって「先端は細くてもええんやで」という文章があったんや
勿論原文は厳密に断面積とかの寸法が示されているんやけど割愛するで

何度か書いてるけどチームとしてはノーズを高くして
マシンのフロア(床下)に沢山の空気を取り込みたい
でも規則で高くしたらアカンって言われてしまった

せや!先端だけめっちゃ細くしてノーズってことにしたろ!
根元は高い位置を維持するやで~

細かい説明は抜きにして画像を参照してどうぞ
1566586348

1566586349

滑り台だのアリクイだの男性器だの言われたい放題やった
中でもロータスは2本の牙のようなノーズを投入してきたで
まとめた画像では見えにくいから1枚別画像貼っておくンゴ

ちなみにこの「牙」は長さが微妙に違う
正面から見て左側が少しだけ長くなっていて
こちらがノーズの先端という扱いになっている

両方同じ長さやと2本ノーズが存在することになって規則違反になってしまうから
そこを回避した結果やね
これで中央部分から効率よく空気を床下へ送るという作戦や
458名無し 2017/03/24(金)15:21:41 ID: ID:P4Q
10月5日開催の日本GPでのジュール・ビアンキの死亡事故についても紹介するで

決勝レースは雨が降っていてとても滑りやすい路面やった
天候が回復しなくて赤旗中断があったりして難しいコンディションやったで

天候回復を待って再スタート
まぁトラブルでリタイヤする車もおったけどいつも通りのレース進行やった

事故が起こったのはまず43周目
ザウバーの1台がコントロールを失いコースアウトしてクラッシュ
直ちにこの区間はイエローフラッグ(追い越し禁止・安全のために減速)が
提示されたで

コースマーシャルが重機を使ってマシンを撤去しようと作業している所
その地点に通りかかったジュール・ビアンキのマシンが
同じ地点でコントールを失いクラッシュ

重機の下に潜り込むような形になって突っ込んでしまったんや

この事故を受けて46周目にレース終了
44周目までの結果が反映されてレースの順位が決定したで

ビアンキはすぐに病院へ搬送されて治療が行われたけども
意識が戻らないまま2015年の7月17日に亡くなった
まだ25歳というこれからの時期やったんや・・・
ビアンキの事故と
2015年にインディカーシリーズという別レースで起こった死亡事故によって
フォーミュラカーの頭部保護装置の導入検討が以前よりも活発にされるようになった

簡単に言えば屋根もしくは戦闘機のキャノピーみたいなのを
付ければええんちゃうかって話や

ここではあまり触れてなかったけど何度も議論されていたんや
2009年当時フェラーリに所属していたフェリペ・マッサは
前のマシンから外れて飛んできたパーツがヘルメットを直撃して重傷

同じく2009年にF2っていうカテゴリで走っていたヘンリー・サーティースも
似たようなパターンで前を走るマシンのタイヤが脱落
そのタイヤがコクピットを直撃して亡くなった

2012年はマリア・デ・ヴィロタ

そんで2014年はビアンキ
2015年は先述のインディに参戦していたジャスティン・ウィルソンが
飛んできたマシンの破片(ノーズの先端)が頭部を直撃して亡くなった

ビアンキやヴィロタの事故は重機やトラックに突っ込むという事故だったから
屋根を付けただけで回避できるかは微妙な所らしい

とはいえ
マッサ、サーティース、ウィルソンのような事故は避けられるんやないかって事で
F1での導入を目指して新しい保護装置が開発されているで

これは2011年にテストされたキャノピータイプの保護装置
フルカバータイプと頭上に空間の空いた2種類がテストされた
圧搾空気でタイヤを射出して衝突させる試験とかを行ってたで
1566586373

これはエアロスクリーンという呼ばれるタイプ
2016年にテストされた
現規格のマシンに合わせて無理やり設計されているから不格好やけど
エアロスクリーンありきでマシンをデザインすれば格好良くなるとも言われているで
1566586375

こちらも2016年にテストされたhalo
小さなパーツがドライバーへ当たるのは防げないけど
タイヤやノーズコーンといった直接死亡事故に繋がるような大きな部品の衝突は防げる
1566586374

