1: 名無し 2013/09/25(水) 14:58:35.52 ID:db4Gj4jw
米長先生のカッコいい逸話をまとめましょう
2名無し 2013/09/25(水) 15:00:20.02 ID:db4Gj4jw
【女流棋士について】 

将棋の才能に男女差はありません。 
私の弟子の中で一番才能があったのは林葉直子でした。 
「女流棋士」ではなく男性と同じ「棋士」になる、
それもタイトルをいくつも獲るような強豪棋士になるほどの才能でした。 
しかし、そうはならなかった。 

あるときから彼女の将棋に対する姿勢が変わってしまった。 
難しい将棋の勉強をするよりも、女性としての魅力で
「女流らしい仕事」をするほうが楽に儲かる、
そう氣付いてしまったのです。 

彼女は女流棋士として十分活躍しただろう、
と言う人がいますが、それは違います。 
「女流にしては」活躍した、それだけです。 
羽生と比べて、佐藤と比べて、森内と比べて、
あるいは他の男性強豪棋士と比べて、彼女は活躍したでしょうか。 
将棋の研鑽を怠らなければ、彼らに並ぶほどの活躍をしていたのです。 
私は師匠として残念で仕方ない。 

彼女の才能を潰してしまったものは何か。 
女性というだけで下に見て男性との競争をさせない構造上の問題でしょう。 
私はこれを変えたい。 
当然、抵抗はあります。 
女流に競争なんて必要ない、今のままでいいんだ、
今さら将棋の勉強なんてしたくない、と。 

しかし、現在の女流棋士は男性棋士のように
文化の担い手として尊敬されうる存在でしょうか。 
女性としての価値を除いて、一人の将棋指しとして扱われているでしょうか。 
未来の才能ある女性が、プロの名に恥じない意氣で将棋に取り組み、
将棋普及担当としての「女流棋士」ではなく「真の棋士」として活躍し、
男性からも尊敬されるようにする。 
そのために、私は将棋連盟会長としてこの仕事をやりとげなくてはならないのです。 

  日本将棋連盟会長・永世棋聖 米長邦雄
4名無し 2013/09/25(水) 15:01:46.75 ID:db4Gj4jw
【米長哲学】 

相撲、野球、競馬、サッカー・・・。 
近年、様々なプロスポーツで八百長疑惑が囁かれている。 
そんな時代にあって、
「絶対に八百長はない」とすべてのファンが声を揃えて断言する組織がある。 
日本将棋連盟だ。 

実は、将棋界にも
個人の事情で勝ちを譲る八百長紛いの対局が存在した時代があった。 
そんな慣習に涙を流しながらも抵抗した男、
それが若き日の米長邦雄永世棋聖だ。 

例え消化試合であっても、相手にとって重要な対局ならば、
将棋人生のすべてを賭して全力で負かしに行く―。 

後に日本将棋連盟の会長となった彼の信念「米長哲学」は、
今も将棋界の金科玉条である。 

第24期順位戦
プロ棋士最上位であるA級への昇級を争うB級1組に米長は所属していた。 
すでに昇級も降級もなくなった米長の最終局の対戦相手は、現在2位の大野源一。 
58歳の大野にとって、おそらく棋士人生最後のA級昇級のチャンスだ。 
一方、大野と昇級を争っていたのは、中原誠と芹澤博文の2名。 

その芹澤が最終局の前日、米長にこう言った。 
「俺は今年昇格できなくてもまだ来年がある。
 大野先生はラストチャンスだ。上手く負けてやれ」 

しかし対局当日、
米長は通常タイトル戦でしか着用しない羽織袴の姿で現れ、
驚く棋士たちに向かってこう言い放った。 
「自分にとっては消化試合だ。
 しかし、大野先生にとって重要な対局ならば、
 将棋人生のすべてを賭して全力で負かしに行く。それが、プロだ」 

年長者である大野の最後のチャンスを奪おうとする米長の姿勢に、
ベテラン棋士たちからは不満の声が漏れた。 
しかし、米長は涙を拭いながらも全力で指し、そして勝った。 

