群雄割拠

歴史 スポーツ 将棋 音楽 漫画 旅行記

色々な記事がありますため、子カテゴリーをご利用ください。
ブログの引っ越しを行いました。
歴史記事はhttps://love-knowledge.com
その他記事はhttps://trombonechannel.net
にて今後更新していきます。

1: 名無し 20/03/04(水)00:59:23 ID:ESb
厨二センス()のワイが近畿の駅名で打線を組んでいくで
名前から感じるフィーリングだけで判断してるから駅周囲の雰囲気とかは判断材料に入ってないのでそこは許してや

【近畿二府四県のかっこいい駅名を府県ごとに打線組んでみた】の続きを読む

1: 名無し 2020/04/30(木) 01:33:25.90
松井 ヤンキース歴代左翼ランクで堂々4位

ゴジラがヤンキースの歴代左翼手ランキングで4位! ヤンキース公式サイトは番記者のブライアン・ホック氏が各ポジションの歴代順位を決める企画を行っている。
捕手↓一塁手↓二塁手↓三塁手↓遊撃手ときて、左翼手を発表。松井秀喜氏(45)を4位に選出した。

ホック記者は松井氏について「ゴジラはヤンキースでの7年間にインパクトを残した。2006年に左手首を故障するまで518試合に連続出場。
オールスター戦に2度選ばれ、09年ワールドシリーズ(WS)の世界一を決めた試合で6打点を稼ぎMVPを獲得した」と紹介。

09年の指揮官だったジョー・ジラルディ(現フィリーズ監督)の「彼はタフでハードワーカー。彼こそが理想の選手だ」との称賛コメントを寸評に加えた。

1位はキングコングと呼ばれたチャーリー・ケラー(1939~49、52年)、2位はベーブ・ルースとルー・ゲーリッグに続く5番を打ったボブ・ミューゼル(1920~29年)、3位は巨人でも活躍したロイ・ホワイト(65~79年)、5位は現役のブレッド・ガードナー(08年~)だった。

また、同サイトとホック記者のツイッターではファン投票を実施しているが、なぜか松井氏だけ選択リストに入っていない。ファンからは「なぜ松井の選択肢がないのか」「松井を選びたいのに」「僕の頭の中では松井かな」「松井は最も正当に評価されていない選手だ」など多数の抗議コメントがリツイートされている。

ニュースサイト

【【野球】松井秀喜 ヤンキース歴代左翼ランキングで堂々4位】の続きを読む

1: 名無し 2019/12/12(木) 19:58:55.80 ID:uh6KGgX/M1212
からし蓮根
ミルクボーイ
ぺこぱ
オズワルド
すゑひろがりず
ニューヨーク
インディアンス
見取り図
かまいたち
(和牛orミキ)←敗者復活


ミルクボーイが優勝したM1の予想です

【【M1優勝予想】歴代最低のM-1王者誕生まであと2週間www】の続きを読む

248: 名無し 2021/03/20(土) 09:22:58.81
しかし酒がなくとも、長距離ドライブでは運転できる人が二名ほしいよね
普通に体調悪くするかもしれんし眠気がある時交代できるし
今回はサークル活動だから仕方ないけど・・
いっそ妹さん連れてくれば良かったのに

【【ゆるキャン△】大阪から身延まで旅行したいんだが日帰りでもいける?】の続きを読む

233: 名無し 2021/03/20(土) 08:08:09.75
やっと録画見終わった…今回も面白すぎた
温泉あがりで無意識の内にビール飲んでしまうグビ姉に爆笑した
そりゃーあんな飲兵衛が禁酒してたらそうなるわ
あと斉藤さんとなでしこの会話が凄く良かったね
no title

【【ゆるキャン△】温泉あがり無意識の内にビール飲んでしまうグビ姉に爆笑した】の続きを読む

1: 名無し 2021/01/18(月) 22:12:18.34 ID:wKXJ8Wvdr
冨安→ミランからオファー
吉田→セリエAレギュラー
板倉→エールでベストイレブン
植田→リーグアン移籍
酒井→マルセイユレギュラー
室屋→ハノーファーレギュラー
安西→ポルトガルリーグレギュラー
菅原→AZレギュラー
中山→エールレギュラー
ウェルメスケルケン際→エールレギュラー

【【朗報】日本サッカー、急にDFが歴代最強になる!!】の続きを読む

1: 名無し 2021/03/05(金) 20:23:18.57
朝日新聞将棋取材班 @asahi_shogi

船江恒平六段が公認会計士試験に合格しました。
今日の朝日新聞大阪本社版の夕刊に掲載されています。
「将棋以外のことを勉強してみたかった」そうで、2018年秋ごろに受験を考え始めたとのことです。勉強と並行しながら公式戦に臨んでいましたが、今年度は22勝11敗と好調を維持しています。
AS20210305001589_comm

【【将棋】船江恒平六段、公認会計士試験に合格】の続きを読む

    このページのトップヘ