キャノピーやスクリーン系の問題点として議論されているのは
オイルやタイヤカスで汚れてしまった場合の視界不良対策方法や
フルカバータイプの場合横転事故起こしてマシンが炎上した時に
速やかに脱出できるかどうか等が議論されているで
460名無し 2017/03/24(金)16:02:26 ID: ID:P4Q
これについては本当に色んな意見があってまだ決着はついていないンゴ
haloを2017年導入って話もあったけど延期されてる

「危険があるなら屋根付ければええやん」
「死ぬのが嫌なら乗らなければいいだけ」

色んな所でこんな感じの意見も見るけど
誰もが納得する名案を出すのっていうのは難しいやろね
この辺りの問題は近いうちに決着が出るはずやたぶん
2015年:メルセデスF1 W06 Hybrid(ルイス・ハミルトン)
この年もメルセデスの圧勝
そんでハミルトンが安定した強さで2年連続通算3回目のチャンピオンや

2013年まで圧倒的に強かったレッドブル・ルノーは低迷
これは昨年の項目でも書いたけど
PU関連で開発が上手く行かなかった事が原因や

ルノーと契約解除するかどうかという話が出るまで事態は深刻やった

2014年でレッドブルに見切りをつけたベッテルはフェラーリへ移籍
メルセデスが勝ちまくる中、フェラーリで3勝を記録したで

ちなこの年からマクラーレンはホンダと組んで
「マクラーレン・ホンダ」になった
1980年代90年代の組み合わせが復活や

ドライバーには
ジェンソン・バトン/フェルナンド・アロンソのチャンピオンを迎えて
参戦したけども
パワー不足&信頼性不足で残念ながら活躍することは出来なかった

1566586404

1566586406

1566586405

462名無し 2017/03/25(土)21:54:28 ID: ID:yZd
ドライバーについていくつか紹介するで

写真は2016年のスペインGPや
優勝者はマックス・フェルスタッペン
この時なんと18歳227日(1997年9月30日生まれ)

ベッテルの21歳73日という記録を大きく抜いてしまった
低年齢化は進んでいたけどもここまで来るとはたまげたなぁ

ちな2015年にデビューした時は
まだ17歳で運転免許すら持っていない年齢や
レーシングカートで経験を積みまくったというのもあるけど
近年はシミュレーターというトレーニングがかなり活用されている
今の規則では本物の最新型F1を使ってテストを勝手にするのは禁止されてるから
ゲームを物凄くリアルにしたようなシミュレーターで走りこむという方法が
当たり前のように行われているで

シミュレーターなら幾らぶつけようがスピンしようがお金はかからない
昔はシミュレーターでのトレーニングに懐疑的な意見もあったけど
F1は勿論の事他のカテゴリでもこの方式のトレーニングは欠かせない要素や

フェルスタッペンがレッドブルに乗って優勝したまでの経緯は色々あるけど
ここでは割愛

ちなみにこの件がきっかけとなって
F1ドライバーになれるのは18歳以上という規定が出来たで
細かく言えばポイント制とか色々規定されて
もっと下のカテゴリーで経験を積まないとF1に乗れないようになった

1566586415

1566586416

463名無し 2017/03/25(土)22:10:38 ID: ID:yZd
若手の次はF1を去っていった選手を軽く紹介

クビになってシートが無くなったとかではなく
明確に引退表明をしたドライバーやね

2000年デビューのジェンソン・バトンが引退を表明
デビューした頃は90年代デビューのドライバーが活躍していたけども
いつの間にか全員引退

いつの間にか最古参のドライバーになっていたで

マックス・フェルスタッペンは97年生まれと考えると
時代の流れを感じるンゴ

日本と関わることが多くて
BARホンダ時代
ホンダワークス時代
マクラーレンホンダ時代

既に離婚してるけど奥さんも道端ジェシカ
バトン引退で悲しむ日本のファンは多いと思う
イケメンやから女性ファンも結構多いで

2016年シーズンもマクラーレンホンダが不調で
あまり活躍できずに引退になってしまったのが心残りや

2000年と2016年の写真を貼っておくンゴ

1566586418

1566586421

1566586420

1566586419

464名無し 2017/03/25(土)22:13:36 ID: ID:yZd
ちな同年引退予定だったドライバーの中にフェリペ・マッサもいた
チームから名前入りのマシンプレゼントされたりしていい感じの雰囲気で
引退する流れやったのに、後述の出来事で引退撤回することになるで

