129名無し 2019/03/28(木) 09:38:41.32 ID:0xR4nqj3.net
米相手に早期講和なんて当時の指導層が考えてたのか、
それとものちのライターたちが捏造したのか、どちらにしても、
日本人の世間知らずの甘ちゃんお坊ちゃん発想だと思う。
130名無し 2019/03/28(木) 22:05:57.74 ID:19273XSA.net
>>129 
ハワイ攻略構想が成功しようがしまいが
長期戦想定なんだよなあ 
131名無し 2019/03/29(金) 10:30:46.67 ID:Oz/0N7wH.net
早期講和というよりも真珠湾は南方資源地帯の占領する時間稼ぎだろ。 
当時の資料見るとそう断定せざるを得ない。
132名無し 2019/03/29(金) 17:49:25.74 ID:XcGFf5UQ.net
真珠湾のおかげで大恐慌から戦時雇用拡大へ進み 
工業生産が倍化し、外敵出現により白人と黒人が手を取り合うことになり
活気づいたアメリカと国民から金属を没収した日本
133名無し 2019/03/29(金) 17:55:33.13 ID:7B/fD2xg.net
日本の製鉄量は増産に励んでいたにも関わらず
屑鉄禁輸を食らう前から微減に転じていた
135名無し 2019/03/30(土) 01:15:05.43 ID:DddgwyX2.net
1942年当時の兵力 
ソ連軍560万(中央に3万のT34) 
ドイツ軍260万 
日本陸軍140万 

しかし空軍を見ればソ連空軍は再建の真っ只中だし 
挟み撃ちすればもしかしたら勝てるんじゃないかね? 
少なくともアメリカと比べたらソ連は数段弱いし
136名無し 2019/03/30(土) 12:23:07.26 ID:qqVcSbUE.net
>>135 
分が悪すぎる無理ゲーだろ 
よほどソ連軍を過小評価して、且つ都合の良く戦闘が推移しない限り無理だし、
そんな机上の空論に意味は無いな 

しかも尚悪いことに、対ソ戦しても必要とする資源等が手に入らないんだよなあ
138名無し 2019/03/30(土) 13:07:52.05 ID:mU0+l9VF.net
>>135 
1942年に三万もT-34があるわけねーだろ、
戦車が足りなくてT-60みたいな軽戦車を歩兵支援に無理矢理使ったり、
北カフカス方面では保有戦車が八割方、
イランルートで送り込まれたイギリス製だったりするのに
139名無し 2019/03/30(土) 13:40:03.35 ID:vxnuig2k.net
もしソ連を攻めたなら勝ててたんじゃね厨も定期的に出てくる軍板名物だけど 
最大で年間15000輌もT34を生産するソ連を相手に 
装甲材の技術蓄積もなく歩兵の輸送手段も乏しい日本が 
クソみたく広い雪原を突っ切って、
ウラル山脈沿いの工業地帯まで攻め込もうなんて 
あまりに無謀すぎて牟田口もびっくりだって
別スレで論破されてる人もいたったな
140名無し 2019/03/30(土) 14:09:52.67 ID:eKKbgtx2.net
>>139 
年間15000両を越えたのは1943年からだけどね
142名無し 2019/03/30(土) 17:29:50.06 ID:rkwHOujC.net
>>140 
それぐらいの底力がある、て意味なんじゃない? 
しょせん資源に乏しい島国よ 
大陸国には勝てんって
143名無し 2019/03/30(土) 17:58:16.75 ID:/iFZk8HV.net
西浦進・談『昭和陸軍秘録――軍務局軍事課長の幻の証言』 

