1: 名無し 2016/12/29(木)22:18:16 ID: ID:c0R
あれさえなければ秀吉完璧だったのにな
暇潰しに外国の地踏みたかったのかね?大陸視たかったのかな?
>>2
明を屈服させたかった
なお半島が精一杯だった模様
>>2
秀吉自身の夢いうより
信長が見た夢を追いかけたんじゃないかと妄想してる
攻め込んでみたら
奴隷扱いされてた陶工以外に
持ち帰る価値が有るものは何もなかったという大失敗
>>3
秀吉ん家の加藤さんが虎の皮持ち帰ったやんけ
>>9
肉も持って帰った
秀吉が食ったけど不味いってすぐ捨てたらしい
日本が初めて外国に戦争仕掛けたんだよな?
>>6
白村江が初じゃね?
そういやそん時も失敗してたな
豊臣政権の瓦解の一因だよな
>>15
まあ石田三成的には朝鮮出兵は(人望的に)結構な損失だったと思うから、
一因と言えば一因かな
余剰戦力のパージとスペインへの示威行為も必要だったからな
>>7
スペイン説好き
歴史ってそういうトンデモが出てくるから面白いよな
義経がモンゴルに渡ったとか光秀=天海とか
>>12
トンデモ説というか
一緒に明を攻めようぜ!って書状がスペインから秀吉に送られてる
朝鮮出兵前にそれをそのまんまの内容の書簡を
スペイン軍ルソン提督に送り返してる
要するに軍事力の一端を見せてやるって事だよ
>>19
西洋騎士団&武士団とか熱い
>>19
スペイン脅すのに全然関係ない半島に攻め込むという謎思考
>>25
貿易など有用な相手だったからだよ
利用価値があるので直接攻撃せず
半島で暴れるから俺らの力をよく見とけって事
知らないようだけど秀吉はルソンのスペイン軍を恫喝しまくってたんだよ

スペインも日本に攻め困れたら一溜まりもなく
東南アジアの権益を失う事は明白なのでかなり気を使ってた
たとえば賃金の発生する奉公のつもりで働きに出た日本人が
その概念のわからないスペイン人に奴隷として扱われるケースが多発した

