1: 名無し 2018/11/06(火)22:14:51 ID: ID:Ozv
三世代全員ヤベー奴らなのによく持ったよな
>>1
豪族の御輿ですしおすし
>>2
神輿も糞も実力で江南取ってるんだよなぁ
>>3
周瑜張昭あたりの名士が支持してくれたおかげやん
>>6
そんなこと言ったら三国志の全勢力豪族の神輿状態だゾ
>>10
そうだよ
魏は乗っ取られたし蜀は孔明のもん
>>15
せやな
でも蜀魏は官制が秩序だってたからそんな印象ないわな
豪族とのパワーバランスが常に危ういのが孫権の治世やったよな
よくやったわ
呉って連合政権みたいなイメージやわ 
魏と蜀に比べて中央政権が弱い
日本でい武田家みたい
周瑜が長生きして天下二分が成ってたらと思わないではない
24名無し 2018/11/06(火)22:27:49 ID: ID:blI
周瑜と魯粛以外ロマンを感じない
陸遜とか好きやけどさあ
呂蒙は結局成長しきらなかった説
四都督はキャラ立ってるけど他は別に…って印象
甘寧とか程普とか陸遜とか徐盛とか個々で観るとカッコいい人物多いけど
そもそも呉は中華の統一を目指してたのか疑問や
魏蜀がそれぞれの皇帝を立てたから呉も帝位に就きましたって感じやん
>>21
統一目指さなかったら帝位に就かんやろ
二宮とかいうwww
吾粲が焚きつけなきゃよかったのに
二宮事件ほんま無駄やったわ
五将軍とか五虎将軍とかいないんか
>>28
役割は違うけど四都督がなんかそんなまとめられ方してるやろ
そもそも官渡の戦い以降消化試合という事実
辺境の土人2カ国が魏と同列に語られる物語がおかしいんや
>>38
その2か国を蹴散らせなかった曹操が悪い
>>38
袁紹死後は曹操もそういう認識だったのかもしれんな
全部は赤壁で負けたせい
赤壁もどれほどの負け方だったのか色んな記述あるからなあ
荊州はもとからの領土やけどあんま北のほうに侵略とかせーへんかったよな
蜀も呉も守ったら強いけど中原に出るほどの軍事力はなかったんやな
>>41
あるんちゃうか
長江と山脈を超えるのが難易度Maxなだけで
魏と蜀は勢い失った原因予想つくけど呉ってなんやろ
二宮か?
>>46
有能が早死に
無能が蔓延る
のイメージや
二宮の変で失ったのは陸遜だけやないしな
孫和が許されて帝位に就いていたらまた違ったかも知れん
孫策がもうちょい長生きしてりゃなあ
孫策が長生きしてれば曹操は袁紹と孫策に挟まれてマジで終わってたかも知れんな
>>55
破滅しそう
孫堅といい孫策といいなんで将帥が戦死するんや
黄祖でしょ?普通にやれば大丈夫
なお

なんで総大将が伏兵に遭う所にいるんですかね…
>>63
みずから偵察しに行ったんだぞ
よくよく考えたら曹操も同じシチュあったな
孫権自体が人気あんまりないのもある
エピソードといえば部下に酒飲ませまくってベロベロになるのを笑ってたとか
晩年の酷さを指摘されることくらいしか思いつかんし
二宮の直接の原因ってなんやろ
吾粲とかの上奏?
>>81
孫権が和と覇に待遇の差をつけなかったことやろ
>>81
孫覇かわいがりすぎたからやろ
>>81
孫権がうんちだった、以上!
豪族の連合体の国家で嫡子とそれ以外を区別しなかったら
担ぐバカが出るのは当たり前だよなあ!?
>>88
最初期は二宮拮抗してる感じなくね?
孫和派が孫覇排斥しようとしてから二宮事件が始まった印象
>>92
孫覇派が調子乗り出したのに皇太子派としてもも放置できんくね
孫覇覇ができたのも調子こいたのも孫権のせい
>>98
顧潭吾粲の伝みると楊竺ら孫覇派に先制攻撃仕掛けてるとおもうんやが
>>103
待遇同じにしたらあかん言うのは当たり前だろ
反発する楊竺とかがガイジ
>>107
そらぶら下がる孫覇派が潰されるとおもったら反発するやろ
歩夫人とかいう謙虚さの塊から生まれた
孫魯班とかいうしょーーーーーーもない糞女
後継争いめちゃくちゃにして妹まで謀殺するとか最悪すぎでしょホンマ
>>112
甘えさせ過ぎたんやろなあ
魯班の讒言でもともと不安を抱えてた孫和派閥は
二宮並立で焦りまくって、ブレーキ?沢が死んだらすぐに魯王潰しを初めて
んで孫覇派がそれに反攻した


ってところか
孫和派:諸葛恪、陸遜、吾粲、朱拠、張休
孫覇派:楊竺、歩隲、全琮、孫弘

ぱっと見孫覇派の方がろくでもないのが多いように見える
>>116
孫和派が本気で孫和潰しにかかってたし
孫覇派はガチで抵抗したやろな
>>117
とはいえ孫和派も才能を鼻にかけた諸葛恪とか
荊州から政治を差配してた丞相陸遜とか張昭の息子とか
孫権が嫌いそうな連中が勢揃いなんだよなあ…










三国志(字幕版)
アンディ・ラウ
2018-11-02



三国志 Three Kingdoms Unveiling the Story
九州国立博物館
美術出版社
2019-06-25



三国志 ─まんがで読破─
バラエティ・アートワークス
イースト・プレス
2013-06-28