西浦はなぜ関特演には反対したか。
対ソ戦をやれば、対ソ戦のための油が消耗するから。 
当時、陸軍は、半年分の油しか確保していなかった。 
ソ連と戦争して半年でカタがつくか? 絶対無理である。 
だからヒトラーに呼応してまずシベリアを叩くなどという選択はなかったのだ。
153名無し 2019/03/31(日) 00:51:42.56 ID:zmU+hWb4.net
>>143 
ノモンハン事件で、こっぴどくヤラれた関東軍、陸軍参謀本部 
それ以降、絶対にソ連軍と戦闘状態になるのを避けていた
158名無し 2019/03/31(日) 11:26:44.71 ID:4JfaO9br.net
>>153 
俺もそれだと思う 
独ソ不可侵条約が破られてドイツがソ連に攻め入ったとき 
一番喜んだのが関東軍だろう。
148名無し 2019/03/30(土) 19:36:06.55 ID:4ZymsIuU.net
アメリカはエセックス級だけじゃないんだよ護衛空母も呆れるほど多いし
最後まで有効な対策出来てなかった潜水艦が日本近海で好き放題やってるし 
連合艦隊が数ヶ月延命したくらいだろうな
154名無し 2019/03/31(日) 01:00:21.37 ID:zmU+hWb4.net
>>148 
同感です。 
オレンジ計画が採択されて以降 
アメリカ国防省は、来たるべき 
対日本戦のために準備を継続的に行っていった。
157名無し 2019/03/31(日) 09:43:54.95 ID:EawO7IJS.net
>>154 
オレンジ計画が出る以前から、 
「アメリカを仮想敵にするから」
とやってた日本海軍は一体何を研究してたのかね… 

どうも「本当はアメリカにはどうやっても勝てないことはわかっていたが、
予算が減らされるのが嫌で仮想敵だって主張し続けた」 
ってのが本当のところらしいが 
漸減作戦も、図上演習ですら一度も成功したことがない、
予算獲得の名目以外には使えないダメ作戦だったそうだし 
で、本当にアメリカに殴りかかるかどうか、という段になると 
「今更、アメリカにはホントは勝てません」
とは軍の面子からいえず…という自縄自縛 

戦術的にどうの、という以前に戦略とかそれ以前のレベルでダメだった
159名無し 2019/03/31(日) 12:01:19.27 ID:C4DT/m0s.net
日本と戦いながらイギリスに40隻もの空母を供給していたアメリカ 
今さら空母の10や20多く沈めても意味なさそうな
165名無し 2019/03/31(日) 23:01:05.17 ID:zPAJbV5o.net
アメリカの空母がどうとかそんなのは大した問題じゃあない 
何隻か或いは全部沈めてもその後の作戦行動には大きな影響はない 