昇格を逃した大野は二度とA級に戻ることなく引退し、
大野に代わってA級昇級を決めた中原は2年後には名人位を奪取した。 
一方の米長は、この翌年、見事A級に昇級し、のちに名人となった。 

徹底した勝負を是とする米長哲学は
現在すべての棋士に当たり前のように共有されている。 
しかし、この哲学は決して当たり前のものではないのだ。 
「負けてやれ」との言葉に屈せず、涙を拭いながらもベテラン棋士に引導を渡した。 
この日の米長の勇気ある行動が、今日も将棋界の人気を支えている。
6名無し 2013/09/25(水) 15:06:35.72 ID:db4Gj4jw
米長は四人兄弟の末っ子。 
兄の3人は全員が東大卒である。 

そんな兄を評した米長の一言。 
「兄達は頭が悪いから東大へ行った。自分は頭が良いから将棋指しになった」
7名無し 2013/09/25(水) 15:08:25.87 ID:db4Gj4jw
「矢倉は将棋の純文学」 
将棋ファンで知らぬものはいないこの言葉も米長によるものである。
17名無し 2013/09/25(水) 18:34:58.46 ID:db4Gj4jw
投稿者:米長邦雄  投稿日: 3月30日(火)

将棋という伝統文化と教育とをどう結びつけてゆくか。 
官民そしてプロ・アマ、全てがひとつになって、
普及、教育、文化として取り組むようにするためにはどうするべきでしょう。 
これが私の人生のテーマと信じています。
18名無し 2013/09/25(水) 18:38:20.22 ID:db4Gj4jw
公約 投稿者:米長邦雄  投稿日: 6月10日(木)

100人の声に賛同してもらえたとしたら、それは何も仕事をしていない証拠です。 
30人に賞賛され、10人に反対され、50人が良く分らないというのが理想です。
19名無し 2013/09/25(水) 18:53:33.02 ID:db4Gj4jw
会長としてコンピュータ将棋のボンクラーズと対戦したところ惨敗。 
「責任を取って引退する」と申し出たところ、
谷川専務から「引退者の引退は前例がありません」と慰留される。
20名無し 2013/09/25(水) 19:03:23.82 ID:db4Gj4jw
最後の時(2012.11.25) 

秋の落日は早い。
やがて冬になり、春がくるのが待ち遠しいという人は幸せである。
そのまま、凍てつく氷の中で人生を閉じるという人達もいるのだろう。 

最近、自分はいつ、どのような形で
人生を投了することになるのか考えるようになりました。
一日でも長く、大いに笑い、健康な日々を過ごしたいと願ってはいるのですが、
いつかは必ずその日がやってくることも覚悟しておかねばならない。 

その最後の時にむけての過し方、そして、その演出、
私が今考えていることをポツリポツリと話していきたいと思います。 

アッと驚く告別式、墓石の削り料一回1000円、等々、
私が今考えている事、思いついたことをとりとめもなく綴ってみたいと思います。 

死後の記者会見が出来ないものかどうか。
21名無し 2013/09/25(水) 19:04:44.48 ID:db4Gj4jw
最後の時(2)(2012.12.2) 

最後の時。
先週こういう出だしだったもんで、心配してくれた知人、友人が多かったです。
その中でも忠告してくれる人がいて、告別式のあり方、
不謹慎なお墓などは止めた方がいいという、超真面目な人が居りました。
以後氣をつけます。 

人生は必ずいつか終わるもの。
どのような形で投了するのか、あるいは投了させられるのか。
最近はそんなことを考えるのが多いのも又事実です。
痛みもなく苦しみもなく、寿命を全うできれば、
これが一番幸せではないかと思い至るようになりました。 

悟りを開いた高僧になった訳ではありませんが、
「人生すべて感謝である」これが今の心境です。
私はガンを患っていますが、これもことの成りゆきで、
人生はなるようにしかならないのだと達観しております。 

しかし、人生の達人にお会いして、それではまだだめだと教えられました。
この世には無駄なことは何もなく、
ガンになったことすら感謝すべきであると諭され、はっと氣づかされました。 