ちな引退記念にプレゼントされたマシンは返したとか返していないとか
もう一人引退を表明したドライバーがいるんや
2016年ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグやで

これは関係者もファンも絶叫脱糞レベルのニュースやった
2連覇に向けてここからという時に現役引退や

理由は色々とあるみたいなんやけど
世界中を転戦するF1の場合自宅で家族と過ごせる時間が極端に少ないらしい
今後はそういった時間も大切にしたいっていうのも一つみたいやね

画像は2000年と2016年のロズベルグとハミルトンや
子供の頃からメルセデスの支援を受けていた二人は常にライバル関係やった
F1でもそれは同じで熾烈な争いは先ほど書いた通り

世界最高峰のF1でライバルに勝ってチャンピオン獲れたって事で
一つ成し遂げたって事もあるのかもしれん

「たった1回チャンピオン獲っただけで引退とか逃げやん」
と発言してしまう人もいるんやけど、結構感覚が麻痺してるのかもしれん

時代は移り変わって事情も変わるしF1が不人気という意見もあるのは事実
でもF1はいつだってF1やしその辺の一般人がレースを戦うのはまず不可能な代物

1950年から始まった歴史の中で表彰台すら登れず消えていった人は多い
優勝1回だけだって凄いのにチャンピオン獲るのはもっと凄い事やね
ロズベルグなりの区切りがチャンピオン獲得やったんやろなぁ
この決断にはかなり驚いたけど個人的には指示する

先ほどの話の続きやけどこの件でメルセデスの席が一つ空いたんや
そこでウィリアムズのボッタスがメルセデスへ移籍
結局空いたシートにマッサが戻って続投という流れ
1566586431

1566586432

1566586434

466名無し 2017/03/25(土)22:48:02 ID: ID:yZd
2017年の話を少しだけ

16年までは開発が著しく制限されていたり色々と制約があったけど
17年からは「もっと速いF1にしたろ!」という事でタイヤが太くなったり
開発も前よりは自由になって過去最高に速いF1になると言われているで

既に17年シーズンは始まってるけども
第1戦オーストラリアGPの予選で2011年のコースレコードを更新した
逆に言えばそんな昔の記録がレコードなんかって話やけど、
それくらい制限されていたんや

今年はどんなシーズンになるやろか
1950年からガバガバ解説で紹介してきたけどF1編はここで終わりや
興味があれば2017年シーズン見てみてクレメンス
1566586458

1566586447

1566586451

1566586457

1566586449

1566586450

1566586452

1566586453

1566586454

1566586456

468名無し 2017/05/30(火)19:00:42 ID: ID:diD
第101回インディ500優勝:佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ)

世界三大レースの一つに数えられている伝統的なレースや
周回平均速度は時速350㎞/h以上
このペースで500マイル(800㎞ちょっと)を走るとはたまげたなぁ

予選の最高記録を見ると平均で370㎞/hってのがあるンゴ
瞬間最高速度どのくらい出てるんやろか・・・

アメリカでは大イベントとして開催されていて
2週間に渡ってレースウィークが続くんやで(F1は4日~5日程度)

日本では馴染みがあまりなくて報道も少なめやけど
レースファンからしたら
「生きているうちに日本人がインディ制する日を見る事が出来るなんて」
と号泣する人が出るくらいには凄い事
うまい事説明が出来ないけど世界的にも凄い偉業や

佐藤琢磨おめでとうやで





リンク(黄色が今の記事
「1950~65年」「1966~76年」「1977~82年」
「1983~88年」「1989~94年」「1995~99年」
「2000~04年」「2005年」「2006~10年」「2011年~」






エンジニアが明かすF1の世界
小松 礼雄
東邦出版
2019-04-25


ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]
クリス・ヘムズワース
ポニーキャニオン
2016-09-21