ハワイに米軍の基地がある限り、日本が戦略的に勝てる見込みはゼロ 
アメリカがハワイを占領して基地を置いた時点で「戦争をする」という選択肢は 
なくなったと考えるのが当たり前
162名無し 2019/03/31(日) 20:35:12.00 ID:jh4RKgN9.net
日本側の命令としては空母優先攻撃となっていたのでしたっけ? 
戦艦と空母が並んで停泊している状況だったとして、
限られた魚雷と爆弾をどこまで空母に集中したかをシミュレートすると、
意外と米空母は小中破で終わってしまうとか、そういうことは無いですかね。
163名無し 2019/03/31(日) 21:08:00.61 ID:XYfjHSsJ.net
>>162 
戦艦、空母、重巡の順 
まあ80番徹甲爆弾は戦艦に向けるにしても、
魚雷は一定数空母に向けてもおかしくはないし、 
史実で戦艦等を攻撃した二次攻撃の艦爆隊は空母攻撃に集中するでしょうよ
168名無し 2019/04/01(月) 00:59:36.24 ID:f+NBXsk0.net
>>163 
ご教示どうもありがとうございました。そういう歴史も見てみたかったような。 
史実とちょっとタイミングが変わっていると真珠湾で大破した米空母
(レキシントンやエンタープライズ)が(日本側の感覚からすると)驚異の
(1942年1Qくらいの時期に)早期復活を遂げて
やっぱり史実同様にミッドウェイで南雲機動部隊が壊滅とかになったりして。
169名無し 2019/04/01(月) 01:50:44.01 ID:qkrqeh59.net
>>168 
そうかもしれないし、違うかもしれないなあ 
何発被弾して、いついつ戦線復帰して、あの海戦でああなる、
なんて可能性いっぱいだから読めるわけねえなあ 
物語好きが仮想戦記作るにしろ、脳内で一人妄想大戦争にしろ、
見たかった歴史の欲望にキリはねえんだから
思うがままに好きに想定すればいいんじゃねえの?
171名無し 2019/04/01(月) 11:29:08.44 ID:v9MlHsZH.net
まあハワイにつく前に、南雲部隊が発見される可能性もあったんだけどね。
172名無し 2019/04/02(火) 10:26:17.35 ID:7R9gEmw9.net
中国との戦争が膠着状態だから米英に喧嘩を売るって発想が気狂いだし
173名無し 2019/04/02(火) 10:47:07.30 ID:GJs2BCnP.net
そもそもハルノート自体が日本に譲歩した内容だったが、 
実はアメリカからのクソみたいな無理難題を押し付けられ続けていた外務省は 
1941年11月の御膳会議にて
「アメカスなんざとは話になりません。あいつら舐めてますぜ!ぶっ飛ばしましょう!」つって軍を出動する方向に誘導してしまっていた。 
んで、何の嫌がらせか軍が出撃して3週間後だかの月後半にハルノートが届いて
外務省は顔が真っ青になった。 
外務省は内部で
「もう軍出しちゃったよ…外務省は無能だって怒られるよ…
時間的に止めようとしてももう間に合わない位置まで海軍行っちゃってるよ…」
っててんやわんや。 
彡(^)(^)
「意訳して無茶苦茶に解釈すればええんやで。
ヒロカスも軍のカスどもも博識なワイらと違って英語なんかわからんやろ」 
というどこぞのガイジの一言で改竄、意訳、超訳を駆使して
最後通牒ハルノートの完成。 
かくしてなんの落ち度も無い軍部は勝てない戦争に向かわされて
責任を押し付けられましたとさ。チャンチャン 


って感じらしいから別に気が狂って戦争を仕掛けたわけじゃないゾ
174名無し 2019/04/02(火) 12:56:47.81 ID:YxkyNW/j.net
日本が対米開戦を決定したのは11月5日御前会議 
ハルノートで戦争になったというのは単なるデマ 
日本の最終交渉ラインを乙案としその乙案には陸軍参謀本部により 
アメリカが絶対に承諾不能な条件がわざと入れられた
175名無し 2019/04/02(火) 13:15:39.76 ID:YxkyNW/j.net
もしハルノートが白紙だったら?
アメリカの11月27日回答がいくらか延期されたら? 
と補助線を引いてみるとこれがよくわかる 
「12月1日午前零時までにアメリカが乙案を丸飲みした場合のみ開戦中止」との 
決定に従って日本全軍が動いているのだから
176名無し 2019/04/02(火) 18:02:13.96 ID:/Rf/J5uw.net
最強硬派の東條英機に、あえて和平交渉やらせたら、
それまで和平をぶち壊しにしてきた強硬派も黙るだろう 
↓ 
東條が総理になり「本気で和平しようとしている」という噂がたった途端、
軍人や右翼や宗教右翼が東條を狙いはじめて 
東條は身辺警護を厚くしなくてはならなかった 

東條には強硬派を抑える力などなく、
むしろ自分が煽った強硬論で自縄自縛になる程度の人物だった 
東條にあえて和平をやらせれば…と考えた天皇らは完全にめがね違いだし 
詰んでるわ…
178名無し 2019/04/02(火) 21:44:18.66 ID:adnqk/qn.net
>>176 
確かに昭和天皇は戦争反対派だったわけだしある意味被害者だと思うが、 
戦後の発言の数々が容認できないからなあ… 