私自身の人生を振り返ってみると、60才までの勝負師人生、
その後の経営者としての人生に分けられるような氣がします。

60才までのことは大方の人が知っていることでしょうから、
60過ぎからの会長職としての
仕事の成果、内容、等々を書き綴ってゆきたいと思います。 

次いで、俗人の生前指示についても書いておきたい。
相続、告別式の手配等です。 
全てが感謝といっても、
やっぱり俗人ゆえに葬式に来てもらいたくないという人間がいます。
これをインターネットで公表していいものかどうか
(ま、そんなことはしませんけどね)。
この感情も含めて、感謝なのでしょうか。
22名無し 2013/09/25(水) 19:09:26.95 ID:db4Gj4jw
決算(2012.5.26) 

ワーイ。黒字になったぞ。
公益社団法人日本将棋連盟の第一回決算報告は黒字。
正しくは正味財産増になりました。

今回からは会計基準を大きく見直しましたので、
今までのものとは比較が出来ません。
ありとあらゆるものをプラスとマイナスとに分け、その差額を出したのです。
このやり方ですと、全てが一目瞭然です。 
史上初といっては大げさでしょうが、20年くらいの間では初の黒字でしょう。 

5月23日の合同理事会でも、外部理事の人に褒めてもらいました。
大阪の月例報告会では棋士に承認された。これからスタートです。 
棋士が一丸となってスタートを切る。
そのために委員会を30くらい設立して、
誰かが2、3の委員会に入るように勧めています。

私の会長としての最大の仕事はひとつ片付いた。
もうひとつ。義務教育への導入。これに全力を注入してゆきます。
26名無し 2013/09/25(水) 23:33:25.57 ID:d3NvbuML
恫喝と懐柔で天才的な政治的手腕を発揮した
29名無し 2013/09/26(木) 08:36:35.10 ID:zH47LxHK
名人戦の自戦記で、花粉症の名人を攻略するために
まず不感症の女性を攻略した事を明かす 

なお、不感症の女は攻略できたが花粉症の名人は攻略できなかった模様
32名無し 2013/09/26(木) 19:46:11.35 ID:SL+Fs4aq
このスレ読むと米長邦雄が人格者に見えるなw
33名無し 2013/09/26(木) 21:10:19.73 ID:CuxytZJR
・中原誠との十段戦を前に
 「男四十、鳥取砂丘に立つ」と題して週刊誌に全裸写真を掲載。
 棋士の全裸写真掲載は当時史上初。 

・第一期竜王戦で島朗相手に惨敗。
 ストレート負けが決まった金沢ニューグランドホテルでは
 対局場からホテルの大浴場まで
 全裸で「うぁぁあぁぁ」と叫びながら疾走。
 これも史上初。 

・45歳で南芳一から王将を奪取した際には、打ち上げの際に
 「まあ滅多に他人には見せないんですけど」
 と言いつつ弟子の先崎学と歓喜の裸踊りを敢行。
 目撃者からは「裸踊りで勃起させてる人は初めて見ました」との感想も。 

・A級順位戦、谷川浩司に完敗し、名人挑戦が遠のく。
 対局後「悔しい!」と叫びながら将棋会館4階より放尿を試みる。
 心ある棋士たちの体を張った制止により未遂に終わる。
34名無し 2013/09/28(土) 09:08:38.56 ID:cufg74qf
枡田幸三に「彼だけは会長にしてはいけない」と言われていた 

あだ名は「オラウータン」 

「自分にとっては消化試合でも、相手にとって重要な対局であれば、
 相手を全力で負かす」 

自分自身のサイトから情報を発信しており、
「個人的な発言なのか、連盟会長としての発言なのか」
と将棋界を混乱に巻き込む 

「『させてくれ』と女にお願いしているうちは半人前である」
「鍛練して『してください』と頼まれるようにならなければいけない。 
 なおかつ、そのお願いに充分に応えられなくてはならない」 

