群雄割拠

歴史・スポーツ・将棋・旅行・音楽の記事を中心にまとめています

    「一番最新の記事」に将棋・音楽・旅行・グルメ・サッカー・クイズ等へのリンクがあります。そちらから飛ぶのが早いです。他の記事は子カテゴリーからご覧ください。

    ☆将棋めし☆
    【「将棋・旅行記・音楽・F1・グルメ・クイズ」カテゴリー全記事】の続きを読む

    419: 名無し 2018/06/05(火) 23:23:52.33
    趙軍45万の指揮を初陣でやるってのは仮に天才でも無理だったんじゃね 
    これで国軍の大半を失ったわけだし 
    燕や魏とかの国境の守備隊も必要だし 
    もうまともに秦と戦えないよな

    【なぜ趙括さんは英雄になれなかったのか? 後編】の続きを読む

    1: 名無し 2019/07/07(日) 08:05:50.12
    光武帝「ちょっと遅れたんや、開けてくれや」

    門番「アカンもんはアカンのや」

    光武帝「ワイ皇帝やぞ!?」

    門番「皇帝でもアカンもんはアカンのや!!明日の朝まで待てや!!」

    光武帝「………………」

    光武帝「なんちゅう優秀な門番や!ワイは嬉しいで!」野宿

    【光武帝「狩りしてたら遅くなったわ、帰ろ」門番「今日はもう入られへんぞ」閉門】の続きを読む

    1: 名無し 2005/07/31(日) 14:25:08
    【霍去病】(紀元前140年 - 紀元前117年)
    前漢の武帝時代の武将である。父は、霍仲孺。異母弟は、大司馬大将軍になり、武帝後の政治を取り仕切った霍光。

    衛青の姉、衛小児の子である。同じく衛青の姉であり、霍去病の叔母にあたる衛子夫が武帝に寵愛されて戻太子を生んだことで皇后に立てられたため、親族にあたる霍去病も武帝に寵愛された

    騎射にすぐれており、18歳で衛青に従って匈奴征伐に赴いている。その後も何度も匈奴征伐に功績を挙げ、紀元前121年に驃騎将軍に、更に紀元前119年には匈奴の本拠地を撃破し、衛青と並んで大司馬とされた。
    大功と武帝の寵愛により権勢並ぶ物が無くなった霍去病だが、紀元前117年、わずか24歳で病死


    【衛青】
    少年時代に奴隷であった経験から人にへりくだり、常に下級兵士の事を考えていたと言われる。
    その一方で霍去病は物心付いた時には既に一族は外戚であり、叔父が匈奴討伐に大功を上げていた。その事から叔父とは対照的に傲慢であり、兵士が飢えている時に自分達は豪華なテントの下で宴会を開くような事をしていた。
    しかし宮廷でも兵士の間でも霍去病のほうが人気が上であった。衛青はへりくだりが度を過ぎて媚を売るような所があったらしく、また霍去病の傲慢も頼もしい勇壮と見られていたようだ。武帝も自身の性格から積極果敢な霍去病をより好んでいた。 

    【【中国史】衛青と霍去病【武帝】】の続きを読む

    このページのトップヘ