日本人は自分で考える脳ミソが無いから
明らかに間違ってても権力者の言う事を盲信するし自分で自分の責任も取らんもんで、 
幹部どもから御輿に担がれただけの私が命令した風にされて迷惑していた。
日本人が二度と道を誤らないように末長くアメリカ様に統治してほしい。 
的な事や 
死者には申し訳ないが原爆のおかげで日本は平和になった。 
等、最高権力者として言ってはいけないことを平気で言ったしな。 
国の為と信じて散っていった兵士達が浮かばれない…
180名無し 2019/04/03(水) 00:05:41.25 ID:/+i/sR3o.net
そもそもハルノートは単なる草案だし翻訳が無茶苦茶だけど
(と、調べてみた結果俺の翻訳ソフトはおっしゃっている) 
汪兆銘政権を見捨てて
(戦争中の)国民党の味方をするか
黙殺するか選べってのだけは日本は聞き入れられないし 

アメリカとしても
自分たちが支援する国民党への攻撃を続けられるのは容認できないし 
どちらにせよ相反した立場だから落とし所は難しかっただろうな
181名無し 2019/04/03(水) 00:38:43.37 ID:SjndYXVJ.net
12月1日0時を交渉のデッドラインとして
日本の陸海軍部隊が既に動き出しているので 
草案だろうが何だろうが交渉の余地というか時間がもう無い 

仮にハルノートの内容がもっと融和的なモノであっても
それは関係なくアメリカが即答で 
乙案にクビを縦に振るかどうかの状況となっていた 

だから日本がハルノートを「突きつけられて」開戦に「追い込まれた」のは
大嘘なのである
182名無し 2019/04/03(水) 07:33:59.00 ID:fl6SESpU.net
Q)どうして米国は、11月になって一転して強気な回答してきたの? 

A)独ソ戦の成り行きでそうなりました。米国が心配していたモスクワ陥落 
 が阻止され、独逸軍の進撃に黄信号がともりました。 
 独逸のこの対ソ作戦では、冬が来る前に片づける計画だったので 
 冬装備もせず全独逸軍の活動が停止しました。 
 これで対日戦を戦える余裕が生まれたので強気な外交政策に 
 転換できたのです。 

 我が国としては、石油禁輸が続く以上、強攻策の採用となりました。
195名無し 2019/04/06(土) 22:27:40.98 ID:9STiiFtq.net
一つの作戦に空母を6隻も使ったのは歴史的に見ても日本だけじゃなかったかな 
(違っていたらゴメン)
196名無し 2019/04/06(土) 22:30:10.21 ID:yxVwv0Va.net
歴史的に見て空母そんだけ保有してる国がどんだけあるって話しだな
199名無し 2019/04/07(日) 05:48:48.11 ID:T6LT9kxR.net
「一つの作戦」や集計範囲の定義次第ですけれども
1作戦1部隊あたりの最大投入空母数はこんなところですかね。 
・日 マリアナ沖海戦時の第一機動艦隊 9隻 
・米 1945年の各作戦時のTF38/58 最大17隻?
 あるいはレイテ戦時のTF77 護衛空母22隻? 
・英 沖縄戦のTF57 最大5隻? 
・仏 ベアルン参加時 1隻
198名無し 2019/04/06(土) 23:37:02.91 ID:aJm3cZDS.net
空母大国だったよ日本は。 
後半は「からぼ」になってしまったが。
202名無し 2019/04/07(日) 10:52:51.10 ID:/duG8WjP.net
>>198 
母艦の能力の問題じゃなく前半でも飛行機がなくて
日本空母の搭載機数が少ないんだよな。
203名無し 2019/04/07(日) 12:20:13.89 ID:dA4nzXUE.net
>>202 
零戦は中島製でなく、生産数の少ない本家の三菱製が母艦に配備されてたらしい。 
中島製は量産のために母艦着艦の強度とか犠牲にしてたんじゃないかなと疑う。 
それだけ艦上機は難しいし、
特種機という認識であまり当初は量産する意識がなかったらしい。
200名無し 2019/04/07(日) 08:25:50.66 ID:+hNKKgde.net
そりゃソ連やイギリスの半分しか航空機生産力の無い日本と、
ソ連やイギリスの倍以上の航空機生産力のあるアメリカ… 
国力がまるで違いすぎる。 
ドイツ対ソ連ならドイツ側が4倍killし続ければ互角に戦えるが
(それでも十分過ぎるくらい厳しい) 
日本対アメリカじゃ日本側が10倍killし続けなきゃ勝てない(はい無理) 
アメリカなんて日独ソで殴りかかってようやく互角くらいじゃないのか。
205名無し 2019/04/07(日) 13:39:34.24 ID:dA4nzXUE.net
しかし攻撃直前まで日本のスパイは真珠湾の状況を報告してたんだよね? 
その無線は米に傍受されなかったの? 
すでに日本の外交の暗号は解読してたって聞いたけど。
(海軍の暗号解読はまだだったらしいが)
206名無し 2019/04/07(日) 14:26:59.67 ID:Iujd16G8.net
>>205 
報告してたのは、海軍の人間だもの
207名無し 2019/04/07(日) 14:37:37.50 ID:dA4nzXUE.net
>>206 
そのとき日本海軍の暗号がまだ米には未解読でも 
通信自体は傍受されてたと思うのだけど違うの?
208名無し 2019/04/07(日) 14:41:58.46 ID:DrV5W0RW.net
>>その無線は米に傍受されなかったの? 