これに秀吉が猛抗議した結果、
スペイン本国の裁判所で過ちを認め日本人奴隷を解放しろという判決が出てる
当時としては異例の異例
大陸進出を前提に考えれば
半島をまず橋頭堡にするのが自然な発想だろう
>>26
まあ本当に明にまで進出出来てればカッコ良かったんだけどね
秀吉でもそこまでは無理だったか
>>27
秀吉が当初の計画を遂行してればわからなかった
最初に朝鮮人が救世主扱いして食料の提供から道案内までしたから、
こっちは宝の山で食料なんて現地調達でも有り余ってるなんて書状が来た
これを受けて、秀吉は補給はいらないと判断して吸収まで運んだ物資を戻してる
これが最終的に前線への補給が失われることになった
国内の浪人対策説もあるよね
その前に寿命が来たからなあ
部下も家康もなぜか世界征服には興味なし
半島の旨味がよぼど期待はずれだったんだろうか
>>29
明征服が土台無理だと知ったからじゃね
というか別に誰もが世界征服に興味あるわけもないと思うがw
>>31
戦闘見る限りむしろ余裕なんじゃね
でも速攻帰ったあたり、帰りたかったんだろうっていう
>>34
餓死や病死者が多いのを見ると、遠征が下手糞だったのだろう
まあ当時としては誰も経験してない遠征だからしゃーないが
戦場では勝ってるのに戦争には勝てないという正に日本らしい状況
>>36
現地調達できんかったからや
飯も水も燃料も軍勢維持には不足する程度の貧しさこそ半島の特徴
半島を通って明に攻め込もうにも半島には港を作れても船大工を養えないし、
寄港した船に積み込む物資がない
朝鮮は陶工ばかりを問題視するけど
>>52
問題にしとるの?
陶工はむしろ喜んでついてきてるし、
実際奴隷から支配者階級に扱いが変わっとるんやで?
>>55
陶工の技術者盗まれたって向こうが言ってる
陶工としては技術者を大事にする日本のが住みやすいしな
そういえば韓国では職人はあんまり尊敬されないって聞いたな
これって当時からだったのか
謎なのは譜代や従順な連中送り込んで
家康始め腹にイチモツ有りそうな連中を無傷で済ませた事
>>62
信頼できる連中に行かせたってことは
本気で征服するつもりだったってことかね
>>64
まぁ、やる以上は本気で征服するつもりだったとは思う
少なくとも明を服従させ風下に置く気ではあっただろう
あと最早歯向かう者は無く自分の天下は安泰だと油断や驕りもあったのかもね
だから秀次事件も起きたんだろう
兵站うまくいってりゃ歴史がすごく変わったろうに
もったいないやら残念やら
>>65
まああの時期に下手に外に出て欧米勢力と対立するのも怖いし
別に鎖国状態でも日本はそれなりに良かったわけだし
結果論だが失敗して良かったのかもしれない
鎖国は国内の秩序の再構築と維持が主な目的だからな
明も清も海賊対策を名目に地方勢力が独自に貿易をして力をつける事を恐れ海禁政策という鎖国政策をとってた
属国朝鮮もそれにならって鎖国していた
半島とれたあたりで徳川とか邪魔な大名を国替えで半島に
放り込むつもりだったんだろううなとオレはおもってる
>>79
目的は明に責め込む事だった
昔も近代でも朝鮮半島は戦場だってことだな
加藤さーん! そっちは明じゃありません!
1558180964
82名無し 2016/12/30(金)00:06:15 ID: ID:C8g
>>81
もうとにかく切り取りたかったんかな?
>>81
アムール虎を追っかけていたのか
軍勢が逃げた先がソッチだったのか
戦死はしなかったけど餓死が多かったからな
朝鮮は昔から何もなかったんだろう
>>85
それなりには持って行っただろうけど、現地調達が基本な時代だしねぇ。
しかもその当時って、朝鮮半島ではまだコメをそれほど作ってないんだろ?
>>85
秀吉って兵糧とか考慮してそうだけど意外
>>86
日本統治前の明治30年頃に明治政府が国賓扱いで朝鮮に行った時は
橋も井戸もなく苦労したそうだ
明治政府の役人が井戸の堀り方を教えて
ナマケモノで文化の欠片もない状態の朝鮮人の写真を撮った
>>89
政府の役人が井戸掘りを教えるだろうかwwww
これだからアホウヨはwwwww
>>94
記録に残ってるから読めよ
まさか明治政府の役人もネトウヨとか言い出すのかw
http://f48.aaacafe.ne.jp/~adsawada/siryou/060/resi020.html
92名無し 2016/12/30(金)00:23:11 ID: ID:MiN
越冬をするのに食糧が足らなくなっていたってわけだから
まいったまいったって感じだね
九州の兵がいくら強くても
韓半島の冬場は堪えただろうね
明相手に勝てるとは思えないけど
補給路確保してればどこまで頑張れたんだろうか
満州ぐらいまでは取れたのかな?
>>96
その当時の満州なんか寒すぎて誰も住んでないぞ。
それを開拓するなら、北海道、樺太、千島列島の方が100倍マシ。
>>38
食料生産する土壌がなかったの?
>>113
日本は山地が多くて険しい地形だけど
それ以上に朝鮮半島は平野が少なくて険しい地形
>>113
土地がとっても痩せてたそうな
更に両班の激しい搾取で人口も増えにくかったから開拓も進まんかったみたい
朝鮮は1900年ですら1000万人いなかったからな
これ、北朝鮮の景色なんだそうです。
多少、「そういうところ」を写真に撮っている誇張が入っているかもしれんけど。
なんか雑草すら見当たらないのがすごい怖い。
1558181194_1

1558181194
121名無し 2016/12/30(金)01:02:32 ID: ID:Cct
朝鮮半島は当時雑穀文化で未開っちゃ失礼だけど
微妙な土地だったんだよなぁ
昔の東北地方レベルで作物が厳しい土地
武将も恩賞でもらったらどないすっぺーレベル
石田治部少輔が見誤って多くの兵を死なせた
だから関ヶ原で神君家康公が成敗した

コレでいいじゃないか
1558181286
124名無し 2016/12/30(金)01:03:50 ID: ID:Cct
>>123
でも歴史のIfって面白いよね
>>123
西田敏行が石田三成の天敵

1584 西田敏行、西田敏行に小牧長久手の戦いで敗れる。
1598 西田敏行死去。遺児は後に西田敏行に滅ぼされる
1600 西田敏行、真田昌幸に進軍を阻まれ西田敏行の叱責を受ける
1600 西田敏行、上記にも関らす石田三成を関ヶ原に破る
1603 西田敏行、幕府を開き初代将軍になる
1605 西田敏行、西田敏行に将軍職を譲り、後に駿府城に移る。
1614 西田敏行が西田敏行を
  「関ヶ原には遅すぎ、大坂には早すぎる!たわけうつけ間抜けーッ!」
    と怒鳴り付ける。
1716 西田敏行、八代将軍になる
1745 西田敏行、徳川家重に将軍職を譲り、江戸城西の丸に移る。
1868 薩摩藩の西田敏行らと長州藩の西田敏行らが協力して幕府を倒す
1877 西南の役で、長州閥西田敏行総指揮の官軍に西田敏行軍は鎮圧され、城山で自刃。

>>128
西田敏行は何歳なんだ・・・
>>128
漢代には将軍もやってたよね
136名無し 2016/12/30(金)01:12:00 ID: ID:C8g
>>134
それそれ
1800年を越える西田敏行の活躍!
天竺から経典を持ち帰った三蔵法師の従者も西田敏行
143名無し 2016/12/30(金)01:17:19 ID: ID:Cct
>>140
岸辺一徳の弟だろそれ