Q.ストレス解消法は?
A.「口に出すわけにはいかない」 

携帯サイトで「米長邦雄のさわやかイロザンゲ」を連載。
内容はモテる秘訣、自身の過去についての赤裸々な告白だった 

49歳11ヶ月で名人位を獲得(50才名人) 
名人位を取った後妻に電話「帰ったら、オマンコしよう」 

朝早くのさわやかな時間にラジオ番組を担当
「米長邦雄・人生さわやか流」
内容は女性遍歴や不倫経験を赤裸々に告白する。 

タイトル戦の打ち上げで、お酌に来た芸者に、
おもむろに浴衣の裾を開いて米長玉を見せる。 

劣勢になると局面を複雑にする手を指して逆転を狙う棋風から、
「泥沼流」と呼ばれる。本人の見た目から「さわやか流」とも呼ばれた 

将棋雑誌でプレゼントの色紙に書いた言葉
「TOTOが あたたまるころ 尻をふき」 

奨励会員の時に、将棋会館の二階から放尿 

名人戦で三連敗して、本来の自分を取り戻さなければならないと、
将棋を離れ女に向かう。 
今まで感じた事がないという32歳の不感症の女を
4時間半かけてイかせることに成功したことで自信を取り戻し
第4局は会心の将棋が出来た
45名無し 2013/10/03(木) 11:28:50.14 ID:3T9PN6+C
新宿のぼったくりバーにそれと知りつつ飲みに行き
文句ひとつ言わず言われるままに支払い翌日も素知らぬ顔して行った。
相手はぎょっとするも大サービスを受けたらしい!
46名無し 2013/10/03(木) 18:24:04.13 ID:NZoEvsZb
>>45 
マジ??
47名無し 2013/10/03(木) 22:26:14.13 ID:/dZUwasS
>>46 
俺もどこかで読んだことのある話だ
56名無し 2014/01/20(月) 20:39:31.57 ID:1nqpPtHI
ポストの企画で駒落ち全国行脚してアマと指してくれたのが 
すばらしかったよな
70名無し 2014/03/17(月) 10:15:01.61 ID:DoqWKcXC
死の床につく米長を見舞いに行った伊藤能の境遇を聞き、逆に分厚い金一封を渡した
78名無し 2014/04/16(水) 18:17:37.08 ID:Nqi4u8Yq
モテにソフトとの対局もちかけて正座で説教されたこと。
80名無し 2014/04/17(木) 14:29:45.20 ID:G7V5MDDy
>>78 
米長がモテに説教されたの?w
84名無し 2014/04/17(木) 22:20:03.51 ID:RRCYj8vY
>>80 
そう。
92名無し 2014/04/22(火) 13:51:21.59 ID:YcTBzCZK
米長が大山から王将を奪取したときはスポニチの1面に出た 
王将戦が重要棋戦だったこととあわせて、今では想像もつかないな 
プロ野球シーズンが始まる前だったとはいえ
100名無し 2014/04/24(木) 17:47:22.95 ID:NlTQnaZz
米長はロックにも興味があったのかも知れない 
80年ごろだったかの観戦記で、かたわらの記者に向かって 
「俺とデヴィッド・ボウイとどっちがカッコいいかな?」 
なんて質問をしていた。当時の米長人気も総統なものがあった。 
単に当時のヒーローをひきあいに出しただけだろうけど。
101名無し 2014/04/26(土) 00:17:39.57 ID:hDlYmzBG
女流棋戦の一口スポンサーになったファンが、
連盟控え室で誰にも相手にされず所在無さげだったのを 
※が話しかけて...という話には素直に感動したわ 

110名無し 2014/04/30(水) 20:01:55.22 ID:WZr4Qf5J
結局兄弟が東大とかホラだったの?
117名無し 2014/05/12(月) 10:57:22.90 ID:vZb9Jyr4
>>110 
本当だよ。 

但しその話は米長が言ったんじゃない。
冗談で他の棋士が言い出したのを気に入った米長が 
代名詞代わりに使ってただけ 
灯台に行った兄さんは、後にその話を聞かされてこう返している 

「バカでもなければ、あんな奴の兄は務まらない」














将棋の天才たち
米長邦雄
講談社
2013-06-14