諜報員は民間人を装った海軍軍人。おそらくハワイの日本総領事の海軍武官を 
経由して海軍の暗号(コード表や乱数)を使ったので解読できなかったのだろう。 

ちなみに以下のような内容: 
  ●最も多く艦船が在泊すると推定できる日は何曜日か? 
  ●戦艦が停泊するとき、防雷網を装備するか? 
  ●戦艦が2列で繋留されているのは常時か? 
  ●大型機による夜明けと薄暮の哨戒をやっているか? 
  ●フォード島の飛行機の数 
  ●真珠湾付近に妨害用気球はあるか? 
  ●真珠湾以外に停泊地はあるか? 
  ●地下燃料庫の建設状況 
  ●敵前上陸可能地点はどこか? 
  ●湾口に防潜網があるか? 

『日米情報戦』(光人社NS文庫/実松譲元海軍大佐米駐在武官)
209名無し 2019/04/07(日) 14:46:51.06 ID:dA4nzXUE.net
>>208 
レスサンクスです。 
でも暗号めいたものを出してたら解読はともかく「どうも暗号らしい」って 
米側に疑念持たれるんじゃないかと思ってそこが不思議でしてね。 
ぐぐったり調べたんだけどそこがよくわからなかったもんで。
210名無し 2019/04/07(日) 14:56:53.52 ID:DrV5W0RW.net
>>暗号めいたものを出してたら解読はともかく
「どうも暗号らしい」って米側に疑念持たれる 

無線は誰でも傍受できるので、
暗号で送るのは平時でも当然なので特に疑念はもたれない。 
ちなみに海軍の暗号はおそらく大戦中の陸軍と同じコード表に乱数を足したもの。 
------- 
★★『暗号を盗んだ男たち』(光人社NS文庫/檜山良昭)★★ 

■日清戦争の頃の暗号は、「単文字換字式」というもので、 
 「イ」→「ヨ」、「ロ」→「マ」、「ハ」→「モ」という具合に変換する。
それをモールス信号で送った。 

■日露戦争になると仮名3文字コード式暗号になった。
 例えば「師団」は「キトロ」 
 「攻撃」は「ネウシ」と対応して送る。 

■第一次大戦になると複数の暗号表を使うようになる。
 例えば「条約」という言葉は 
 第一表では「PCKU」、第二表では「KSLB」として、
 統計による解読を防いだ。 

■解読は統計的方法を行う。
 例えば英語で最も使われる文字はE、次はTであり 
 最も使われないのはZ。日本語の場合では「イ」「ン」「ウ」がよく使用される。 
 ここから逆算する。 

■太平洋戦争中、日本陸軍が使ったのは乱数を使うもの。例えば一次暗号表が 
 「援護」→「354」として、その後に乱数表の数字「626」を足して 
 「980」を送る。受け取る側では乱数を引いて暗号表と照らし合わせる。 

■この陸軍暗号は最後まで米軍は解けなかった。 

■陸軍は終戦間際になると米国務省の暗号を解くのに成功した。支那や露西亜のは 
 簡単だったが英米のは難解だった。連合軍の機密は大体支那から漏れた。
211名無し 2019/04/07(日) 15:57:28.09 ID:dA4nzXUE.net
>>210 
丁寧な解説ありがとうございます。 

>暗号で送るのは平時でも当然なので特に疑念はもたれない 

ってことかあ。でもそれだけ暗号の駆け巡りが常態化していたなら 
もう少し日本も暗号解読にがんばってほしかったですね^^; 
アメリカには暗号解読の天才とかいたけど、日本じゃやっぱ軽視 
されたのかな。
215名無し 2019/04/09(火) 20:35:40.68 ID:9i5FktBf.net
WW2の映画をよく見るんですがヨーロッパでは空母は映画に登場しないですね
216名無し 2019/04/09(火) 20:38:26.24 ID:sBpneuLv.net
>>215 
陸戦メインだし
217名無し 2019/04/09(火) 21:15:59.42 ID:HJbxQ5CJ.net
>>215 
ビスマルク号を撃沈せよ!とかあるんで全くしないってわけじゃない 
まあ滅茶苦茶少ないのは確かにそうだけど
219名無し 2019/04/09(火) 21:52:29.74 ID:HJbxQ5CJ.net
そもそも(WW2までに限るなら)米英日以外で空母持っているのはフランスしかない 
空母大国以前に空母保有国自体が仏米英日しかない 

水母なら保有国もそこそこあるんだけね
220名無し 2019/04/09(火) 21:53:02.34 ID:1AWNIWdv.net
ヨーロッパじゃ空母同士の戦いが無くて、
作戦の大半が上陸支援とか輸送船団の護衛だし 
あと停泊中の艦に対する空襲とか、単独または小規模な艦隊に対する散発的な攻撃とかならまだしも、艦隊決戦で空母が活躍したとかも無いし
222名無し 2019/04/09(火) 22:25:35.12 ID:HJbxQ5CJ.net
>>220 
マタパン岬沖海戦 
伊艦隊は普通に立派で小規模な艦隊とはとても言えないし、
戦艦と重巡に魚雷当ててる活躍してるがな
227名無し 2019/04/17(水) 07:34:50.30 ID:tFmMDdz9.net
米海軍が太平洋上の重巡戦力がまだ揃ってないと言う理由で 
開戦引き延ばしを要求してて 
その結果、ハルノートはああ言う融和的()な内容になったんじゃなかったっけ 

仮にハルノートを受諾し譲歩しても、米海軍の準備が整い次第 
アメリカから本物の無理難題が来て詰むよ・・・ 
分岐点は仏印進駐であって、それ以降は何をどうしようと日米開戦は止められない
228名無し 2019/04/17(水) 09:43:16.47 ID:kUx1f6V/.net
アメリカが中国に目をつけた以上、というか、
目をつけるのも当然だし、どうにもならんかったでしょ
229名無し 2019/04/22(月) 03:45:55.89 ID:RHqzm0EJ.net
満州だけならアメリカは文句言ってないよね。 

そもそも日本軍は何を目的に中国に攻め込んだのだ?
232名無し 2019/04/22(月) 13:16:19.87 ID:UZKbQoIc.net
>>229 
陸軍の予算獲得
230名無し 2019/04/22(月) 08:03:12.16 ID:O4nqOBSN.net
盧溝橋事件で検索検索♪
234名無し 2019/04/30(火) 14:26:58.92 ID:6Kozd6nQ.net
有力な選択肢 
1. 日独伊ソ四国同盟にしちゃう(実際ソ連から提案があった) 
2. 中国での戦争は大義名分なしで泥沼化して困ってたんで 
ハルノート受諾して中国から手を引く 台湾・朝鮮・満州は残る 
3. 対英蘭だけ宣戦して石油を確保、米国の出方を見る 
4. 交渉を半年ほど長引かせて独がソ連を早期打倒できるかどうか見きわめる
235名無し 2019/04/30(火) 14:31:16.80 ID:3jIzWyoY.net
上海と満鉄が戦争の目的みたいなもんなのに、
それの手を引いて日本に何が残るのだろうか
236名無し 2019/04/30(火) 15:35:51.22 ID:8/NWFsim.net
別にいいじゃん 
満州なんて 
陸軍が戦争したかっただけ
237名無し 2019/05/01(水) 07:50:38.04 ID:DRf5DIs2.net
>>234 
4がほんと重要 
日米開戦時には既にドイツはソ連の半分しか戦力が無く完全に死に体 
アメリカはそれを正しく理解していたが日本はドイツ強い(^q^) 
としか伝わっていなかった為 
もしかしたらアメリカ相手に有利な交渉ができるんじゃね? 
って思ってしまった馬鹿が出だした
238名無し 2019/05/01(水) 09:55:43.91 ID:yfl57ISB.net
第一次大戦も火事場泥棒が成功したし、
成功体験しかしてないから失敗した時のことが考えられない 
なんとなくうまくいくだろうで全て決定する
240名無し 2019/05/01(水) 14:20:05.96 ID:gomjHtZO.net
>>234 
①は無理 
理由はイデオロギーが対立していて
相容れない+ドイツ側は下劣なスラブ民族との対等同盟を認められないから
241名無し 2019/05/02(木) 19:19:27.08 ID:EBdm9+Mv.net
>>234 
3はよく言われる説ではあるが実際にできるかどうかと言われたらどうなんだろう 
こっちから仕掛けない限りは向こうから仕掛けてくることはないと
いくら言われてもどこまで信用できるものか 
どのみち緊張状態に耐えられずに戦端を開いてしまうことになりそうな気がする
242名無し 2019/05/03(金) 16:02:30.88 ID:gnQI/Gwy.net
英米不可分とか言うが実際ソ連がポーランド侵攻しようが 
イタリアが参戦しようが米は中立のまま。ルーズベルトは 
1940年に「外国の戦争に米国の青年を送らない」と公約して当選した。 
そもそも参戦には議会の承認がいる。政治的リスクはかなり高い。 
日本にとっては同盟国を助けるということで一応の名分は立つ。
243名無し 2019/05/03(金) 16:14:15.20 ID:OzPmOr32.net
フライングタイガースというふざけた部隊 
軍用機を国の許可なく持ち出せるわけないのに
国は関与してませんと知らぬ存ぜぬで通そうとした
244名無し 2019/05/03(金) 18:31:52.13 ID:Pb6yjX6A.net
>>243 
本来はイギリスに送る予定だったトマホークIIを転用したものだがな 
しかしいくら何でも軍事板にはいないと思うが、
フライングタイガースの実戦参加が真珠湾攻撃より後である事も知らず、 
「アメリカは日本より先に攻撃していた」なんて無知を晒すバカが、
海外の反応系サイトの書き込みで後を絶たずウザい
245名無し 2019/05/03(金) 19:28:05.19 ID:r4/CunbJ.net
バトルオブブリテンで英国が決定的勝利を収めた後に三国同盟締結 
モスクワ攻防戦でドイツ軍が敗退した直後に真珠湾攻撃 
日本の外交センスの無さはヤバイ
246名無し 2019/05/03(金) 19:33:47.81 ID:6n4jsW/+.net
>>245 
ヤバいってレベルじゃないな 
滅ぼそうとしてる
249名無し 2019/05/03(金) 21:52:40.46 ID:gnQI/Gwy.net
今みたいに通信が発達してないから交渉とかのタイムラグが大きい 
情勢判断して意思統一して実行した頃には情勢が激変してたりする 
裏目裏目に行っちゃった感じだ
250名無し 2019/05/04(土) 17:45:53.59 ID:MqhNRtLH.net
諜報に力を入れたソビエトすら相手の力を見誤るのに
(ドイツが消耗した結果、戦力倍にもなったのに防衛する等) 
大体正しく理解できているアメリカは今も昔ももう一国だけ別格すぎる 
絶対戦ってはいけない相手だった
251名無し 2019/05/04(土) 18:34:34.31 ID:gux0wxJo.net
これで戦前の時の写真だからね今の東京と大差ない